図解で見る! ○○化が進む(かも)!?ファジの守備のこれから

悔しい敗戦から一夜明け、試合を録画でもう一度見直してみました。
すると、ちょっと図解!で扱ってみたいなというお話がありましたのでうp。
ほんとはもっと前にやりたかったんですが、どうもチャンスがなくてこのタイミングになりました。

試合中も思いましたが、岐阜戦でみせた守備の違和感は今シーズンファジが抱えてきた問題が、いまだに未解決であることを指し示すいい材料だと思いました。なんで、そのへんを分析してみるテスト。


まずはこちらをば。
ロングボール5バック
この試合ロングボールの放り込みにファジは大変苦しみましたよね。その様子を図にしてみました。
曲線はボールの動きを示していますが、敵のSBから敵のFWへロングボールが入りました。
(ほんとはDFラインとGKの間くらいに落下するんですが作図ミスっry)
次に、白枠のところを見てください。
ファジのDFラインは田所-沢口が吸収され3バック→5バック状態になっていますね。
そして黄丸で囲った部分ですが、これは以前述べたように「人を掴む守備」で田所・澤口がちゃんと掴んでいるからこそ起こっている状態なわけです。ここを「掴まない」とサイドは高確率で破られますんで澤口・田所はGJです。
フォーメション的には3-4-2-1から5-2-3と変化しているのがお分かりかと思います。
基本受ける守備になった場合ファジはこのような陣形で守るのが普通になってますが、もう見慣れましたよね。



ところで、この試合でもそうでしたが、このような状態から2ndボールがほとんで拾えませんでしたよね?
はねかえしてもはねかえしても拾われて、観てる方としては落ち着かないハラハラする時間が結構長かった。
なんでそうなるんだろう?どうして2ndボール拾えないんだろう?
その答えはシステム自体にあるのではないかと思うんです。前書きが長くなりましたが、本日のお題はココ。




仮にファジの1トップ2シャドーが2ndボールに絡めないという場合を設定し図にして見ました。
(図中では3名は意図的に消してあります)
ボランチしんどい
黒曲線はDFにはねかえされたボールの軌道を示しています。
さて2ndボール奪取に絡むことの出来るのは位置的に千明・仙石のダブルボランチですよね。
彼らのゾーンを白丸で囲ってみましたが、問題点が一目瞭然。
こちらが2名しか関与できないのに対し、相手の数の多さよ!
ちょっと多めに敵を入れてみましたが、多く見積もって5名もボールに絡めるではないか・・・
しかも相手はファジゴール方面を当然見てますから、
ボールの軌道もバッチリ見える上、落下地点の予想も容易です。
それに対し、
こちらのボランチは後ろから飛んでくるボールを落下地点予想しつつ追いかける必要があるという窮屈さ。
岐阜はバックラインとキーパーの間に落ちるボールを意識的に蹴りこんできていましたが、正直これは困る;;
なぜならハイボールに対応するためにDFラインが下がりながらヘディングする必要があるからです。これでは距離があるヘッドは出来ずらい。自然白丸ゾーンにボールが落下する機会がふえるってわけです。
単純に背の高いFWにあわせてくるならファジは問題なく対応できると思うんですよね、こちらも高いから。
植田のギネス級ヘッドが話題になってますが、「高く・遠く飛ばす」というのはシンプルでいて案外重要なことなのかもしれません。黄曲線のように遠くに飛ばせば、前線3枚もボールに絡むチャンスが出てくるし、守備陣も一息つけるわけですから。
この図の通りに運ぶとすれば「5-3-2のままでは、2ndボールは相当とりづらい」こう言ってもよさそうです。


じゃあどうすりゃいいのよ・・・となりますよね。
録画で試合見て知ったんですが、このような状態が続く中ピッチサイドリポーターをしていたカオリンことRSKの守口香織アナが影山監督のこういう指示を伝えてくれました。これが大変興味深い。
そいつはコレです。
「シャドーが(2ndボールを)拾いにいってやれよ!」
つまり1トップは残して、シャドーが降りてきて拾いに行きなさいよ!そういう指示ですね。



それを図にしてみました。
5-4-1へ
ポジションかぶったら全く意味がありませんから、
シャドーが降りるとなると両ボランチの脇、白丸の部分に当然なってきます。すると、結局どうなるか。



そして広島へ
シャドーがボランチと横並びで4枚、バックラインは5枚。5-4-1のキレイな2ラインのブロック守備が出来ました。
懸案であった2ndボールの奪取について、シャドー2枚・ボランチ2枚計4枚で絡めるので、さっきの図からすれば単純に倍の人数がかけられます。確実に取れるわけではありませんが、可能性としては相当ましになることは間違いないでしょうね。
その上、現代サッカーの基本的な守備として守備ブロックを形成しスペースを消すというのがポピュラーなわけですが、その点でみても、5-4-1ならばサイド・中ともに人が足りているので安定感もかなり高いといっていい。
少なくとも2nd奪取に相手が成功したとしても、すぐさま使えるスペースは皆無です。じっくり構えてマイボにするまで落ち着いて守ればおk。


