図解で見る!サイドアタックと、4バック・3バック

徳島戦、サイドすごくよかったですよね!
あんなにダイナミックな攻めを見ると、つくづくこのフォメの醍醐味だよなぁ~と思っちゃう。
今回の図解シリーズは、以前の『図解で見る!ファジのサイド攻撃 右左』と重複する部分もあるんですが、徳島戦で見られた大きなサイドチェンジからのサイドアタックを見ていくてすと。
おまけに前の図解で盛り込めなかった4-4ブロックについても冒頭でさらっと触れておきますよ。


◎4-4の守備ブロックとは

では、さっそく4-4守備ブロックを図にしてみましょう。

4-4ブロック

徳島のようなオーソドックスな4-4-2のチームが相手だと、このようにゴールとボールの間に2本のラインで立ちふさがる守備をしてくることがありますよね。
今年対戦したなかで典型的だったのは水戸で、その連動して動くさまにはある種の美しさすらあったほどでした。
このように2本のラインであたかも網を張っているかのように守る守備を「守備ブロック」といいます。

こいつはなかなかやっかいな守備で崩すのが難しいんですが、特筆すべき点は、
2本のラインの間(網のど真ん中)でボールを受けて仕事することはめちゃムズい
ってことです。

なぜならば、周囲は必然的に敵だらけですから速攻で潰しにかかられるし、おまけにそのカバーも余裕でできちゃう。ここでボールを受けること=相手のハイプレッシャーの魔窟に飛び込んでいくようなもんなので、並みの選手じゃまったくムリゲーというわけです。いまやこういうブロックの中でも仕事が出来る選手はどこの国でも引っ張りだこで、トップ下の概念を変えてしまった一因がここにあるようです。

これは推測ですけど、何故この守備が「ブロック守備」と呼ばれるのか?
それは、この守備の連動して動く機能性にあるんかなぁと思うんですね。

図では赤線で示してますが、
この「ブロック」はボールがある位置を基準に四方八方へスライドすることで、相手の進行を阻みます。
その際に大事なのは、選手間の距離が保たれること。
この図であれば8人が共通の意識を持って、右なら右に、左なら左に塊そのままズレる。
もし誰かが連動できずに遅れるとそこだけポッカリ隙間が出来てしまいますから、まさに網の目に穴が開いちゃうわけですね。

と、ここまでがブロック守備について。
少し次の話への補足をしておくと、徳島はウチとの試合で厳しいプレッシングを仕掛けてきましたよね。
そのプレッシングに大事なことは「コンパクトさ」で、上記のブロック守備にあったように選手間が空きすぎず、守る側の選手と選手が近い距離を保たないと、連続的にプレスがかからなくなってしまいます。
ちょっと回りくどい前置きになっちゃいましたが、

徳島はボールサイドに寄せる守備だった

ということだけ覚えておいてください。


◎ファジのサイドチェンジvs4バック

さあ、それでは本題にはいっていきましょう。徳島戦61分のシーン。
先に経過を説明しておくと、
左サイド服部から降りてきたミンキュンへ、その落としを関戸へ。
関戸が寄せてきた2人をいなして、中央のレンへという繋ぎでした。
その間、ケータがタイミングを見てオーバーラップしDFを引っ張っています。(先生の代わりにってとこですね)
図で見てみましょう。

            右サイドアタック!

まず注目してほしいのが黄色で囲った部分、ボールサイドの人数の対比。

徳島が(ミンキュンにつり出された)CB・ボランチ2枚・右SB・右SHの計5枚。
これに対しファジは、ミンキュン・関戸・ケータのたった3枚。
5vs3の圧倒的数的不利ですよね。まさに徳島はボールサイドに人数をかけて奪取したいところです。
ファジとすれば2枚も人が足りずこのまま左サイド突破は難しい。出来てもすぐストップされそうな難しいシーン。

ですが、裏を返せば左サイドにおいてたった3枚で5枚引き付けたと見ることも出来ます。2枚も儲けてる!

疲れて寄せがヌルかったこともありますが、2枚に寄せられても冷静にキープし中央につないで見せた関戸のプレーは隠れた超GJプレーでした。徳島がかけた数を無駄にしてやったわけですからね。
ボランチ2枚も突っ込んだのに関戸にいなされてしまったので、中央のレンがおもくそドフリーです。

フラグがビンビンに立っちゃってるじゃないか・・・

一連の左サイドでのキープの間、一人ポツーンと右サイドで狙っていたのがサワ。
ココが一番ミソなんですが、

徳島が全体的に左に寄せたので、必然的に右はガラガラ状態ですね。

これはコンパクトにすることを前提にした守備をしていた徳島にとっては不可避な現象だわ・・・
ケンゴがドッシリと中央のポジションに構えているから、付いているCBと左SBの2枚を引き付けています。
ボールがオープンになってる(ボール保持者がフリー)から、いいパスに合わせてFWが!もありえますからね。
そして、左SHはサワを見るにはあまりにも遠いポジションに過ぎる・・・
サワは展開を読んでいるので、関戸からレンに出そうだなというところで、猛然と前進を開始し、右サイド深くへと進入します。ところが、相手SB・SHはこの動きにまったく無防備でした。

