2012シーズン 注目選手紹介 仙石 廉

3月まで続きます注目選手紹介シリーズ、第3弾は"ファジロータリー"の要 仙石廉選手です。


                       仙石


・生年月日 1990/10/2
・身長/体重 170cm/62kg
・出身地 埼玉県
・前所属 柏レイソル


昨シーズン、序盤こそ定位置をつかみそこなう不遇のシーズンだったものの終盤チームの成熟に足取りを合わせるようにボランチとして確固たる位置を確保。ダブルボランチを組む千明、そしてシャドーに位置を上げたミンキュンと形成したトライアングルは、技術力が全体的に低いチームにあって抜群の安定感をもたらした。
まさにこれぞチームの心臓というべきだろう。

確かなキック精度から、長短のパスを散らし展開できるプレイメーカー。
ファジのダブルボランチにおいては、DFラインからボールを引き受ける"水汲み役"を千明がこなし、千明とたて並びになって引き継いだ仙石から攻めが展開されることが多い。
中でも圧巻だったのはホーム鳥取戦。当ブログ自称"魔法の60分"。あの試合・・・ほんと最高だった。
右足から放たれる鋭いグラウンダーのタテパス!
それが、おもしろいように敵のプレスをかいくぐって味方へ届けられ、前線がそれに答えると。
それまで感じていた「新しいファジアーノ」の姿をはっきりと示してくれた思い出深い試合となった。

元々U-12からトップ昇格を果たすまで柏一筋のレン。
しかし、今季はファジへ完全移籍を決断!
充実するレイソルのボランチ陣の分厚い選手層を考えての判断だったのかなぁと思ってみたり・・・
内心かなり悔しいものがあったのではないか?と勝手にかんぐってみたり。
右SBとしていまや世界にも名前を売ろうかという酒井は同期、しかもバリバリのレギュラー。
おまけにレイソル自体があの快挙ですからねえ・・・
よくぞ「岡山で」と決断してくれたと思います。
岡山で実績を作っていつか上でやらせたい、そういう選手ですね。

今シーズン、影山監督はキャプテンを固定するかしないかまだ決めてはいないようだ。
昨季は交代制、今季はどうなる?というところだが、個人的には小さいころからずーっとキャプテンを任されていたというレンに託したい気持ちが強い。
いや、むしろ岡山で誰もが認めるキャプテンシーを磨いてほしい
実力のないキャプテンはチームメイトから信頼されないだろうが、レンなら大丈夫だろう。
あくまで個人的な希望に過ぎませんが(笑)



・予想起用ポジション
エンジ色の丸=起用が予想されるポジション 灰色の丸=起用が見込まれないポジション


2012右ボランチ


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0