スコアレスドローは銀メダル J2 第2節 北九州vs岡山

開幕戦で持ち味を出して敗れた北九州。
開幕戦3分の1しか自分たちの時間を作れなかったファジ。
本城に乗り込んでの第2節、ファジにとってはどれだけ普段着のファジを出せるか?
自分たちがまともにやってどんだけできるか?「今年は行ける!」そういう手ごたえを結果で掴みたいところ。


<スタメン>

vs北Q (A)
注目していたボランチのところには関戸がスタメン出場。
シャドーの一角には桑田を据えて、関戸・ミンキュン・桑田とバイタルで仕事が出来る選手がそろった。


<結果>

北九州 0-0 岡山


ともにポゼッションを志向するチーム同士ということもあり、玉際での勝負・こぼれ玉の勝負などなど中盤で激しく主導権を奪い合うような試合を想像していたのですが、フタを明けてみるとこれまた予想をいい意味で裏切る形で試合が展開されていく。

この日の守備はほんとうに良かったですね!
出足、セカンドボールへの反応ともに高い集中力で臨んだファジは、レベルの高い3バックの守備を見せつけ、相手に攻めのきっかけを掴ませない上々の出来。
具体的には、相手がハーフラインを超えてトップにボールを当てる際には、必ず誰かが厳しくチェックに行き思うようなパスサッカーをさせない。トップにCBがついていっても、WBが下がって枚数を確保した上でのチャレンジなので非常に安定した守備で相手の狙いをストップできていたと思いました。
おまけにいいなと思ったのが、「前プレ」と「リトリート」の使い分けがとてもはっきりしていたこと。
闇雲に前から行ってというのではなく、「ここは行こう」or「ここは構えよう」とチームで守備の意思が統一されていたように思いました。この日の守備はほんとにスムーズで素晴らしかった。

守備が安定すると攻撃に弾みがでるのがサッカーだと思いますが、
この日初のお披露目となった仙石-関戸のダブルボランチがファジの攻撃のランクをぐいっと引き上げる。
役割としては仙石が水汲み、関戸が前に絡んでいく形で、ボールの扱いのレベルがやっぱこの2人だと段違いなんですよね。ロストの少なさ、確実なビルドが確保され攻撃に厚みが生まれていたのがはっきりわかりました。
自分は一柳をファジのビルドのバロメーターにしているんですが、この日は躊躇なくガンガン上がってて見ていてとても気持ちよかった!ボランチのところがビシっとすると安心して上がっていける、それを象徴していたと思います。

で、この日の北九州は3-5-2のフォメでトップ下(10番の安田)を置くシステムだったんですね。
こういうトップ下を置くチームが守備時によくやってくるのが、こちらの前ボランチに対してマンマーク気味に付ける守備なんですが、三浦ヤス監督はこれをやってきませんでした。

ウチの前のボランチはスイッチのところでもあるしとても大事なポジションですが、そこにマンマークを付けられるとそこへのルートが遮断されて、サイドへサイドへビルドが流される傾向があるんですよね。
そうすると、左右CBやWBがビルドにかかわる比率が増えてちょっとやだなという守備なんですが、相手がそれをやってこずに関戸・仙石に自由を与えてくれたので、そりゃファジのやりたいことやっちゃうよ?ってなもんで。



というように、守備でも攻撃でもこちらの持ち味が出せる状態だっただけに、
注目のポゼッション争いはほぼファジの勝ち
なんでしょうね、ファジが「ポゼッション争い」に勝って押し込むとか違和感が(笑)



全後半通じてほぼファジのペースでゲームを支配できたものの決めきれずスコアレスのドローで勝点1と。
またしても勝点3を逃した形ですが、自分はこの結果にかなり満足しています。
なぜならば課題はもはや明らかだからです。


このチーム、
アタッキングサード(ピッチを3分割して相手のゴールから近い3分の1のエリア)に侵入すること、サイドを攻略すること、そこまでは結構出来てるんですよね。もっと出来るようになると思いますが。
しかしながら、
中-中で崩す攻めの少なさ、クロスに飛び込む枚数の少なさなど結局点に直結する部分が少なすぎるんです。
原因としてはビルドに人を割きすぎたり、味方にはたいて自分もペナに入っていく意識だとかいろいろあるんだろうなと思うんですが、ここが改善されてくるようならば流れからの得点はもっと増えてくるはず。
時間はかかると思いますが、セットプレーなんかで点を取ってしばらくは我慢したい。


勝点3を持ち帰ることが出来ていればどんな形であれ金メダル。
たくさん失点してのドローを銅メダルとすれば、
失点0のスコアレスドローは銀メダル、そういう印象を持ちました。


懸案だったボランチ問題は関戸の存在で一気に解消の兆しを見せているし、
大事な守備は昨シーズンからの継続性を十分に見せてくれている。
昨季の守備の堅さをキープできてるかどうかが、一番心配していたところだったので少し安心しました。
キャンプでの準備しかり、試合での狙いの付け方しかり、
試合中の交代策も含めて影山監督の手腕は非常に満足しています。(石原めっちゃよかったね!)
もっともっと見ていて楽しいサッカーを進化させてくれるんじゃないか?と期待してますよホント。
いまはあせらずに熟成を待ちましょう、いつかファジの波が来る。



↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 2

yoshi  2012, 03. 12 [Mon] 23:37

こんばんは

昨日は本当に楽しかった。
点こそ取れなかったものの負ける気がしない。
ただ、去年のような守備でのハラハラどきどき感には欠けるかも。。。
もちろん、ないほうがいいのだけども。(笑) ん? 余裕(笑)

センターでの攻めは川又、アンデルソンで埋めてもらえそうな気がしています。
前で積極的に撃っていたのはミンキュンと関戸だけ。。
他はトラップミスもあったけど、それ以上に撃てるタイミングを逃してパスしていたような。。。

石原のスピードはやっぱり凄い。
足元はだめだったけど抜かれない追いかけるスピードでは植田が凄い。

なんか、今年はホンマにいけそうな気がしている今日この頃です。

2連勝の水戸を迎えてのホームだけど勝ち点3を期待しています。

長文、すいませんでした m(__)m

Edit | Reply | 

ZeroFagi  2012, 03. 14 [Wed] 22:11

No title

>yoshi さん

どうも遠征お疲れ様でした。
次の水戸さんはちょっとイヤな相手ですが、ここいらでバシっと勝点3欲しいですよね。
なるべく第一クールのうちに勝てるとこは勝っておきたいなぁと最近よく思います。

Edit | Reply |