ミラーマッチで浮かび上がる今 J2 第10節 熊本 vs 岡山

さあ、連戦がスタートですね!
興行的な面を視野に入れての過密日程でしょうが、中2日という信じがたいペースで試合をこなしていかなければなりません。勝点を増やしていくことも大事ですが、選手の消耗にも十分に注意したいところ。
もうケガだけはいやよ(´;ω;`)ブワッ

※連戦でプレビューが間に合わなかったり、録画を何度も見直すことができないために、レビューが駆け足で書いたものになる場合もあるかと思います。出来るだけがんばっていこうと思いますが、どうかそのあたりご容赦くださいませ。いつもお越しくださりありがとうございますm(_ _)m

<スタメン>

vs熊本(A)

<結果>

熊本 0-0 岡山


◎前後半を通じて


ざっくり試合を振り返ってみると、
この試合、熊本が今季ベストといえる立ち上がりから、マンマーク気味にファジの攻撃をブロックし守りおおせた前半。前半我慢の展開でなかなか持ち味が出せなかったファジが、後半寄せが遅れ出した熊本の守備の人と人の間に入るポジショニングを生かして支配した後半という感じでしょうかね。

どちらにも決定機があり、どちらも決められず・・・スコアレスドローという結果になりましたが、
内実を考えると守備は互角としても、攻撃の内容ではこちらのほうにやや深みがあり、ウチのゲームだったのにドローで勝点2を取りそこなったと受け取れないこともない。
ですが、スコアレスドローは(まだ現時点では)やっぱ銀メダルだよと個人的には満足でした。


◎ミラーマッチとは?


こちらもあちらも3-4-2-1ということで、バチバチ火花が飛ぶようなone on oneがボールサイドでもボールのないサイドでも起こるといった非常に見ごたえのあるミラーマッチだったと思います。特に前半は楽しかった!
「ミラーマッチ」とか「マッチアップゲーム」というサッカー用語に不慣れな方もおられるかと思います。
とてもよい機会だと思いますので、ちょっと図でやってみます。

ミラーマッチ

各ポジションのマッチアップを薄い丸で囲ってみましたが、こうしてみると一目瞭然。
FW3枚⇔DF3枚、WB2枚⇔WB2枚、ボランチ2枚⇔ボランチ2枚
というように、「誰が誰を見るのか?」とてもクリアになるのが特徴です。
まるで鏡写しのようになるのでミラーマッチというのでしょうね。
で、こういうミラーマッチで各所で1vs1になりがちだということに加え、熊本の高木監督が試合後明かしたように、熊本が「マンツー気味で守備していいよ」と言い渡されていたことがこの傾向をより強めていました。


◎ミラーマッチで浮かび上がる個


じゃあ、ミラーマッチではどういうことがクローズアップされてくるのか?といえば、
1vs1の状況下における個人の実力、あるいはコンビネーションの錬度です。
当然、ボール持てばそこへ人がついてきますし、
ボールホルダーを追い越していくフリーマンにもマークが付いていますから(実質フリーマンではない)、
ファジとしてはCBが上がったり、シャドーが流れたりして小さな局面で数的有利を作るのが難しいために、いつもどうりの攻撃がなかなか出しずらい状況にありました。熊本の気迫もすごかったですがね。
またボールを持ったときに、
「プレッシャーを受けながら何が出来るのか?」いわゆる個の力ってやつが試される展開で・・・・・

もう去年の姿を探してもどこにもないですね・・・・ホントみんな上手くなった。

誰もおびえたようにプレーしない。無理なときは蹴り、いけるときは繋ぐ。
お家芸のサイドチェンジですら、WBがマークされてても通してみせると、逞しさをしみじみ感じました。
ミンキュンまた3人抜いてたぜ・・・・どうなっとるんだあいつは・・・・
ドリブルの調子がいいとは聞いていたけど、J2ではもう止めれんね。すごいよほんと。

合流した時点でミンキュンがチーム一上手い選手だったと思うんです特に前目の選手では。
そのミンキュンの口から、
「岡山はうまくなった」という発言が出てましたが、ミンキュンが言うならそうでしょうとうなずける。
というのも周囲より高いレベルにあって、下からチームメイトがその差を詰めてくるのを感じることの出来る位置にいた選手ですからね。


