のこり4試合、中位を占う

さあ、明日はアウェイ富山戦。
このところようやく秋冬らしい寒さも感じられるようになってきましたが、同時に今シーズンももう終わりかぁ・・
と、なにやらさみしい気持ちもしてきます。


富山(A)、京都(H)、熊本(A)、徳島(H)と続きますが、
のこり4試合何とか勝点を重ね中位に近づいてほしいところですよね。
左の順位表を確認してみますと、現時点でのファジは勝点39で17位。
4試合すべてに勝って勝点12を加えたと仮定すれば、最終的には勝点51までは届く計算ですが、すでに7位に位置する北九州が勝点51なので現時点で8位以下が確定しています。


ところで、中位、中位とはいうもののどっからどこまでが「中位」といえるのか?
今年はJ2参加チーム総数は20なので、単純に3分割すれば、1位~7位までを「上位」、8位~14位までを「中位」、15位~20位を「下位」と呼ぶことになります。
しかしこうしてみると、自分としてはどうもしっくり来ない感じがするんですよね。
というのも、例えば8位の栃木が勝点50ですが、同じ「中位」グループの14位の愛媛が勝点40ですから10点もの開きがあるんですね。純粋に3分割するのも分かりやすくていいんですが、ちょっと同じグループにするには上のチームと下のチームとの差が大きすぎるようにも思います。


そこで、当ブログでは4分割で考えてみたいと思います。
具体的に言えば、
1位~5位を「Aグループ」、6位~10位を「Bグループ」、
11位~15位を「Cグループ」、16位~20位を「Dグループ」こんな感じ。
ファジはこれでいくとここまでずっとDグループに属してきましたが、今季残り4試合の結果いかんではCグループ・Bグループまで目指せるところにはつけています。
先々、降格制度がJ2に導入されることを念頭に置けば、やはり最低でもCグループにつけて多少なりとも安心できる材料が欲しいなぁと1サポとして切に願うところであります。

Cグループのトップは大分で勝点46で11位。
そこから湘南が勝点45で12位、草津が同じ45点で13位、愛媛が40で14位、水戸が39で15位と続きます。
では残り4試合のそれぞれの対戦相手を見てみます。
大分→札幌・岐阜・栃木・北九州
湘南→横浜・徳島・札幌・東京V
草津→岐阜・札幌・愛媛・栃木
愛媛→鳥栖・富山・草津・鳥取
水戸→F東・栃木・鳥取・千葉

おいおい・・・結構強いとこのこってるじゃないか!
この中で勝点のばしそうなのは、愛媛くらいなんじゃないか??
他は昇格レース真っ最中のチームとの対戦が多い!
もう一度ファジの4試合を見てみると・・・富山(16位)・京都(9位)・熊本(10位)・徳島(3位)
いける!いけるでえ!



↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0