千葉戦のCB陣の起用について思うこと

千葉戦の健闘により、我らが雉軍は貴重な勝点1を持ち帰りダービーを迎えることが出来ました。
録画で観戦する中でしみじみ思ったのですが、サッカーの選手起用そして交代というのはなかなか難しい。
それゆえに、また違った面白さも垣間見れるもんだなぁと。
この試合ではそれが顕著にあらわれていたように思ったんですね。
そこで、今回は現状のCB陣の起用にまつわるむずかしさのお話をしてみたいと思います。


さて、千葉戦プレビューでもレビューでもふれましたが、
やはり左SHに入った深井正樹という選手はやはり危険な選手でしたね。

前半は懸命にボールを引き出さんと裏を狙う動きを見せながらほとんど使ってもらえなかったこともあり目立ったシーンはありませんでした。しかし、後半千葉のやり方が変わりスペースに飛び出す動きやサイドチェンジからの突破における確かなテクニック・なによりスピードは大きな脅威でした。
試合でも何度か危ないシーンを作られてしまいましたね。


で、これは当然ながら試合前から分かっていたわけで。
ファジとしては当然相手のポイントとなる深井に好きにやらせるわけには行かない。
しかし・・・・
あれくらいの選手だと1vs1の局面でストップするにはそれ相応の守備力を持つCBを起用せねばならないだろう。
というわけで、対面する右CBは守備で計算できる選手を置きたいと、影山監督も考えたのではないかなぁと感じました。まずこのことが1点。


もう一つは台所事情の話。
ご承知のように一柳が離脱ししばらく戦列に復帰できない。軽症で済んだのは不幸中の幸いでした。
そして、近藤のあまりにも長い離脱・・・・
しっかりと地力を身につけつつあるこのチームから、こんなにも早く離れねばならない彼の心境を察するに言葉がない・・・・;自分もほんとうにほんとうに残念で;;
スタメンクラスのCBが2枚も離脱してしまったことを受けて、
現状CBのやりくりというのは非常に難しい状況にあると言うほかないでしょう。
ということで、植田・タダシ・そしてもう一枚篠原。
この3人とケータの組み合わせで3枚のCB陣を組まねばならないという現状にあります。
(坂本・岡崎という手がどれほど現実味のあるものか自分には分からんのであくまで出場実績でという事です)


そこでこの試合で篠原がチャンスを得たわけですが、
まず注目したのは篠原をどこで使うのか?ということです。

篠原は昨季2試合(だったかな?)に出場し、トップの試合を経験しています。しかしながら、今季はここまで出場の機会はなしで、この試合が今季の初出場。しかも相手は千葉・・・ですからね。場数を踏んだ選手ならまだしもまだ若くスタメンクラスにはあと一歩という選手を起用するにはかなりハードな環境といえるでしょう。
それならば、出来るだけリスクを軽減したところで送り出したいところですよね。
彼は右利きですし、昨季フルで出た愛媛戦も右CBでの出場でした。
なので、篠原を使うにあたってやりやすさを考えれば右CBで使ってあげたいなぁというところ。
ですが・・・・・

上記のとおり右にはベストなストッパーをぶつけておきたいという事情がある。
つまりそれは後藤圭太を右CBで使うということです。


となれば、センターか左かという話ですが、センターに入るCBには経験のある選手を起用したい。
なぜならば、ラインコントロールの件もありますし、ヤバいときには事前に察知してカバーリングがすんなり出来る必要がある。また純粋なストッパーとしての力量も求められるし、当然高さも必要と・・・・
まーー挙げたらキリないほど求めたい能力は多いわけですよ。
だから一柳・近藤の離脱がなかった時期は基本ケータがセンターで安定してた。
ここに篠原をというのは難しい。
それでは「出来るだけラクな立場で送り出すこと」とぶつかっちゃいますしね。
「・・・するとやっぱ左しかない」ということだったんじゃないかなぁと。

しかし、こうしてみれば竹田忠嗣の存在のありがたみがしみじみ感じられますね。
昨年から指摘してきましたが、ボランチタダシとCBタダシは出せてるプレーの信頼感にかなり開きがあります。
今年の開幕戦でもあったようにどうもボランチではちょくちょくやらかしてしまうタダシですが、CBに入ったときの彼のプレーは派手さはないものの実に堅実で冷静なプレーが楽しめる。
まだ今年は出すチャンスがあまりありませんが、彼はCBとしてみると十分な足元とタテパスを持ってます。
これは推測ですが、昨年イリアンがセンターの1番手で、もともとそのバックアッパーにと考えられていたのはケータではなくタダシだったんじゃないかな?と思ってました。その後のケータの成長はご存知のとおり。

しかしこうしてタダシがセンターで計算できることが、
地味にファジのCBのやりくりを相当助けていることは間違いない。ケータを右や左にぶつけるオプションが実現しているのもタダシあればこそなわけですから。
ということで、千葉戦は右にケータ・センターにタダシ・左に篠原で臨むことになりました。

まず、ケータの右CB起用は大成功でしたね。
本当に今季のケータのパフォーマンスは驚きに満ちているとしか言いようがない。ポイントゲッター深井を相手に回し、見事なストップを幾度となく見せ、前線までオーバーラップして見せた活躍は大満足。
本当に今年の彼からは目が離せません。