結局、レンから左SB・左SHの間を越えるような高いボールが右サイド深くに打ち込まれ、サワへのビルドアップは大成功!というシーンでしたね。その後結局クロスから服部のヘッドもGK真正面という決定機まで行くことができました。

ということで、見事なサイドアタックを出せたよねっていうシーンですが、
ちょっと見かたを変えて、「じゃどうやってこのシーンを抑えるのか?」と考えてみると、なかなか難しいなと思いますね。特に4バックだと難しい。

一つのアイデアとしては左SHにマンマーク気味にサワを見させる。これが現実的かなぁ。
左SBは・・・ムリだろうなぁ。ケンゴにCBが一枚付いててボールがしかもオープンだからスルーパスなり、足元へのパスなりでケンゴにペナ内に持ち込まれる可能性はかなり高い、ちょっとリスクが高いなと。
もし、ボールがあんな位置でオープンになっていなければ、ちょっとバックラインから離れてSBがサワを見るようにすることは可能です。実際山形はそうやってましたし。


となるとこういうケースで4バックで守ろうとすると、

SHがこちらのWBを見るようにするしかないんでは?

と見ています。

もし相手のSHが守備をサボる選手だったら、高い確率でファジのサイドはSBとWBの1on1の形を作れます。しかも高い位置で。だからこそ石原のような選手がスピードでブチぬく重要性が増してきていると。ちょうど広島のミキッチみたいにね。そこでSBぬいてペナ入ったらゴール量産できるよマジでという話。
ちょっとまとめておきますね。


・(ブロック守備含む)4バック相手にファジのサイド密集地帯からの大きなサイドチェンジは有効
・コンパクトにすればするほど逆サイドにスペースが出来、そこへアクセスしやすい位置にWBがいる
・相手SHが守備をサボれば、高確率でSBvsWBの1on1が作れる


ということです。
それでは最後にこれが3バック相手だとどうか?というのを見ておきます。


◎ファジのサイドチェンジvs3バック

上図とまったく同じような配置で、相手を3バックに置き換えてみました。(しれっと富山カラー笑)

            右VS3バック

これまでの話を踏まえると、違いが一目瞭然ですよね。
お分かりだと思いますが、3バックが相手だと必ずサイドでこちらのワイドと相手のワイドがタイマン状態です。
黄色で囲った部分、サワと左WBががっぷり四つですよね。これは難しい。
相手の警戒の仕方にもよりますが、出すレンにしろ受けるサワにしろ相手WBの存在には配慮しなければなりません。

仮に相手のWBが用心深くサイドチェンジ読んで、サワにべったりマークに付いたとしましょう。
するとサワがどんだけ上がっていっても相手は付いていきますから、レン→サワのパスコース自体が消滅します。
4バックと3バック、相手によってサイドアタックの難易度はこのように違うわけです。


開幕戦の富山さん、北Q、大分と、ここまでですでに3バックを3チーム相手にしてます。
上記のようなことを念頭において試合を見ていましたが、
千明の不在の影響によるサイドチェンジの機能不全を差し引いても、あまり効果的に出せなかったよなぁという印象ですね。やはりファジのサイドチェンジは警戒されてます。これは間違いない。
徳島戦ではっきり分かったようにこの攻めはファジの攻め手の大きな柱の一つなのでうまく生かしたいところですが、相手もすでにわかっているので3バックのチーム相手ではなかなかやすやすとやらせてもらえないなと。

しかし光明もあって、大分戦はなんとこのようなサイドチェンジ0本!でゲームを支配してたんですよねファジ。
大きな攻め手をまるまる一個放棄したまま戦って、支配した。この事実は大変勇気付けてくれました。
これならば、3バック相手でもサイドチェンジ封じられても戦えるってことを証明して見せたわけですからね。
残念ながら試合には負けましたが素晴らしい試合でした。


長々としゃべってきましたが、
試合中、ついついアツくなってボール周辺に目が行っちゃうところですが、ボールとは逆のサイド。
ここで静かな戦いを演じている選手たちがいるんだというようなことが伝われば幸いです。
WBに入る選手のタイプによって待ち方が違っていたり、実に面白い!
ボールのないところで各人がどう動いているのか?何を考えているのか?その辺注意して今後も観戦していきたいなぁとさらにハマっているところです。
このサイドチェンジがどう進化していくか期待したいですね!


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0