2.26 TM見てきました vsガイナーレ鳥取

やや久しぶりの更新となってしまいました。
ここのところ少しづつ風の中に春っぽい暖かさを感じるようになりましたね。


いよいよキャンプも終わり、もう少しで開幕!
今日は神埼山で、ガイナーレ鳥取とのTMが組まれたとのことでこれは見ねば!とじっくり観察してまいりました。
気になった選手のピックアップ、チームの攻撃面について、守備面についてと3本立ててお送りしますよ。
別記事で図解!シリーズもうpしますのであわせて見ていただければと思います。
春っぽいとかいっときながらなんですが、今日はめっちゃ寒かったよ神埼山><


0226TM.jpg

今日のメンバーは以上の面々。途中交代で岡崎・川又・椎名がinかな。
ポジションチェンジも頻繁に行われていて、
石原→右WB→ボランチ→左WB
関戸→ボランチ→シャドー
田所→左WB→ボランチ    などなど、いろいろと試されていましたが大きな混乱はなくまずまずでした。


1.攻撃について

まず注目したのは、
どのようにしてペナ内へ進入するのか?という点と、
カウンターの出来はどうか?という点。
この2点に注目して観戦。

ファジは攻撃においてサイドで作ってそのままサイドからのクロスという展開が最も多く、
ペナへどうやって入っていくのか?という部分については改善の余地が多分にありました。
紅白戦の時点でもその問題は解消されておらず、
川又はじめトップに入る選手はどうしても空気になってしまいがちでしたね。
(川又について良し悪しの評価が下せなかったのもその辺が理由)

さてさて、その辺キャンプを経てどうなん?トップの空気化解消されたんじゃろうか?ですが、
今日はだいぶ解決策が表現されていたと思います。
具体的には、
サイド-中央-中央、フリックを使ったポストからの突破
コレです。

詳しくは、次の記事で図解!でやろうと思うのでここでは省略しますが、サイドを基点に3枚の前線が小さなスペースを見つけて流れたり降りてくる。それと同時に周囲のプレイヤーは連動して前のスペースに走る。
ワンタッチのポストプレイで軌道を変えて、連動していた選手へいい形で渡す、と。
今日の試合の中で何度かこの形が試されていて、中でもペナ内いい位置で川又へ渡し、強靭なフィジカルでコントロールしてシュート!も惜しくも外れるというシーンがありました。
サイド・中央の選手ともに、どうやって崩すか?というイメージが共有されているなという手ごたえを感じたいい攻撃でしたね。
いいんじゃないでしょうか!やっと攻め手が増えたなぁと、これは収穫。

ちなみに「フリック」というのは、"ボールにチョンと触って軌道をかえてパスする"ことです。

次にカウンター。
こちらはまだまだかなぁ・・という印象。
まあカウンターは守備から始まるのでその時その時でまた展開が変わるのでなんともいえない部分もありますが、全体的にスカっとカウンターやりきったなぁというシーンはあまりなかったですね。
今日は攻守ともに切り替えが遅すぎな点も尾を引き、カウンターの出足もよくないし後方からの押し上げも少なくと、迫力不足は否めませんでした。守備はある程度計算できるチームなので、カウンターでもうチョイ怖さもてるとホントいいんだけどねえ。これは課題ですね。


2.守備について


次は守備についてですが、
前プレは機能しているか?という点、
リトリートで新たな修正はあったか?という点。
この2点に注目して観戦。

ファジラボによれば、キャンプ中対戦した甲府とのTMでは前プレ(前からプレス)を敢行するも、うまくかわされいなされで、通用しなかったということが選手の談話で紹介されていました。
これ読んだときは、おもわず「ほぉ~前プレ試したんだな」と思ったんですね。
というのも昨シーズン終盤ファジがいい形で勝ち点重ねられた要因のひとつにこの積極的な前プレでリズムを相手に渡さなかったことがかなり大きかったと見ていたからです。

で、今日はどうだったか?・・・というと、
現時点で前プレは微妙・・
という感じでしょうかねえ・・残念ですが。

前プレでの狙いというと、ボールの出所・受け所へ連動して継続的にプレスをかけることで相手の余裕を奪い、コントロールミスやパスミスを掻っ攫ってはショートカウンターにつなげる事。
そこまで出来なくとも、逃げのロングボールを蹴らせて跳ね返してこぼれ球勝負に持ち込むこと。
ざっくりこんな感じだと思いますが、どちらにも言える事は「相手に組み立てさせないこと」でしょうか。

乱暴な言い方にはなりますが、
・パスミス・コントロールミスを奪えた→ファジの守備成功
・ロングボールを蹴らせることが出来た→ファジの守備成功

・パスを繋がれビルドさせてしまった→ファジの守備不発 と、言っていいかなと思います。

で、今日なんですがおおむね前プレは不発という感じで、追い方も中途半端だったし、DFラインからボランチ飛ばして降りてきたトップに繋がれたりと、いまいち機能してませんでしたね。
この辺、スタメン級がずらっと並んでどうか?という点はありますが、チームとして機能させられるのはもうすこし時間がかかりそうだなというのが率直な印象。