そして、タダシのセンター起用も予想どうりのよい出来でした。
不用意に裏を取られたりすることもなく、棄権を察知してポジションを離れカバーに行って潰す。
およそセンターに求めたい仕事をきっちりこなしてくれました。


最後に篠原の左CB起用。
・・・・・ちょっと厳しかったかなというのが正直な感想です。
前半はこちらの守備がハマってほとんど危険はありませんでしたが、後半は疲れや緊張もあったことでしょう徐々にミスが目立ち始め、あのままやらせていればいずれ突破されていた可能性は大きかったと見ました。
結局後半16分に植田と交代し、早めに影山監督が修正をかけたので大事には至りませんでしたが、ここでCB同士の交代を余儀なくされた分疲労の目立っていたWB・シャドー・CFの運動量の多いポジションの交代にスムーズさを欠いてしまった感は否めない。まーーーでもしゃーない、本当にやむを得ない交代ですからねえ。

しかし、篠原を責める気にもなれません。
なにしろ彼が直面している選手はレジナルド。セリエAの選手ですからね・・そりゃ疲弊もしようというものです。
おまけに明らかに左足でボールを扱えないことが繋ぎの部分で冷静さを削いでいたようにも見えた。
経験豊富な近藤ならまだしも、まだ若い篠原に利き足と逆のサイドで普段どおりやれというのも若干ムリのある話だったかなぁという気がしています。
しかし、起用した影山監督もこれまた責めれない・・・。
現状こういう手駒でなんとかやりくりせねばならないわけですしねえ。
ともかく0で抑えられたことは勝点1以上の意味を今後にもたらしてくれそうな予感。
こうして破綻することなく篠原をゲームに入れられた。植田のパフォーマンスが戻ってくればまた左に植田を据え、右に篠原というメドもたった。右であれば篠原ももっともっとよい仕事ができるのは間違いないですしね。
勝ちも見えた試合だっただけに悔しさもなくはないですが、右も左も強力という反則的なメンツをそろえる千葉相手ということを考えたら十分満足いくドローでした。
なんとか今後のやりくりに可能性を広げられた試合でもありましたしね。


ケータやタダシがケガで離脱・・・とか考えたくもないですが、一柳・近藤の離脱のように時にサッカーの神様は時に残酷な所業をなさる。可能性がないわけじゃないので、篠原をはじめスタメンクラスに手の届かなかった選手たちの奮起には大いに期待しましょう。離脱者の帰ってくる場所を奪うくらいの活躍を。
それがプロの世界。
選手たちはそういうリスクをしょってやっているのだから、そこに対してリスペクトを欠かすわけにはいかんなと改めて感じているところです。


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 6

もそ  2012, 04. 17 [Tue] 08:25

選手起用

はじめてコメントします。
詳しい分析いつも楽しみに読まさせてもらってます。
自分はサッカー見始めて半年くらいですが、サッカーは選手起用ひとつでがらっとかわる、監督の影響が非常に大きいスポーツに思えました。千葉の試合は篠原がパスミスを良くしてていつ失点するか、という感じだったけど今後を考えるとレギュラー未満の選手も少しずつ出していく必要があって、監督の選手起用の大変さを感じました。
勝ちはじめてから、チームとしてやりたいことがはっきりしてるようにみえて、影山監督頑張ってますね。次の試合楽しみです。
ゼロファジさんも応援してます。

Edit | Reply | 

ZeroFagi  2012, 04. 18 [Wed] 17:56

No title

>もそさん

ようこそいらっしゃいました、よろしくお願いします!
おっしゃるとおりで、選手の起用そして交代というのがけっこう流れを変えるスポーツですよね。
サッカーは特に。
交代枠が3つしかないしケガ人が出たら代えないといけないからそこも考えてやらねばならないと。監督の交代采配がゲームに及ぼす影響は小さくない。
昨年は春から苦しんで苦しんでチームを作ってきましたからね、その苦しんだ分しっかり今年で逆襲したいところです。
応援ありがとうございます!

Edit | Reply | 

tko  2012, 04. 19 [Thu] 02:20

No title

こんにちわ。
そう、近藤&一柳の離脱は厳しい。。。
(サイン会でサインもらえるメリットあるけど)

右CBとしては、澤口も見てみたい気もします。
4バック時代は右のSBだったわけで。
澤口を下げることで、右WBに石原をスタメンで、というチョイスもあるかと。
純粋なDFとして、しばらく実戦経験がない気もするので、ラインコントロールに不安がある気もしますが。

Edit | Reply | 

ZeroFagi  2012, 04. 20 [Fri] 22:09

No title

>tkoさん

こんばんは~。
右CBにサワという起用、確かキャンプかどこかで試されてましたね。
実戦でどうか?と考えると、ちょっとストッパーとしての強度的にキツイかなぁと思いますね。
しかし、サワの前に石原というのはワクワクします!ちょっと見てみたいですね!

Edit | Reply | 

株の投資の初心者  2012, 05. 20 [Sun] 17:25

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

Edit | Reply | 

ZeroFagi  2012, 05. 24 [Thu] 17:04

No title

> 株の投資の初心者さん

返信遅れ申し訳ありませんでした。
今後ともよろしくおねがいします!

Edit | Reply |