◎酷な先発デビューとなった岡崎


このように、ファジの個人個人の「今」を反映するような内容となった前半。
いまいち乗れなかった感の残ったのが先発デビューとなった岡崎でしたね。

他の選手はプレッシャー下にあってもやりづらさもある中で持ち味を発揮できてましたが、その水準にちょっと届かなかったかなぁという印象を受けました。・・・・・まぁこりゃしゃーないよ。まだ2戦しか出てないもの。
「ミラーマッチ」・「マンツーマン」の呪縛がなく、もう少し周囲にスペースがある展開ならばまだまだ出来るはずですが、さすがに初先発・初アウェー・トップでは初シャドーと初物尽くしの中ですからね。
そういった面を考慮するとちょっと酷な展開でした。しかし、これでいいんです!
練習ではトップの選手(=J2の選手)の中でやっているわけですが、試合はまた別。
この試合の前半で「何が足りないか?」彼の中で新しいモノサシが手に入ったならば収穫ありですよ。
そう願ってます。いつか彼の力がチームに必要になるときがくる。特に夏あたりはチャンスです。

と、いうことで後半関戸と交代。
・・・・しかしこうしてみると関戸のゴールデンルーキーっぷりを実感しますね。初ゴールまだかな。


◎J1経験者同士!美技の応酬守護神の対決


熊本のGKは南雄太。ヨシカツ-セイゴーの後は彼ではないか?といわれたこともある素晴らしいGK。
ファジのGKは中林洋次。躍進する広島でゴールマウスを守り、今季はやくも"神林"とも呼ばれる頼れる守護神。
ガチで向き合ったのはフィールドプレイヤーだけではなかった。
この傑出したGKの対決は非常に見ごたえありましたね!J2屈指の守護神たちじゃないでしょうか。
ともに決定機をセーブしていましたが、ウッズが持ち前のシュートストップを見せれば、
南は危ないシュートを「切れる」と読みきって、あえて触らずゴールラインに流す冷静さを見せる。
そして、正確なフィードでカウンターをお膳立て、と・・・・感動した。
やはりいいGKのいるチーム同士の試合は締まる。
また時間が出来たらウッズのすごさ、昨年とどう違うか?についてまとめてみたいと思います。


と、いうことで駆け足かつザックリでしたが試合を振り返ってみました。
はからずも高木監督がこのような守備で出てきてくれたことで、


ファジの選手の個人の実力、あるいはチームとしての実力が浮かび上がるようなゲーム


になったのではないかな?と思います。
なんか知らんうちにめっちゃ堅守という守備を軸に置き、相手よりボールを持ち、サイドを上手く使う攻撃。
やられはしないがやれもしない、というファジの現在位置がハッキリした試合だったかもしれませんね。
まーー「サポとしては負けはしないが勝ても・・・うーむ。」
という展開が今年は続くと思います。
しかし、こんなにも贅沢なチャレンジではありませんか。最終的に上から6番目にはいりゃいいんです。
ここからどうなっていくのか?まだまだチームは成長段階。
いまは焦って結果を求めずじっくり構えましょうや。

これが今のファジアーノ。
もう2枚ほどカラを破れたら、もしかしたらサポの想像のおよびも付かぬ結果が残るかもしれない。
なぜなら切符はもうすでに半分手にしている。これで一試合平均失点が0.7。10試合終了時点でリーグ3位です。
ここからの影山監督の手腕に期待しましょう。もしここに攻撃力が乗っかれば・・・ウフフです。
さあ、もうあさってには草津戦。GW中の絶好機です。
たくさんのサポで後押ししてこの厳しすぎる連戦を乗り切る後押しをしましょーや!

↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 2

みかんこ  2012, 04. 28 [Sat] 23:52

No title

本当に今年のJ2トップの二人(しかも二人とも調子いいし)の活躍が目立った試合でした。
どちらもJ1で十分正ゴール張れる力持ってるから、得点はキツイと思ってたけど・・ホントに
スコアレスドロー・・・
試合観ててもウッズは09年の状態にほぼ、戻ってきてるし(守備範囲や足技は成長したかも)
これからも期待できますよ。あとは・・ヒザや手首の古傷が傷まないかですね、心配なのは。
(二年間サブだったし大丈夫とは思うけど・・)

Edit | Reply | 

ZeroFagi  2012, 05. 02 [Wed] 23:00

No title

>みかんこさん

どうもこんばんは。
おお・・・!みかんこさんがおっしゃるなら・・・!
ウッズすごいです。特にキャッチングのレベルがやっぱ違いますよほんと。
昨年まではハイボールをパンチングで逃れるシーンが多かったので、なかんかプレーが切れずにマイボにならなかったんですよね。
ケガだけは心配・・・なんとか無事に今季過ごして欲しいです。

Edit | Reply |