次にリトリートした守備について。
相変わらず両サイドのCBがサイドにつり出されるとやや不安定な部分があるのは変わりませんでしたが、DFに関してはトップの面子とそれ以外の選手ではややクオリティの差が顕著にあるかもなあと思うので、今日のところはこれでも問題はないかなぁと。まずまず守れていましたしね。

ところで、今日はおもしろいシーンが見れましたよ?
ちょっと図にしてみましょう、こんな感じ。

02265-4-1

両サイドのWBがバックラインに吸収されて5バックを形成。
それにあわせて両シャドーもボランチのラインまで降りてきて、4枚横並びに。
その前に、1トップがボールの出所へ寄せる。5-4-1。なんか見覚えがあるな・・・・




・・・・・っとこれは広島ですね(笑)




以前「図解で見る! ○○化が進む(かも)!?ファジの守備のこれから」(2011/11/07うp)
で、取り上げました3バックの守備の一例として広島のやり方を紹介しましたが、まさにそれとまったく同じ形。
わずかな時間帯でしたけどゲームの中で試されてました。
もしかしたらどうしても耐えたい時間・失点だけは絶対に避けたいって時間とか、あくまで限定的な場面でのシフトだろうか?と思いますが、オプションとしてこの5-4-1が明確に試されていたのは非常に好感を持ちました。
これはやっぱ硬いよ。すごく満足です。


3.注目選手


まずなんと言ってもこの人を挙げねばならない!
関戸 健二!

いやー、紅白戦でもよかったし昨日の京都とのTMでもすばらしい出来だったということで注目してみていたんですが、もーーー満足満足。開幕スタメン候補ですよ!
主にボランチでの起用だったんですが、仙石・千明にひけをとらぬキープ力・展開力。
スペースにすっと入っていく動き出しの良さ。いろいろいいところが見れましたが、なかでも注目したいのは、ボランチから前に出て行って出来るプレーの質の良さではないでしょうかね。
この点については、仙石・千明にはない部分なので非常に大きなアドバンテージといえるでしょう。

影山監督も「こいつはタマ」と明言していたし、ファジラボにおいても「岡山の柱となる選手」と紹介されていたりと、非常に期待のかかるルーキーですが、現時点でスタメンクラスなのは間違いない。
監督も、試合中「ケンジ!ケンジ!」と指示を飛ばし、ゲームから降りたら小脇に呼んでいろいろとレクチャーを施したりとハタから見ていてもはっきりわかる期待ぶり。
しかし、それに答える実力は十分でしょう。ボランチの攻撃参加は、昨季の物足りなさの一つでしたが彼がいればそれはほぼ解消すると見てよさそうです。
チームメイトからも「ケンジ!」とパスを要求される声がしきりに飛び交い、「こいつからは(パスが)出る」と完全に信頼を勝ち取っているな、と確認できました。

当ブログ認定の、今年の一押し選手は「関戸健二」で決まりです!


今年のイチオシがそうなら、昨年のイチオシはどうか?
石原崇兆もイイ!

まだ2年目なんですけどね、もう風格のようなものも出てきて昨年あれだけ出場できたことがやっぱ大きくしてるんだろうなぁと、わたしゃうれしかったね。
今日は主にWBでの起用でしたが、やっぱ石原の走力は流石の一言でした。

昨年から澤口のバックアッパーがいないよってことで、石原を右WBで試してほしいなぁと思っていたんですね。
彼ならあの卓越したスピードで、サワにはないタテの突破が見込める。また守備においては、たとえば裏に出されてヨーイドン!になった時も存分に利く。頻繁なアップダウンにより消耗の激しいポジションですから、あのスタミナを眠らせておくのはもったいないよな、と。
昨年ちょろっと左WBで使われたのみだと思うんですが、ポジショニングも違和感なくこなしていたし、シャドーと絡んでサイドを突破して今日はゴールまで決めてました。


シャドーは今年は激戦地ですし、石原には澤口と高いレベルでポジション争いをしてほしい。
いやーどのポジションも今年は厚いわ!期待しましょう!




↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 2

yoshi  2012, 02. 26 [Sun] 21:51

私も見てきました

こんばんは
私も今日は神埼山に行ってきました。
今シーズン初めてのファジアーノでした。
同じく石原、関戸共にしっかりと楽しめました。
それにしても石原の駆け上がる速さは感動モンでした。

きっと、必ず、今年のファジアーノはと、期待しています。

Edit | Reply | 

ゼロファジ  2012, 02. 28 [Tue] 23:30

No title

>yoshiさん

神埼山寒かったですね~><
石原また速くなったんじゃない?っと思ってしまうくらいキレありましたよね!
今年は大丈夫!・・・なはず。
まず開幕戦、とりましょう!

Edit | Reply |