J2 第3節 岡山vs水戸 プレビュー

なーんか天気が思わしくないですねえ・・・
開幕もめっちゃ寒いし雨だったし、またホームで雨となると観客動員的にイヤな感じです。
どうした晴れの国パワー。残りのシーズンに向けて充電中?それならいいんだけどねえ(特に梅雨どき)


少しでも天気が良くなるよう祈りつつ水戸戦のプレビューと参りましょう。
(今回の記事の最後にお知らせがあります)


<両チームのフォーメーション>

vs水戸プレ(H)
ファジは3-4-2-1 水戸は4-2-3-1

<対戦相手について>

開幕2連勝中の水戸。
前節は3月11日開催と、被災地にあるクラブとしてぜひとも勝利を掴みたい大事な一戦であったが、前半にあげた1点を手堅く守って見事難しい試合をモノにしたばかり。
昨季の対戦では1分1敗と分が悪い相手で、
おまけにどちらの試合もしょっぱい内容とちょっとイヤだなぁという印象は拭い去れない。
このチームは守備時はトップ2枚を前残りにして、DF4枚・MF4枚の4-4のブロックを形成するリトリートが特徴的でこれには昨年ホームでの試合では手も足も出なかった苦い経験が思い出される。
といっても、ファジが覚醒した秋以降に対戦はなく、以前とはチーム力がぜんぜん違うことになっているのでそこまで気にすることでもないかなぁと。今節でその辺しっかり見極めたいですな。
上記の4-4-1-1のリトリートで相手の攻撃をしっかり受け止め、キーマン鈴木隆行のポストプレイを軸に展開していくイメージ。

まったくの余談だが、個人的にはフォメ図で28番 小澤のポジションに入っていた小池純輝が東京Vに移籍し水戸を去ったことに大きな安堵を覚えております。ありがとう!河野!(東V→F東へ移籍)あーよかった。彼の突破力は反則だと思うのJ2ではね。(小池は自分の数少ない他クラブのお気に入りJ2プレーヤーの一人)

で、その小池の穴を埋めるべく起用されているのが28番小澤、2試合連続得点中とラッキーボーイ的雰囲気を醸し出している。が、前節の富山戦を見た中ではむしろ逆サイドの15番 島田 3番輪湖の左サイドコンビのほうに迫力を感じた。特に島田はスピードもあってすばしっこいタイプで、つっかけられたくない相手だけにスピードに乗せたくないところ。

しかしなんといっても、今季の水戸は鈴木隆行を抜きには出来ないチームだと思ってよさそうだ。
途中加入の昨季とは違い、のっけからスタートできた今季は自身の体のキレや連携面の進展がハッキリ見て取れ、明らかに師匠を中心に攻撃は回る。全盛期を髣髴とさせるしなやかなポストプレーはさび付いておらず十二分に富山の守備を苦しめていた。ポジションを変えてピッチを幅広く働き、十分にJ2ではトップクラスのポストプレイヤーだろうなと思う。ヘタな外人よりよっぽど厄介だよマジで。
時折見せる輝き。一回りも違うだろうという若い寄せ手を軽くいなしてみせるアイデアなどは、さすが元代表選手、役者が違うというところか。われらがCB陣の奮起に期待したいところである。


<見所>

と、対戦相手の紹介でだいぶ書いちゃったけど・・・・
まずは師匠をいかに抑えこむか?
守備においてはここに注目せねばならない。
彼はトップに張るのではなくどんどんボールを受けに降りてくるので、
誰がマークにつくのか?どこまで行くのか?ここがハッキリしていないと師匠経由のボールが水戸のリズムを生んでしまうことになるだろう。

そして攻撃面。
こちらはおそらくチアゴがキーマンとなるのではないかと見ている。
というのも、あのような守備(4-4ブロック)を基本としている相手なので、おそらく水戸戦ではファジのサイドアタックはあまりスムーズに機能しないのではないか?と思うんだよね。
今季初の4バックの相手となるわけだが、4バックを相手にする際にファジのサイドアタック(特に右)が機能しやすい場合、そして機能しにくい場合と2通りあると考えている。
鍵となるのは相手のSHの守備なんだが、
相手のSHがブロックの両端を担う水戸だと・・・後者になるだろうと予想。
(このテーマについてはまた機会があれば記事にしたいと思います)

サイドが思い通りに行かないとなれば、他に勝負できそうなところはチアゴの高さかな、と。それこそ小池のような突破力のある選手がいれば話は別だが、ウチには今のところそういうタイプは石原くらいしかいないしね。
予想に反してこちらの繋ぎが相手のブロックをひっぺがしながらじわじわとゴール前まで侵食して・・・となるなら、それこそ最高だけれども。



まだ2試合とはいえ未だ勝ちなし



スタートダッシュが当初の目論見だったはずが、なかなか勝点3をゲットできずに焦り、チームの歯車が狂いだす。
そんなシナリオはさっさと旭川に放り捨ててやろうや


キレイじゃなくていい、無様で上等。とにかく勝ってすこしでも自信を深めたい。
カンスタでの今季初勝利はここを置いて他になし!


・お知らせ

明日・・・もとい今日3月16日の深夜23時あたりから、普段自分がよく視聴させていただいている、

熊雉蹴球通信というust番組に、

ZeroFagi、ゲスト参加でお邪魔します!


サンフレッチェとファジアーノの話題を中心にダベる番組なんですが、ホストのお二人ともJをよく知っておられる方々なので大変楽しみにしてます。明日は前節の振り返りと次節についての話が中心とのこと。
「熊雉蹴球通信」でググると番組にすぐ見つかると思います。
よろしければぜひぜひお越しくださいませm(_ _)m

↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 2

yoshi  2012, 03. 17 [Sat] 23:39

やられたなぁ。。

ホンマに鈴木にいい様にやられたなぁ。
確かにファジの10番とは違ってきっちりとポストしていたしなぁ。
北九州でもファジの10番は何もさせてもらえなかった。
後ろの席で転がってストッキングを触りだしたらダメなんよなぁって言ってたけどホントだね。
監督談話ではいいように言ってたけど、とても献身的に仕事してるようには見えなかった。

ラインが浅かったから10番11番を外して19番13番に後半早々から勝負を仕掛けて欲しかったなぁ。
みんな足元でもらおうとして窮屈だったような感じ。

今日の植田は空回り。体調でも悪いのかと心配するぐらい。。

などなど久々に酷いゲームを見ました(/_;)

でも、3点負けていてなんで後ろを交代させたんだろ?

ま!気を取り直して20日に期待だね(笑)

Edit | Reply | 

ZeroFagi  2012, 03. 19 [Mon] 11:27

No title

>yoshiさん

運もなかったとは思いましたが、鈴木⇔チアゴの出来の差はちょっとあったかなあと思いました。
kwsnは多分FW的に位置どって、バイタル周辺でボールに関わりたいタイプなのかなあ?と何試合か見ていて思います。でも、そこまでボールが行かないから絡めなかったっていう・・・。
植田はここまで不調なのは驚きました。キッツい試合でしたが、試合間隔短いのが救いですね(笑)

Edit | Reply |