図解で見る! シャドーにまつわるあれやこれや

やっぱ勝ちはいい!
こっからの巻き返しを期待したいファジアーノですが、
ケガ人の復帰などもありますます組み合わせが悩ましいシャドーというポジション。
今回はファジの攻撃の傾向のおさらいを兼ねて、
シャドーというポジションにスポットをあて、いろいろ考えてみるてすと。


まずは、基本的なファジの攻め手の確認から。


◎ボランチからの展開


ボランチからの展開

状況はレンが前を向いてセンターサークルでキープ。
ここからパスが出て・・・というシーンですね。
とりあえず水戸戦を元にやっていますが、ここから考えられるパスコースをみていきます。黒の点線部分ですね。

まず、澤口・服部の両WBへの展開
次に、シャドー桑田へのタテパス
最後、チアゴへのロングボール

ざっとみて、ファジの攻め手はだいたいこの3パターンだといってよいと思います。
で、実際のところはどうなんだろ?どこだったら出せるの?といえば、
なんの障害もなく出せるのは仙石→澤口の右への展開のみだろうと思います。ここを必死こいて相手が押さえに来ることはほとんどなくて、まずこのパスは通る。
自分的にはこれがファジのビルドが右周りになりやすい原因かな?と思っている理由なんですが。

次に、逆のWB服部への展開。
これもなくはないですが、どしても右より少し遅い展開になっちゃいます。
その理由はまさに利き足の問題で、
レンは右利きなのでかなり神経を使ったパスでないと不用意にカットされる可能性があります
右だと右から左に弧を描いてボールは飛んでいくので、どうしても軌道が相手の守備に近い形になりますからね。右足で早く左へ展開するのはものすごく難しい。逆にここが千明で、千明→服部ならまったく問題なし。
よく両足で遜色なく蹴れるボランチとかいますけど(ヤットとかね)、いかにすごい技術なのかよくわかりますよね。あくまでこの場合、仙石の位置からレン・千明どちらの仕事も出来てしまうわけですから・・・


と、前置きが長くなりましたが本題はここから。
ボランチ→シャドー。ボランチ→チアゴの頭狙い("戦術チアゴ"とでも呼んでおきましょうか)の話に入っていきます。


◎戦術チアゴがまねく間延び

戦術チアゴ2

それでは、まず戦術チアゴの狙いを見てみます。
図では代表的と思われる2パターンでやってますが、
1つ目はミンキュンのルート。
チアゴの頭からそらしたボールをシャドーが受ける攻め。

2つ目はクワシンのルート。
チアゴの落としをシャドーが高い位置で受けそこから展開する攻め。

シャドーの人選とかは無関係で、この場合はミンキュン・クワシンとなっているだけですので気にしないでください。
どういうパターンであっても大事なのはチアゴがハイボールをどれだけ落とせるか?この1点。
これが上手く落とせないとまったく機能しないのが戦術チアゴ。
まさしく「良くも悪くもチアゴ次第」というわけですね
水戸戦ではさっぱりでしたが、山形戦ではまずまず落とせていて、チアゴの存在感はけっこうあったと思うんですが、やっぱハイボールに勝てないとどうにもならん。


ここで最初の図に戻ってみましょう。

ボランチからの展開

チアゴ・ミンキュン・桑田と1トップ2シャドーを赤線で結んでいるんですが、この3者の距離ってすごく近いですよね?図ではキレイな三角形になってますが、横並び気味になったり試合中ではさまざまな形になります。
共通して言える事は、2シャドーはポスト役の近くに位置するということ。
・・・・まあ遠くにいてもチアゴのコボレは拾えませんから当たり前ちゃ当たり前なんですけども。
しかし、これ裏を返せば、
戦術チアゴで行くとき、2シャドーは必ずチアゴのそばに引き寄せられる=ボランチから遠ざかることは避けられないという事です。


レンが最初の図のようにボールを収めて展開する際に、「戦術チアゴでいくぞ!」という空気であれば、当然ながらシャドーはボランチから離れチアゴのコボレを拾える位置へよっていかざるを得ません。
図の表現ではたいしたことないように見えちゃいますが、これが実際のピッチであれば、レン-クワシンの距離は相当なもので、ここにパスを通すのはリスクを考えると良い手とは言えない。
となればどうしても、ボランチ→シャドーのルートはほぼ消滅しちゃうんですね。
ボランチ-トップ3人の間が間延びするのはある意味必然的というわけです。

ファジラボからですが、水戸戦後の桑田がこんなことを言っています。

11MF桑田
「今日は前半から間延びしてしまって、そこから全部後手後手になったので、しんどい試合になってしまいました。もうちょっと思い切って相手の嫌がるところでボールを受けれたら違ったのかなと思います。」

この試合、何故途中から戦術チアゴ一辺倒になってしまったか?については省略しますが、
あそこまでチアゴ頼みで行ってしまうと、チアゴが通用しないとまったく効果のない攻めを繰り返すはめになってしまう。おまけに戦術チアゴから従来のつなぎへのシフトをスムーズに行うには、
マズかったらこうしようという予め準備されたプランや、
やり方を修正するための選手間での意思疎通が欠かせないわけですがそこまでは出来なかったと。
昨季のチアゴ離脱以降積み重ねてきた繋ぎのサッカー。
「チアゴがいないといいサッカーするよなー」という印象をお持ちの方は多いと思いますが、
それは「チアゴがいないので繋ぐしかない」状態で、選手間でそのように意思が統一できているからだと思います。


