J2 第6節 徳島vs岡山 プレビュー

ようやく今年初勝利!
強豪山形をホームで下し、次なる相手はこちらも強豪徳島。
出遅れた感が否めない第1クールですからここは連勝で波に乗りたいところ。
自分は第一クールの山場はココ、徳島戦だな!と感じています。


<両チームのフォーメーション>

vs徳島(A)プレ
徳島は4-4-2 (メンバーはテキトーです)

<対戦相手について>

徳島といえば昨季最終節、ホームゲームで撃破し昇格をストップした相手として印象深い相手でもあるが、最終的な順位は4位と実力の高さを示したシーズン。6位まで可能性の広がった今季は下馬評でも上位に押す人が多く、J2においては指折りの強豪に違いないだろう。
が、しかし・・・


正直、今の徳島はかなりヤバいと見ている


徳島関連で観れた試合は、開幕戦のアウェイ北九州戦、そして前節のアウェイ千葉戦の2試合だが、
どちらもパッとしない内容で、強さを感じる内容ではまるでなかった。
攻撃はシンプルにFWに蹴り込んで落としを拾ってという攻めを軸に、時折繋ぎも見せる。
しかし、全体的に各人の個人技頼みの印象が強く、組織で崩すといった意識はさほど感じず迫力に欠けることも。(昨季もそんなとこあったけどね)
守備はもう・・・残念すぎる状態と言わざるを得ないだろう。
開幕から4試合経過した千葉戦では幾分修正の気配を感じなくもなかったが、前半は千葉のパス回しに前6枚のDFが振り回されまんまといいサッカーをさせてしまい2失点。
このチームも水戸のように4-4の守備ブロックを敷く形で守るのだが、いかんせん前線のFW2枚・ブロック前列の4枚、この6枚のエリアが驚くほどヌルい。
プレッシャーが緩い分、ボールを回したいチームはスイスイ回せてしまうという・・・
開幕戦の北九州戦の前半では、ハーフライン周辺でボールを受けた相手に対してなにもせずに棒立ちで見送り、ゴール前まで運ばれてしまうという信じがたい光景すらあったほど・・・
うーん、組織的な守備の約束事の浸透が不十分で試合の中でどう動くか?という部分が整理されていないのかもしれない。しかし、そんな最悪の状態でもカウンターで北九州を沈め勝利しているあたりはさすがというべきか。
そういう底力はファジも大いに見習わなければならない点だろう、油断は禁物。


<見所>

ということで、ファジのボール回しはかなり生きるはずと予想。

徳島がこの試合でこれまでと大差ない状態ならば、こちらが主導権を握りゲームを支配するというような展開もありえない話ではないと思う。いや、いかに徳島相手とはいえあの状態ならそうでなくては困る。
ファジのボール回しはもはや下位チームの拙いそれの粋を出ていると思うし、相手のカウンターも鋭くはない。
4-4ブロックは水戸戦以来の対戦となるが、
今度こそ勇気を持ってボールと人を動かし圧倒して欲しいと思う。
流れの中で2点とって勝った山形戦だったが、それで得点力不足が解消したとはいえない。やはりコンスタントに得点できるようにならねば、成績は落ち着かないだろう。
ということで、そろそろセットプレイからの得点が欲しい!5試合でFK・CKからの得点0というのは、これはこれで大問題。特にDF陣の一発に期待したい。
ジオゴ・津田・鈴木と、前線には屈強で一人でも仕事の出来る選手がいるだけに、長いボールが入った後の対応や、3バック脇のスペースに流れた後の対応は冷静に処理したい。なにかの拍子に一発で決めきれる選手がそろっているので、ハードワーク・2ndボールのところで絶対譲らない。前節、前々節のようなファイトをもう一度。
徳島のようなオーソドックスな4-4-2はファジの布陣では最もやりやすい相手だと思う。いい要素はそろってる。
ここは勝たないとダメでしょう!



勝つべきときにことごとく勝てなかったのが昨季。
勝つべきときに勝つチームになれるかどうか?ここは勝負!


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0