このチャレンジを続けていこう J2 第7節 岡山 vs 富山

FC東京戦からはじまった2週間で5試合というかなり過酷な5連戦。
間にはさまれたホーム3連戦の最終戦。
イリアン、澤口、小林、久木田、妹尾と、有給と連戦を考慮したメンバー構成で臨んだこの試合。
フィールドプレイヤー10人のうち5人が代わるということで、ベストメンバーで出来ていたことがサブメンバーとの混成チームでどれだけだせるのか?
そして、仙石が戦列復帰ということで千明-仙石のボランチコンビ、ホームデビューを飾った篠原、前節空回りに終わった田所の巻き返し。このあたりに注目して録画放送にて観戦。
試合自体は(特に富山さんのほうに)ミスが多く、面白い内容だったとはいえないのかなと思いますが、このあたりはお互い連戦ということでしょうかね。
今節は簡単に振り返ってみます。

<スタメン>
GK 真子
DF 一柳、後藤、植田
MF 仙石、千明、田所、篠原、金、石原
FW 岸田


<結果>
岡山 1-1 富山

まずトップ2試合目、ホームデビューとなった右WB篠原についてですが、正直驚きました。
元々DFの選手ということもあり、そういう守備における危機意識の部分は問題ないだろうとおもってましたが、この選手はパスが実にいい!前半開始早々、ミンキュンや千明につけたななめのパス数本とかほんとうにDF出身なんだろうか?と思わせるほどスムーズで、とても好感を持ちましたね。
非常に冷静なプレーを見せていて周りがしっかり見えていました、たいしたもんだ。
まぁ、澤口の攻守におけるクオリティを考えると、スタメンを奪ってというところまでは難しいでしょうが、バックアッパーとしては満足できるレベルだったと思いますね。守備・パスは良かった、後は攻撃のところでクロスであったり、ゴール前に入っていくプレーだったり、その辺りの質・量を上げていけば面白い存在になりそうだなと思いました。

次に、田所。
今節はきっちり修正してきて、攻守に冷静なプレーを見せてくれました。プロだね。
彼は守備の意識は問題ないんですよね。ユースケと比べるとずっと安心して見ていられるので。
で、問題は攻めにおける貢献度なわけですが、今節ではその辺りちょっと掴んできたかな?と思わせてくれるプレーを幾度か披露してくれました。
特に、前半石原-岸田-田所と繋いで、角度のないところから放ったシュート。
とにかくなんとか中へ!という気持ちのこもった折り返しでしたが・・・誰も詰めていない。
このあたりが「ファジの最終課題」なのかなぁと思うんですが、5連戦終わったらまた記事にしようと思います。


そして、仙石-千明のダブルボランチ。
これにミンキュンを加えた3人のトライアングル。これが本当にいい。
ボールの収まりどころが3つあるので周りの選手が安心して寄っていけるし上がれてますよね。
この「信頼・時間」ということ、これについても横浜戦の後書きたいと思います。

そしてこの試合で大事だなぁと感じた点は、これほどにサブメンバーを投入してもファジの繋ぐサッカーがしっかり表現されていたということなんじゃないでしょうかね。スタメン・サブ、チーム全体でコンセプトが共有されている印象を強く受けましたし、この点が一番安心しました。


試合のほうは、富山FKからの見事なトリックプレイから失点するも、すぐさま岸田のクロスに石原が合わせ。待望のJ初ゴールで同点。そのまま試合終了で、結局ホーム3連戦は1勝2分で勝点5を積みあげる結果となりました。


正直愛媛戦、富山戦勝点4取り損ねた感は確かにあります。
しかしながら、自分は今はぶっちゃけ結果はどうでもいいなぁとも思うんですよね。
もちろん勝ってくれるにこしたことはありませんよ。中位もまだまだ見えるわけだし。
というのも、津山鳥栖戦でこのスタイルに挑戦し始め、うまくいくところたりないところそれを残り試合で浮き彫りにして、そこをクリアできればかなり戦えるチームになってくれるんじゃないか?そういう予感がかなりしてきているからです。そこをクリアできればようやく影山ファジアーノが完成する。
残り試合期待しましょう。今出せていることは来季に直結しますし。
来季、今季の栃木がそうであったようにリーグ戦のアタマからきっちり出来上がったチームとしてのぞむのか?課題を残したチームとして望むのか、それは残り試合にかかっています。
影山監督の手腕に期待しながら見守ることにしましょうや。



↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村






このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 6

MrA  2011, 10. 28 [Fri] 09:06

真剣さ

 田所の部分はホント同じ感想。で、問題なのは前回「サッカー見てない」と批判した奴。何もコメントしてないよね。これじゃダメなんだよね。  批判した以上どのような観点でサッカーを見てほしいか対話を続けることが必要なのに!  俺の結論から言えば批判した奴が「サッカー見てない」と言えるわな。
「0からはじめるファジアーノ」は大事だと思うよ。信念の無い批判には絶対負けてはだめだよ。貴方のサッカーを見る眼は正しいと俺は思ってる。

Edit | Reply | 

ちるちる  2011, 10. 28 [Fri] 15:34

No title

こんにちは。
以前、一度お邪魔しました、ユウスケファンのちるちるです。
田所、昨日は、ほんと前節の反省を生かしてたと思います。
立ち上がりは、少し弱気なプレーが見え隠れしていて
またダメかな…と心配しましたが、だんだん前向きに仕掛けていって。
あのギリギリ粘ってのコロコロクロスには、田所の意地を感じました。
ユウスケと切磋琢磨して、お互いの弱い部分をレベルアップしてほしいですね。
そして、最近のファジは確かに
勇気を持ってしっかり繋ぐ攻撃ができてるいるので、おもしろいです。
たとえミスしても、うまくいかなくても、次につながる気がします。
そういう意味では、納得の1勝2分でした。
5連戦の総括?楽しみにしてます。

Edit | Reply | 

あるびの  2011, 10. 28 [Fri] 22:36

No title

>MrAさん

すみません・・ありがとうございます!
もうおっしゃるとおりなんですが、そのあたりの話はまたシーズン終了時に一つ記事にまとめてみたいと思います。
「日本のサッカーは確かに成長した」。
じゃあサポはどうよ?
サポは成長した?
サポが成長せずしてサッカーの未来なんてないよ?そう思っています。
このような暖かいコメントをいただいて背中を押された感じあります。今後もがんばりますので、よろしくおねがいします。

Edit | Reply | 

あるびの  2011, 10. 28 [Fri] 22:48

No title

>ちるちるさん

お久しぶりです。
「立ち上がりは、少し弱気なプレーが見え隠れしていて」
同意です。

彼は元々SBじゃなくボランチをやっていた選手ですよね。ですんで、ここぞ!と機を掴んでサイドを駆け上がるといったSB的な要素を元々さほど持ってないとおもうんですね。
ですが、この試合そのSB的な攻撃参加の部分を発揮してくれて、非常にがんばっていたなぁと思いました。

ユースケのクロスってところは、たぶん全J2チームからマークされてるんだろうなぁと思っています。実際精度はたいしたものなので。
チーム全体としても押し込める「圧力」が備わりつつあるし、見ていてずっと楽しいですよね。
ほんとうにもう少しの辛抱。J2界隈を驚かせるサッカーをファジがやる。
そんな展開もなくはないと信じています。

Edit | Reply | 

tko  2011, 10. 29 [Sat] 00:43

No title

サポーターの成長。難しい問題ですよね。
J1でも時々サポーターの問題が発生したりしますよね。
海外でもあることですし、ある程度は仕方ないことなのかなと。いろんな人いますから。

私がサポとして大事にしたいのは、
 ・ホームチームには「ホーム感」
 ・アウェイチームには「アウェイ感」
をしっかり感じてもらうことです。

なぜそう思うかというと「国際試合では必ずそうだから」です。
TVで日本代表のアウェイ試合を観ると、じゃんじゃんブーイングが浴びせられてるようです。
そこで呑まれてはいけない。そういう状況下でも自分達のサッカーができる、そういう精神力が必要かなと。
簡単に身に付くものではありませんから、普段のJリーグの試合から、ホーム感/アウェイ感を選手に感じてもらう必要があるんじゃないかと、そう思うわけです。

選手、クラブ、サポが一体となって、日本のサッカーを発展させていきたいところですね。

Edit | Reply | 

あるびの  2011, 10. 29 [Sat] 20:55

No title

>tkoさん

この話題についてはまたいつのの日か記事にしようとおもいます。
いまだに日本の球技全般を考えた上で、king of sportsって野球だと思うんですね。
日本の近現代の歩みに密接に関わってきた歴史あるスポーツでありますし、いかにサッカーファンであったとしても、野球ファンの作ってきた文化みたいなところはリスペクトして、どんどんサッカーに取り込んでいったがいいんじゃないかと考えています。
どのみち、日本がより世界に近づき追い越していくには文化としてのサッカーがどれだけ根付き浸透するかは欠かせない要素だと思います。
海外の多くの国では、king of sportsはサッカーなわけですしね。

Edit | Reply |