J2 第8節 千葉 vs 岡山 プレビュー

さあ明日はフクアリに乗り込んでの千葉戦ですね!
チームの状態はまぁまぁというところかなと思いますが、山形・徳島・松本と3連勝を達成。
4連勝・・・・といきたいところですが、大事なのはあくまでファジが出来ることをちゃんとゲームの中でやること。
それで結果もついてくるならなおよし!という構えでこの試合を迎えたいなと思います。


<両チームのフォーメーション>

vs千葉(A)プレ
千葉は4-2-3-1

<対戦相手について>

千葉に関しては5節の徳島戦、前節の水戸戦の2試合をみているのだけれど、徳島戦に関しては徳島の守備があまりにも悪すぎて千葉のやりたい放題だったためすこし差し引いてみる必要があるかなぁと感じている。
しかし、前節の水戸戦では水戸の見事な守備に相当手を焼き、苦しみながら勝利した分千葉のチームのイメージが多少つかめたように思う。
この試合、千葉は上手くいっていなかった。
というのも、しっかりと繋ぐことに固執しすぎて水戸の守備のキツさをボランチのあたりで交わせず、結局前線まで有効なボールが入らない状態で、どうにもうまくいかんなぁと。それほど、水戸の守備が良かったということなんだけど、この点はファジにおいてもおいに参考とすべき点だと思う。
で、うまくいかないなぁというときに千葉で頼りになるのは誰なんだ!?というと、


やっぱ深井なんだなぁ。


千葉は右サイドについこの前までバリバリセリエAでやっていたレジナルド、その後ろに五輪代表大岩と傑出したタレントをそろえていて実に派手なんだけど、結局上手くいかないときに頼るのは左サイド、深井の存在感なんだなぁと感じた試合だった。実際決勝点も深井のクロスが基点となっていて、このチームに置ける存在の大きさを証明していたように思う。
これはYahoo!スポーツのプレビューからの引用なんだが、千葉のホットゾーンをペタリ。
攻撃方向は下から上。
(ホットゾーン=ボール接触数の多さを濃淡で表現したもの)

                        千葉ホットゾーン

と、データの上で見てみても、「千葉は左サイドが割と得意」なのかもしれない。
深井に仕事をさせてはいけない。最重要人物であると見る。


<見所>

ということで、注目は左サイド!
・・・・といいたいところなんだけど、正直右もヤバい。というかいろいろヤバい。
もう早くJ1行ってくれよ(笑)というメンバーの豪華さで各ポジションにはJ2でも指折りの戦力がそろう。まぁJ2にセリエAの選手ひっぱってくんじゃないよ!と文句の一つも言ってやりたいところですわ(笑)
J2では間違いなくビッグクラブ。いいじゃないか、デカい敵のほうが勝ったときの嬉しさも大きい。
ポゼッションを譲って、凌ぐ時間帯も多くなるだろうが、なるたけ数的不利を作らない丁寧な守備でしっかり跳ね返したいところ。ボランチのところへ入るボールをしっかりケアして相手にリズムを与えない守備をここでも展開したい。おそらく初先発となるだろう篠原には期待。昨季に見せてくれた冷静な守備・つなぎのパス。あれからどのようにポジションを理解し向上してきたか?きつい相手ではあるが臆せず見せて欲しいと思う。

個人的には、千葉にハイライン・ハイプレスに出てきてくれたら面白いなぁと思っている。
ハイプレスというと、FWからDFまでコンパクトにして狭いエリアに人を密集させ継続的にプレスをかけていくことが求められるが、この守備こそファジの持ち味となっているボール回しに真っ向から挑戦してくるタイプの守備だからだ。相手がハイプレスに出てくることはすなわち、

「オマエラのボール回しがどんなもんか試してやるよ!」

ってなもんで、実際徳島戦の前半はまったくなすすべなしに終わってしまったのは記憶に新しい。
もちろん風の影響もあったけれどね。
ハイプレスをかわしてつなぎきって、攻めにかかることが出来れば本物だ。
しっかり自分たちのらしさを試し、通用させ、そして勝つ。これが出来ればまたファジは化ける!マジでそう思う。
千葉もまだチームとしていろいろ詰めていくさなかにある印象であったし、前半0でいければ有利なのはこっちだ。
相手だってファジは嫌な相手だからね、流れで点入らないチームだから。ゲーム展開を味方につければ絶対に勝ち目が出てくる。原点の堅守を頼りにしつつ、持ち味をしっかり出して勝とう。
今年のチームはどこに勝っても不思議じゃない。
もはやそんなチームになっているのだから。4連勝しても驚かないからやっちまいな!


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0