さて、長々と書いてきましたが結局何が言いたいのかというと、
「5-2-3では2ndボールは拾いにくい場合があり、5-4-1にして安定させるべきなんではないか?」
このことです。
自分はファジが次に目指すべき守備のあり方はコレなんじゃないかな?と思っています。
ボランチ2枚に任せっぱなしでは、こう攻められたら同じことの繰り返しになってしまう。ある意味3バックがたどる一つの宿命なのかも?とすら思っちゃいます。


最後にコレを見てください。とあるチームの守備時の様子です。
5-4-1広島


4-4-2広島
図を作っていて「あー!ファジとGKのユニの色いっしょだー!」とかはしゃいでいたことはナイショです。
もう色でバレバレだと思いますが、そうこれはサンフレッチェ広島の守備時の様子。
上が5-4-1、下が4-4-2。
ご存じない方もおられると思いますが、広島もファジと同じ3-4-2-1、つまり3バックのチームです。
広島は守備において、状況に応じてどちらか取りやすい形へかなりの速さでシフトしていきます。まさに組織的というべき連動で、チンタラしているとあっちゅうまにキレイな2ラインを形成してしまう。さすがJ1です。

まあまだ広島の試合はたった2試合しか見れてないので、門外漢である自分がああだこうだいうのもどうかと思いますが、少なくとも広島の守備においては、「自陣に2ラインを作り上げること」この約束事は徹底されているように感じました。
それはなぜか?
それはやはり、5-2-3では攻守ともに機能させるのが難しいからではないからではないかと。
岐阜戦のように押し込められ、2ndボールが拾えない事態になると、上記のように守備はかなり不安定です。
あのように低い位置に人がいて、その上中盤・前線が間延びしてしまうと満足にビルドもできなくなってしまう。もちろんカウンターなど望むべくもありません。
そうなるとまさに相手の思うつぼ、なればやはり5-2-3は変化させざるを得ない。
やっぱりポジションをいじって枚数のバランスを取るしかないのではないかなぁ?と思うんですよね。

そのあたり影山監督がどうするのか?
ここまで苦しめられるということはやはり無視できないですし、いずれ広島型の守備方式にシフトしていくんじゃないか?いやむしろして欲しい。そのようなことを感じた岐阜戦でした。
攻守ともにだいぶ成長は見られた、しかしまだまだ課題は多いのだなと再確認できた試合でもありましたね。
しかしまぁ、いまはまだ土台ができたよねって段階に過ぎないと思います。
チームの戦術がさらに進化・深化していくのはまだまだこっからでしょう。
そのあたり、監督の手腕に期待しつつ見守りたいなと思います。
長文読んでいただきありがとうございました。


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 4

pittan72  2011, 11. 09 [Wed] 01:06

No title

なるほどー。

別テーマになってしまいますが、私はむしろ3-2-5状態のほうがずっと気になっていました。
「遅さ」とか、ボールが入らなかった時の次の動きとか。

正直私が述べるよりは面白い話が聞けそうなので、リクエストさせてください。
(すでに語られていたらゴメンナサイ)

5-2-3にしろ3-2-5にしろ、いずれにせよ、両ウイングや両シャドーに今以上の労力を求めることになりそうですけど。

Edit | Reply | 

新田原アグレッサー  2011, 11. 09 [Wed] 08:13

ありがたい

試合内容を見る事が出来ない海外在住者としては、図まで使った解説はファジがどんな試合をしていたのかを知る事が出来て本当に為になります。
こういったDFの連動には恐らくGKからのコーチングも重要に成ってくるのでしょうね。

このクオリティを維持されるのは大変だとは思いますが、これからも色んな視点からの雉、いや記事を楽しみに致しております。

Edit | Reply | 

あるびの  2011, 11. 09 [Wed] 23:58

No title

>pittan72さん

どうもこんばんは、ブログ再開楽しみにしてたので喜んでいます。
オフェンスの話ということなんですが、自分もいまだコレか!という手ごたえを感じてきれてないのが正直なところです。
セットした状態での攻めについては、チアゴがいないとほとんど策らしいものを感じられないところからスタートし、ゲームメイクをするぞ!という姿勢に変わり繋ぎを意識してきた。
監督の話によれば、空いたスペースを使って連動して攻めるとはいうものの、フィニッシュのところでの迫力がとても足りない、いまのところそんな印象です。
もうちょいカタチが見えてきたらまた記事にしようとおもいます!

Edit | Reply | 

あるびの  2011, 11. 10 [Thu] 00:06

No title

>新田原アグレッサーさん

おお海外にお住まいなんですね!
岡山に住んでいる身ながらファジ関連の情報の少なさ、露出の少なさについては憂慮しておりますよ・・海外ならばなおさらでしょう・・。
自分はかなりなめんどくさがりなので、「あ、メンドクセ・・」という気持ちより「ああ、これ書きたい!」という気持ちが下回らない程度の文章に対する真剣さで書いてますので、この感じなら続けていけるかなという手ごたえを感じてます。
(文章の推敲とか、かなり適当で読者思いでは全くないな・・・と自戒しております)
お気遣いありがとうございますm(_ _)m またおこしくださいませ

Edit | Reply |