◎「待ち」のシャドーか「受け」のシャドーか

シャドーというポジションは非常に難しいなと感じています。
というのも、入るプレイヤーのスタイルやポジションの捉え方、意識のところで割と違いが出てしまう傾向があるのかも知れんなぁと思うんですよね。

シャドーという言葉は、「シャドーストライカー」という言葉から来ていると思いますが、
ファジにおいては「トップ下的」でもあり「FW的」でもあり、ファジのシャドーはどちらとも言えないところがあるのではないかな?というのが自分の印象。

たとえば中野や桑田なんかは、
ボールが高い位置まで展開されてくるのを待って、崩しのプレーのところで仕事をしたいような印象を受けます。
ビルドの段階で積極的に絡んでいってというタイプではなさそうですよね。
あえて言うならFW的な「待ち」のシャドーというところでしょうか。

逆にミンキュン・石原なんかは、
積極的にビルドに加わりつつ、高い位置に飛び出しても行くと、
これはまさにトップ下的な「受け」のシャドーではないかなと。
おそらく関戸もこのタイプでしょう。

ファジの攻撃を考えたときに、
トップ3人が高い位置に張り付いたまま間延びしては戦術チアゴで抱える問題とまったく同種の問題がおこりそうな予感。これはウチだけではなくて、特に点が欲しい気持ちが強すぎて前の選手が「前へ前へ」と行き過ぎて間延びするケースはよくあることで。そうなると、繋げなくなって繊細な展開はできない。
相手の守備ブロックの外外を回る攻めや、ハイボールをトップに当てる攻めだけではなかなか崩しきるところまでは難しい。やはり相手の嫌がるところ、中央の密集地帯へ踏み込んでいくルートも手としてしっかり持っておきたいところです。


やはりファジの強みは中盤でのボール回し
そのボール回しを可能にするためには選手間の距離の近さは欠かせない要素だと思います。
なので、シャドーも積極的にボールを引き出す、勇気を持ってブロックの中で受ける、そういうプレーが大事になってくるんじゃないかな?と。中があるから外も生きてきますし。
最近は、両WBが中に入ってきて繋ぎに加わるシーンも増えてきて、確実にバリエーションはアップしてきています。CBのオーバーラップにメドが付いたことで出来ることですね。
まじでウチのチームのビルドはおもろいことになってきとる・・・・こんなの想像してなかったよ・・・
ロングボールもあり、足元のパス回しもある、裏への展開もあると、
いろいろな攻め手がバランスよく出せるようなチームになったら相当やっかいなチームになれるんじゃないか?
今後の成長に期待です!

いろんなタイプがいるシャドーですが、この辺のことと守備面のことの兼ね合いを考えながらスタメンを予想するのも楽しい!まだ最終兵器アンディも抱えていますし、仙石-千明の存在でシャドーで使いやすくなった恐るべきルーキー関戸健二もいる。さらにグレードアップ出来る余地は多分にある。
影山監督は調子のいい選手を積極的に使う傾向があるし、今年はいろんな組み合わせを楽しめそうだなぁと思ったシャドーのアレコレでした。


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 4

tko  2012, 03. 28 [Wed] 00:45

No title

シャドー。ファジにはいろんな選手がいるから、人選難しいですよね。
私は「チアゴ頼み」の攻撃には疑問符を持っております。
あまりシャドーにボール落とせないし。
山形戦での川又のあの胸トラップを見てしまうとちょっとね。。。
スポスポ収まってましたから、ボールが。

チアゴは割とでのゴールも多いことですし、決して頭一辺倒の選手ではないと思うのです。
だから、チアゴがいても「足元からの繋ぎの攻め」というのも見せていただきたいところです。きっとできるはず!!

Edit | Reply | 

ちょびっと  2012, 03. 28 [Wed] 18:47

文字色

いつも楽しみに読ませて頂いております。今更なのですが、やはり携帯からだと黄色は読みにくいので、他の色にしていただけないでしょうか?

Edit | Reply | 

ZeroFagi  2012, 03. 29 [Thu] 23:47

No title

>tkoさん

川又ほんとよかったですねえ!
スペースがある状況だったから、あれが狭くなってどうか?というのはあるにせよあのポストプレイは嬉しかった。あんなにうまいとは・・・

そうそう、チアゴの足にもっとつけてもいいと思うんですよね。
なにも頭じゃなくてもいい。むしろ足のほうがいいかもしれない。

Edit | Reply | 

ZeroFagi  2012, 03. 29 [Thu] 23:49

No title

>ちょびっとさん

はじめまして、こんばんは。
了解しました!ちょっと文字色はあきらめようかなあと思っています。
スマホは問題なくなったと思うんですが、普通のケータイだと背景を白からかえれないんですよね。見難くてすみません;

Edit | Reply |