初ファジアーノ!

行って来ましたー、愛媛は松山ニンジニアスタジアム。
初プロサッカー観戦、初ファジアーノ!
中四国J2 4チーム合同チャリティマッチ!
愛媛FC vs ファジアーノ岡山、徳島ヴォルティス vs ガイナーレ鳥取

ちょと早めにつきたかったので7時ごろに家を出て、高速でゆっくりめで2時間半で9時半くらいに現地到着。
若干の肌寒さはありましたが、天気は快晴そのもの。絶好の観戦日和でした。

さてさて、第一試合 愛媛FC vs ファジアーノ岡山!
結果は0-0のスコアレスドローでした!
先に率直な感想を最初に言ってしまうと、思っていたより悪くなかったなぁという感じでした。
フォーメーションは相手の愛媛FCは4-2-2-2かな?そしてファジは3-6-1のようでしたが、ちょと中盤がどうなってるのかよくわかりにくくて基本どういう布陣になってるのかはわかりませんでした。3-4-2-1みたいな感じなのかな?事前に選手の名前とポジション覚えることはしないで、試合見て覚えていこうと思ってましたので今後もうちょい試合を見ていくうちにもっとつかめてくるといいなと思います。

昨日のエントリでふれたように、ここのところDFが崩壊状態のファジでしたが、今日は見事0封!やった!
J2チーム相手でチャリティマッチとは言え0で終わらせることができたのは大きな収穫といえるんではないのでしょうか。少なくともこうすれば失点は防げそうだ、という手ごたえを感じさせる内容でした。

ざっと見た感じでは、3バックを中心にサイドはWBがかなり守備を意識して動いていて、サイドに侵入していく相手選手にマークについていくので、実際のところは4バック・5バックになっている状態が多く、とにかく守備に人を割いて数的有利で守っていく戦術のように見受けられました。さすがにピッチのヨコを5人で埋められると愛媛も手を焼いたようで、ミスもありましたが致命的といえるような決定機は特になかったように思いました。まあひとまず守備はこれでよし、で攻撃ですが・・・

こちらはほとんど期待できそうなシーンは作れませんでしたね。
基本的な攻め方としては、前線の選手にロングボールを当ててそこを起点にという攻めのようでした。
うーん・・しかしながら、入るボールの質があまりよくなくて6分4分くらいのやや不利なボールを懸命にマイボにしていくシーンが多かったかなぁ。90分通してすっきり収まったかなと思えるボールは2本くらいで、この攻めを軸にするならタイミングとキックの精度がもうちょいほしいですよね。他にもよさげな場面で、中・長距離のパスに精度を欠いてチャンスの芽を実らせることができなかったシーンが多く、ここの精度は上げていって欲しいですね。

それから、守備に人を割いている分後ろからの押し上げもどうしても遅くなるので、攻撃が散発的で厚みにかけるところがあり、またカウンターにほとんど脅威がありませんでした。まあ、この辺は守備に人を割いたバーターでもあるのでやむをえない部分だとも思いましたが今後このあたりどう修正してくるか。
印象に残った選手は、中野選手・白谷選手・千明選手・近藤選手。名前覚えました!
代表における前田を見てもわかるように、1トップのFWってほんとうに難しいポジションですし、中野選手はスペースに出て生きそうな選手に見えたので、1トップ向きではないなあと思ってみてましたが、懸命な動き出しでボールを呼び込み不利なボールにチャレンジする姿を見て、思わずガンバレガンバレ!と声援を送ってしまいました。心の中でですが・・シャイなのでw
5月が楽しみになってきました。

さて、2試合目 徳島ヴォルティス vs ガイナーレ鳥取。
結果は2-1で徳島の勝ち。

応援するチームというわけでもなく、また見たい対象がはっきりしていたこともあり、ちょっと気を抜いて観戦しました。その見たい対象というのは、ジーニアスと呼ばれてはや3年徳島の柿谷曜一郎でした。昨年まで、ほとんどサッカーに情熱を失っていた自分でしたので、彼の存在をまったくしらなかったのですがあの金子さんが天才といっちゃうほどの男はどんなものかな?と。実は今開催で一番見てみたい選手でした。

こちらも率直な感想を言うと・・・・正直そこまでじゃないなという印象でした。
徳島はさすがに前年いい成績を収めただけあって中盤から前のクオリティが抜けて高く、先制点も柿谷を基点にショートパスを3つつないで左サイドを抜け出した柿谷のクロスの折り返しを押し込んでという形でした。その柿谷ですが、たしかに技術的にはJ2にはもったいないなぁと素人目にもわかるほどうまいですし、彼がボールもったときだけ他の選手とちがった余裕のようなものがありありと見て取れました。
しかしながら、圧倒するというほどでもなくなんとなくプレーが軽いなぁと。プロ生活も16歳からですから今年で4年?5年?と20歳ながら中堅クラスのキャリアになってきてますし、もうちょっと圧倒するくらいの質の差を見せてゆくゆくは代表なり五輪代表なりに入っていってほしいなぁと思いましたね。伸び悩んでるのかなぁ。

そして、昇格1年生のガイナーレ鳥取。
案外強いですね。正直ファジとやってたらどうなったかわからんなと思いました。
こちらはDFは「え?」と思うようなシーンが幾度かあり、かなり不安定な様子でしたが、中盤の選手がかなりよくって、徳島のバイタルエリアの寄せがあまかったのかもしれませんが、かなりの回数DFの裏を取るシーンを演出していました。攻撃はけっこういいですねこのチーム。

特に、13番美尾選手、PA外からキレイなシュートを決めた小井出選手なんかはいいなぁと思いました。
こちらのチームのお目当ては・・・
もう長い時間見てきた選手を目の当たりにすることができるよろこびとはこういうことなんですね。
服部年宏。
あの歩き方!TVで見たまんまで嬉しかったw
衰えてはいますが、後半点につながりそうな素晴らしいパス見れてよかった。
それにしてもガイナーレ案外強いですね、要注意です。


試合後、道後温泉本館でひとっぷろ浴び、帰宅。
ファジも負けなかったし満足して就寝します。

それではまた。


このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0