なにはともあれ11勝 J2 第35節 富山 vs 岡山

残り4試合。
すこしでも勝ち点を伸ばしてほしい。そんな思いを込めながら本日は岡山のウルトラスブルーにて生中継にて観戦。基本的にホームゲームに休みの希望を出しているのでアウェイの試合の日に休みってなかなかないんですよね。なんでついつい嬉しくなってしまって酔っちゃいました。
試合内容について細かく観察できませんでしたので、ざっくりした感想になりますがどうかお許しを。

<スタメン>
GK 真子
DF 後藤、植田、一柳
MF 仙石、千明、田所、澤口、金、妹尾
FW 久木田



<結果>
富山 0-2 岡山

前回対戦の岡山ホームゲームにおいてもそうでしたが、富山さん徹底してロングボールをトップに当て、そこから展開をはかるそういうサッカーをやっていたわけですが、ホームの試合でもファジはよくそれをはじき返し、ほとんど決定機らしい決定機を作らせていませんでした。この日もまるで同じような展開に。

富山はとにかくロングボールをトップに送り、岡山はそれを丹念にはねかえす。そういう前半でしたね。

で、富山さんがそういう展開で来ると、どうもまともに受けちゃうところがあって相手が放り込んでくるとこちらも強く返す。ボールが落ち着いたらまた放り込まれてまたはねかえすというやたらとボールが空中を行ったりきたりする展開で、サッカーとしてはあまりおもしろくないなぁと思ってみておりました。
こちらもマイボになったら素直に繋いでゲーム作ってもいいのにと思っていましたが、そこも相手に合わせてロングボールを蹴りがちな展開でピンポンゲームに拍車をかけちゃったかなぁと。
双方ともにミスが多かったですし、そのあたりもホーム戦そっくりでしたね。
しかし、相手の攻撃はある程度余裕もって弾き返せてましたし、失点する感じは皆無でしたから、セットプレイかなんかでズドンとやられなきゃ負けはないだろうと思っていました。

後半、開始早々の6分。
こちらも3-4-3ベースの3-4-2-1。相手も3-4-3ベースの3-2-4-1とポジション的にはがっちりかみ合う同士であったこともあり、サイドにファジが展開してもかならず相手のWBが寄せていてチャンスがない。いいかえればサイドを抜け目なく富山さんがケアしていたということだろうと思うんですが、このタイミングだけは降りてきた妹尾が右サイドでフリーに。相手もしっかり守っていたのでミスらしいミスはここくらいだったと思います。
妹尾がフリーで持って、タテに走るクッキーへ、クッキーが折り返し、ミンキュンが詰めて先制!
久しぶりにシャドー2名とトップだけで相手を崩し、点を獲りきった。よっしゃ!
サイドにおいてほとんどチャンスはなかったんですが、このときだけは見事に相手の動揺を突いて崩して加点しました、お見事だったと思います。

その後、ロスタイムで岸田がCKの展開から加点。勝利を決定づける一発。
結局、富山さんに決定機としては1度くらい与えるのみで、危なげなく勝利しこれで11勝!!
よくやってくれた!
相手が相手だったということもあり、内容的に成長や上積みを感じる試合ではなかったですが、勝ちならなんでもいいんですよ。Cグループ確保にぐっと近づく1勝には間違いないですしね。
モデルチェンジ後のファジのよさが出せた試合ではまるでなかったですが、持ち前の高さ・守備の強さで辛抱強く勝ちを呼び込んだ試合と言っていいと思います。こういう地力勝負の試合が出来るのも好敵手あってのものです。


さあ、次は天皇杯。
勝ちましょう。
どうせ失うものなどなにもないんです。やれるだけのことをやるだけです。
天皇杯は自分もバスツアーにて参戦し、初のアウェイ観戦。非常に楽しみです。セレッソ相手にミンキュンや千明がどれくらいやってくれるか?その辺特に見たいと思います。


のこり2試合のホーム戦についてですが、京都戦はバクスタorFagiシートで観戦。ホーム最終戦となる徳島戦は、GATE10にて観戦したいと思います。0番ユニを見つけたらどうぞよろしくおねがいします。
来季につながる試合を見せてほしい。がんばれファジアーノ!


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 2

tko  2011, 11. 14 [Mon] 00:24

No title

いや~勝ちましたねぇ富山戦。
割と押し込まれてましたが、世界の植田や一柳が、よく体をはって防いでくれてたと思います。
確かに、攻撃陣が前を向いて攻められる機会はあまりありませんでしたが、今日はチャンスをものにできた。「オレ達はやれる」という自信を持つことが一番大事だと思います。

しかし。。。テレビ解説の方、「ミンギュン」ちゃうわ。「ミンキュン」やっちゅうねん!!
さすがJ2の弱小球団という扱いでした。。。

次は天皇杯ですね。
勝ちましょう勝ちましょう。
ドン引き作戦でも何でもやって勝ちましょう。
たまに番狂わせが起こるのが天皇杯。ぜひファジvsセレッソで起きていただきたいものです。

Edit | Reply | 

あるびの  2011, 11. 14 [Mon] 22:00

No title

>tkoさん

どうしてもこういう展開になっちゃいますね富山戦となると。
先日の岐阜戦では失敗した影山監督ですが、この日はDFラインの設定位置もそうだし、交代采配も決まってしてやったり!という感じだったのかな?と思いました。

天皇杯は甘くないでしょうね、セレッソの攻撃力はハンパじゃないし、休養十分だし。
しかし、こちらは負けて元々なのである意味肩の力を抜いて見れるのかな?と思ってます。なにが通用してなにが通用しないのか?とても楽しみです!

Edit | Reply |