図解で見る! 仙石廉の美技に酔いましょう

開幕2試合ではやくも「金の卵っぷり」を存分に発揮して見せた関戸健二
昨年とは違う役割もさすが生粋のボランチよと唸らせるプレーを見せる仙石廉


いやーよかったですね、このコンビ。
千明の離脱、開幕戦の出来のひどさから懸念されたボランチのところでしたが、
北九州戦の出来を見てほっとした方も多いのではないでしょうか。自分もそうです。
あの組み合わせ、キャンプ中のTMで最も試されていたコンビだったのでメンバー見たときは期待感maxだったんですが、予想以上の破壊力で先々がほんと楽しみになってしまいました。

関戸は今後もっともっとフィットしてどんどん見せ場を演出してくれることでしょう。
柔和なイケメンマスクに、あのテクニック・アグレッシヴさ。
人気出るんだろうなぁ・・・(笑)
彼についてはプレー見れば誰の目にもハッキリした華やかさがあります。

一方、仙石の方はといえば、変化した役割をこなしつつも持ち味を失わない健在ぶりにさすが・・・と感嘆。
今回は流れの中で見逃しがちな仙石廉の凄さにフォーカスしてみるてすと。
またボランチネタか・・・・という感じではありますが、これだけは取り上げときたかったんです!



<レンの凄さとは?>


さて、レンのプレーを観ていると必ず1試合に2度か3度、見ている自分がドキッとするプレーが必ずあるんですよね。なんというか、「おい!なんでそんなとこ出せたんだ・・・」とスタンド上部から見下ろしてる自分ですらビックリするとこにタテパスを打ち込むんです彼。
しかも出したところは「通るはずがないスペース」で完全に相手が予想できないところへレンのパスは出る。
言葉にしてみると、相手越しにエアポケットに打ち込むタテパスという感じでしょうか。これがレンはすごすぎる。
ではそのあたりを図でみていきましょう。



・北Q戦のワンシーン
黄色丸=北Q 白丸=ファジ 黒丸=ボール 黒線=ボールの動き
5番植田がヘッドでFWと競り勝ち、ボールがこぼれた所をレンが拾ったところです 
仙石廉の美技に酔いましょう(Q1

レンはここからその場でグルリと回りつつ、自分がフリーなのを確認すると、右前方向(白線方向)へ軽くドリブルを入れました。レンが自分のエリアに入ってきたので相手のトップ下がプレスに寄せてきてますね(黄色線)。

注目したいのは、相手のボランチ2枚。ココを見てください。
斜めに前・後ろの関係になっていて、飛び出しているボランチの後方にはポッカリスペースが空いてますよね。
これをレンは目ざとく察知しています
さあ、こっからレンはどうするのか?


次の展開をみてみましょう。
レンが安全にボールをキープしたのを受けて、2番澤口・30番一柳がおもむろに前進を開始(白線部分)
もはやおなじみ、ファジのスイッチON!ですね。

仙石廉の美技に酔いましょう(Q2

レンがワンドリブル右へ入れたこと、レンの横や後ろでは澤口・一柳が動き出しを開始していることもあり、
相手からすれば「あ、右からきそうだな」という展開ですよね。
しかも、レンは体の向きと目線を変えていません。(赤線がレンの向き)
録画で観ていた自分も、サワと一やんがダッシュを始めてるのでそっちいく展開を予想してました。

しかしながら・・・・・
一連の右方向のアクションは仙石廉演出による壮大な釣りでしたっと。

レンは体と目線は右方向に固定しつつ、なおかつ右へポジションを動かしながら右足で逆方向のミンキュンに繋いでしまいます(黒線部分)。
レンにしてみれば右右という一連のアクションはすべてフェイクに過ぎず、目星を付けたミンキュン周辺のスペースへ通すための騙しのテクニックだった、というわけです。
フリーでミンキュンがボールを受けたのを見るや否や、服部先生が完全に相手WBの機先を制して猛然とダッシュを開始し、そこへミンキュンから最高のスルーパスが出て左サイドを独走する形を作りました。
最後はクワシンの飛び込みに合わずセーブされましたが、起点となったのは完全に仙石廉の騙しのテクニック・相手越しにエアポケットに打ち込むタテパスだった、ということがおわかりになるかと思います。
筋書きを演出したのは間違いなく仙石廉の戦術眼の鋭さと言う他なく、彼の非凡なセンスをうかがわせます。
ちなみに、レンがボールを収めてルックアップして状況を確認しパスを出すまで1秒あるかないかですよ?
もうボランチとしての感性の部分、染み付いてないと出来ないレベルの早さだと思うんです。
きっと瞬間的に「あ、ココ!」と反応し出せる。
ナチュラルボランチ仙石廉の凄さが垣間見れるシーンではないでしょうか?
もういっちょ行きましょう、開幕戦77分の出来事です。
こっちはもっと凄いよ?


