ほんとお疲れ様でした J2 第12節 横浜FC vs 岡山

今回はちょっと時間に余裕がないので駆け足でのレビューとなることをお許しください。
GWなのにめちゃめちゃ忙しくて時間がなかなかとれない;
さすがに中2日ってのははんぱじゃないな・・・と感じておりますです。

<スタメン>

vs横浜(A)

<結果>

横浜 0-1 岡山

◎前後半を通じて

7戦無敗で迎えたこの試合、レンが累積で欠場、連戦の疲労も考慮してか2シャドーに桑田・中野を据え、ボランチにはサワ。右WBに石原を置いてスタート。
スタメンを読むのが難しい今年のファジですが、このシャドーの起用はかなり意外でしたね。
ファジはいつものサイドチェンジを駆使したサイドアタックで好機を演出すれば、横浜は田原・大久保のツインタワーへロングボールを当てる作戦を軸に細かいポストプレイを織り交ぜながらの攻め。
ポゼッションは横浜に譲ったものの、要所要所でツインタワーへとのぶつかり合いに負けず踏ん張ったファジ。
お互いチャンスをつかめないまま0-0で前半を折り返す。
後半、ファジはミンキュンを投入しいまいち時間を作れない傾向にあった前線を活性化。
右サイドからケンゴへのクロスもわずかにそれなどチャンスを掴み始める。
すると、67分。
田所から素晴らしいアーリークロスが上がり、ケンゴがうまくCBの間を取って決勝ヘッド!
その後カイオを投入し前線の圧力を高めてきた横浜をいなして逃げ切り2連勝。これで実に8戦負けなし!
いやーーまじで負けないわファジ。なんか点取られそうな気配がほんとしなくなってきたよね。


◎サワ-千明のダブルボランチ

レンが欠場ってことで、サワがやはり先発し千明とダブルボランチを組んだこの試合。
スタメン見たとき「あ、これは問題なさそうだな」と思ったんですが、やっぱ問題はなかったですね!
レン-サワで組んでいたときにもサワのフィット感はまずまずでしたし、
今回は千明が相棒なので、千明が後ろ・前がサワと役割分担もムリがない。
レンが後ろだとちょっともったいないし、千明ほどのバランスにはどうしてもならないんですよね~。
これが今年の開幕してから数試合抱えていたジレンマでした。どうもチグハグっていうね。
ところが、千明が後ろで固定できさえすれば、前のボランチはレンとの差の部分だけの問題になりますしね。
こういう些細な部分でもやっぱ本当に替えがきかないのは千明聖典ではないか?と思ってます。

で、サワのボランチ。
しかも攻撃的なタスクを担う前のボランチとしてのサワ。これすごくよかった・・!
自分も「はーもともとこういう選手だったんだなぁ」と初めてこの試合で感じ取れたんですが、
思ったよりもパスセンスがあってラストパスも出せるんですよ、これは意外でした。
石原からバイタル付近でもらって、右SBの裏を取った石原へリターンのスルーパスで決定機を演出するシーンがあったんですが、あのシーンはお見事だったなぁ・・・。
ああいう点に直結するラストパスはレンはあまり出さないんですよね。その一個手前のパスは絶品なんですが、
どうもそのあたり淡白なところがある。そこが彼の課題だろうかなぁと思ってますが。
あくまでセカンドチョイスのサワのボランチ起用と思いますが、思いのほか効果的でめっちゃ収穫やん!と。
ただ一つだけ懸念があって、普段は右WBで視界180度の住人なので、360度どっからでも敵が来るボランチとの感覚のズレをアジャストできてないのかぁと思うシーンもちょくちょく見かけます。元々ボランチだったそうだし、感覚が戻ればというところでしょうかね。


◎桑中シャドーで浮かぶ問題


で、対照的にうーーんとなってしまったのが、シャドーだったかなぁと。
自分は桑田にしろ中野にしろ、高いところで使ってもらいたいタイプの選手だと思うんですね。
で、逆に人を使っていきたいタイプがミンキュン・関戸だと。
1トップのケンゴはあまり降りて受けにはきませんし、どちらかのシャドーがボランチとトップの架け橋をやらないとなかなか展開がスムーズにいかないんじゃないかなー?と思っていたんですが、そのあたりがこの試合で見られたように思いましたね。
サワ-千明のところまでは問題なかったけども、そっから先で繋ぎが薄くてどうも前線でボールが収まらない。
なので、後半中野を下げ、ミンキュンを入れて前線でのアクセントおよびボランチ-トップ間を繋ぐっていう影山監督の采配は的確だったなと。
まぁ監督としたら本当は関戸かミンキュンかどっちかはこのゲームでも使いたかったのかなぁ?と思いましたが、関戸が直前で大事をとって欠場しましたしね。
今後その辺の組み合わせの部分注目してみてみると面白いかもしれませんね。


◎厳しすぎる日程とゲームの質


この試合、60分過ぎくらいからでしょうかね両軍もうバテバテでどうにも体が動かないというった感じで運動量が激減してしまいました。当然、この信じがたい日程で進行する連戦の疲れが影響していることは間違いないでしょう。


確かにGW中に試合を詰めたほうが興行的にはよいのかもしれませんが、正直これほんとにいいことなの?という疑問も決して小さくなかったです。


後半は比較的疲労の度合いの少ない選手が活発に動き、連戦の選手はそのスピードについていくのがやっとという感じで、これではゲームの質を保つのはムリじゃないかと思うんです。
お互い同じ条件とはいえ、選手だってどうせやるならよりよいパフォーマンスを発揮できる日程でやりたかろうし、観客だって疲れ切った選手が歯を食いしばって奮闘する姿より生き生きとギリギリまで戦う姿のほうが絶対魅力的だと感じると思うんですよね。ちゅうかケガが心配だよ。


これで2連勝、8戦負けなし、7位まで上昇ともちろん結果はうれしいんです。
が、どっか素直に喜べない喜んじゃいけないような気もした一戦でした。
とにかく、両軍の選手にはほんと「お疲れ様でした、ゆっくり休んでね」とねぎらいの言葉をかけたい気持ち。
とりあえず、岐阜戦の試合前練習の入場の際にはそんな気持ちをこめようと思います。


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 2

みかんこ  2012, 05. 05 [Sat] 01:18

No title

ここまで日程が詰まってたら、疲労もあってか、お互いどうしても、負けないサッカーになってしまいますね。
守備は安定してても、川又の決定力がなかったら、おそらくドローだったかも・・・
そう考えたら、岡山に流れは来てるのかもしれないですね。
この調子でどんどん勝ち点を!!

Edit | Reply | 

ZeroFagi  2012, 05. 08 [Tue] 21:24

Re: No title

> >みかんこさん
>
> 厳しい厳しい日程でしたよね。
> ちょっとつまづいてしまいましたが、いずれ来る物でしたしこっからが勝負!

Edit | Reply |