・富山戦のワンシーン
灰色丸=富山 黒線=ボールの動き
GK中林のゴールキックをトップの中野が降りてきてボランチと競り合うところです
仙石廉の美技に酔いましょう(富1


ゴチャつくので表記してませんが中野・桑田に付いている灰色丸は富山のボランチ2名です。
パッと見て気づくのはまたしても前-後ろの関係で相手のダブルボランチの門がパカっと空いてる事。
ボールの流れを説明しておくと、中林→中野→関戸を経て、最後にレンに繋がれます。(黒線部分)
大事なのはこのレンにたどり着くまでの僅かな時間の中で、レンはフォローのポジション取りつつ首を振って左サイドの位置関係の確認と空いてるスペースの確認を速やかに済ませていることです。
またしてもミンキュン周辺のスペースが空いている。(黄色で囲った部分)
ここに通せば・・・ということがお分かりになるかと思います。レンもそこへ目星をつけました。

仙石廉の美技に酔いましょう(富2

自分の大好きな解説者の中に作陽高校の監督をされている野村さんがいるんですが、この日の解説も野村さんだったんですね。いっつもファジの解説をしてくださってるのですが、説明がわかりやすい上に的確なので大変勉強になる方なんです。ほんとずっと岡山にいて欲しいと願ってやまない方なんですよ。
その野村さんをして、
「いやぁ・・・今の仙石選手のプレーはスゴいですね・・・」と言わしめたプレーがこちらです。
(5番植田のそばの灰色丸は消し忘れです、すんません無視してください)

プレスバックしてきた2シャドー+ボランチと、実に3枚の壁でもってレンの前に立ちはだかっていますよね。
ボランチ一枚に対して3枚の寄せ手が付いているのだから、並みのボランチが選択するチョイスはまあバックパスですよ、そりゃ。
バックパスにしても不正解ではなくまっとうな回答で、ボランチというのはボールロストが許されないポジションだから当然許容される回答なんですよねこの場合。しかしわれらがレンはそんなもんじゃない!
ナチュラルボランチ仙石廉は違いを見せる
堂々と3人の合間を縫うようなタテパスを通して目星をつけていたミンキュンへのルートへ涼しい顔で出して見せるわけですよ。もう脱帽するしかなくね?っていう。
この落ち着き、正確さっていうね。レンサイコー><と。

結局感じていたミンキュンがダイレクトで桑田に出し、抜け出しかけていた桑田を富山のCBがファウルで止めイエローカードを受けるというシーンだったんですが、一連のチャンスを生んだのはレンの一枚上のプレーであるのは明白というのがおわかりいただけたのでは?と思います。
もうたまらないんだよね、レンのプレーは。
渋いんだけど、結局レンだよねってとこでいっつも仕事する。それが仙石廉だなぁと。


レンは柏ユースの最高傑作といわれたこともあったそうです。
同期にはあの柏の酒井もいて非常に注目を集める世代であります。

しかし、柏のボランチの陣容の厚さを考えてかレンは完全で移籍してくれました。個人的にはこのようなシビれるプレーをまた見れるのか!と歓喜歓喜なんですが、
ファジがいったいどういう人物を保持してるのか?そのことをお伝えしたい気持ちがずっとありました。
われわれのボランチ陣は並みのボランチではない。クオリティの高い戦力を保持しているのだ!ということをお伝えするのに仙石廉の凄さを説明するのが最も適しているのではないか?と思い、記事にしてみた次第です。


私たちは素晴らしい選手たちを保持しています。
それはファジが苦しんで勝ち得てきた交渉力の賜物であると考えます。
私たちの逆襲はこれから。
この記事で取り上げたような渋いプレーの数々にカンスタから大いなる拍手が飛ぶ。


そんな幸せな未来を願ってやみません。


私たちが選手のプレーを理解することは選手自身の幸せに直結すると思うんですよね。
岡山のサポは目が肥えている。
普通じゃ分からない良質のプレーに拍手くるんだよね岡山は。
と選手のほうが思ってくれたなら、選手のやりがいという部分でサポがクラブを後押しできるのではないか?と思う次第でございます。自分も所詮素人のタワゴトに過ぎません。しかし、進歩したいという熱意は他サポに遅れをとっているつもりは毛頭ない。岡山人の凄み、選手にまけずみせちゃろうや!という感じです。


長々とお付き合いくださいましてありがとうございます。
今後もファジのボランチ陣のシビれるプレーに注目していきましょうね!


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 2

摩久  2012, 03. 13 [Tue] 10:44

No title

仙石選手は凄いと思っていましたが、図解入りでとてもわかりやすかったです!
仙石&関戸のダブルボランチは開幕前からしっかり試されていたんですね、千明選手と三者三様のスキルを持ったボランチのレギュラー争いが楽しみ・・・ちなみに、3人が共存するのはアリなんですかね?誰か一人をベンチにしておくのはもったいないような。

僕もゼロファジさんみたいなブログを書きたいですが、まだまだサッカー眼が足りないのでもっと勉強したいと思います(^^;

Edit | Reply | 

ZeroFagi  2012, 03. 14 [Wed] 22:06

No title

>摩久さん

どうもこんばんは~。
3人共存とはおもしろいアイデアですね!あり得るとしたらダブルボランチにトップ下に関戸とかになりそうですが、トップ下ならミンキュンは絶対にゆずらないだろうなぁ(笑)
組み合わせに高いレベルで悩めるようになったのはすごいことですよね。

自分も素人です。いっしょに考えていきましょう!

Edit | Reply |