「勇気」と「自信」と J2 第14節 東京V vs 岡山

8戦無敗が途絶えた岐阜戦。続く相手は昨季アウェイにホームにフルボッコにされた天敵東京V。
連戦明けの試合でもあるし、無敗がストップした次の試合でもあるということで非常に難しい試合となるであろうと予想された試合でしたよね。
昨季は"遊ばれてしまった"感すらあった相手ではありますが、今年のファジならばあるいはという期待感もある。
ファジの現在地を推し量るには最高の相手だったと思います。
ある意味今後のファジを占う上で最も大事な試合だった。そう思いましたね。


<スタメン>

vs東京V (A)


<結果>

東京V 0-1 岡山


◎前後半を通じて

ヴェルディの技術力の高さ・個人能力の高さ、そういった攻撃力をリスペクトしてファジはしっかり自軍に引き、まず失点しない構えで迎えた前半。これに対しヴェルディは右サイドを中心に攻撃を展開し、時折長めの浮玉をつかって裏でFWに合わせる攻撃を織り交ぜる。
守るファジ・攻めるヴェルディという展開が終始前半を支配し、ゲームはファジのコートを中心に進むハーフコートゲームの様相を呈していました。
ヴェルディに圧倒的にボールを握られ、たまに左サイドを突破されるも最終的には人数的な有利さでこれをはねかえし、決定機といえそうなものは0。しかしながら、ファジとて繋ぎの部分でのクオリティを欠きボールをアタッキングサードに運ぶのも一苦労。結局シュート数はわずか1本のみ(ヴェルディは6本)
まあファジとしては前半イーブン通過は悪くない、というところですがやや消極的すぎた感は強かったですね。

ところが後半、ファジは一変する。
間間に入っていくレシーバーを感じてパサーがどんどんパスを打ち込んでいき、緑と緑の間を白いボールとユニが縫うように進んでいく。ヴェルディの運動量が落ちてきたことも相まって、この流れは加速。
ファジのパスサッカーが久しぶりに息を吹き返しだすと立て続けにチャンスを掴みゴールに迫る。
前半とは役を入れ替えたような真逆の展開!

こうなると俄然輝くのがキム・ミンキュンですよ・・・。
もういいでしょう。彼はJ2レベルの選手じゃないと言い切っても。


細かいステップ・独特のリズム、小柄なのに当たり負けしない強靭なフィジカル。
しり上がりに調子を上げてきたミンキュンにヴェルディの選手ですらまるでつかめぬ状態に。

一方、この日あまり調子の良くなかったケンゴ・関戸の同級生コンビ。
ケンゴはプレーの荒さが目立ち、ややブレーキにすらなってしまったし、関戸はキレこそ感じるも判断悪くどうも本調子じゃないなぁという感じでした。
けれど、そういう2人が試合を決めるんだからサッカーってほんと面白いですよね。
自陣セットプレーの跳ね返りをミンキュンが諦めずにケンゴへ繋ぎ、ケンゴから左サイドをオーバーラップしていたケータへ。ケータがワンフェイク入れてマーカーが僅かに距離を置いたところで、DFラインの裏へ浮玉を通すと、走りこんでいたケンゴがGKと1vs1になりかけシュートを匂わせながらこれをヘッドで足元へコントロールし、中へ折り返す。それを詰めていた関戸が決めて、ついに味スタでの決勝点が生まれる。
その後のヴェルディのパワープレーもしのぎきって、昨季の雪辱を果たす。
勝点3を得たことも大きかったけれど、それ以上に今後に向けてとても大きな内容を含んだ勝利だったと思いました。いやーーこんなに早く結果が出てくるとは思わなかった。雉軍再上昇の見通しがこれで立ったな!個人的には今季これまでもっとも大事な勝利じゃないかと。きっとシーズンが終わって振り返ったときに、「あーーあのヴェルディ戦はデカかったよねー」と思えそうな、そんな試合でした。


◎「自信」ということ

この試合、まず注目したのはファジの選手のメンタリティの部分でした。というのも、昨季の2敗(0-4、4-0)ってもう相手の上手さにビビりまくってしまってズルズル下がってはドリブルでつっかけられたり、飛び込んではパスで交わされたりと・・・・まったくもって腰の引けた情けない内容だったと思うんです。
その姿はまさに「弱小チーム」そのものという感じで、カンスタでのブーイングも相当なものでした。
しかし、今季ここまでこのような成績を引っさげて味スタに乗り込んできた。当然自信を深めながらここまで躍進してきたわけで、「昨年からどのように変ったのか?」そこを見比べたかった。
選手の雰囲気からそれを感じ取りたかったんですよね。そしたら・・・

おどおど・・・びくびく・・・・そんな姿はどこにもありませんでした。

前半相手にあれほどポゼッションを取られて押し込まれていても、チームとして怯えたような雰囲気はありませんでしたよね。むしろ、「持たせている」意識。こちらのペースこちらのシナリオでゲームを掴むという雰囲気。
特に守備において顕著に出ていたと思いますが、自分たちのやり方をやり通していけば強豪相手にも十分渡り合えるんだという自信。それをしっかりこの試合でも見せてくれたと思います。
去年は悔しいやら情けないやらでしたが、こうして選手は返してくれた。これがほんと嬉しい。


◎「勇気」と中央への展開

これが本題なんですが、この試合ファジが後半で手に入れたものそれは「勇気」だと思うんですね。
ちょっとこれまでの戦い方・攻め方の話と繋がるところなんですが、
開幕直後は得意のサイドアタックに軽妙なパスワークで、中・外バランスの取れた大変よいサッカーでもってファジは今シーズンをスタートさせたなぁと思っていたんです。
録画消えちゃって見れないんですが、北九州戦なんて内容もスゴかったしそのいい例だったんじゃないかなーと。
あれはめっちゃ楽しい・夢のあるサッカーでした。
しかし、水戸戦あたりから中央をパスワークで崩していくスタイルから徐々に離れていき、それと同時に得意のサイドチェンジをはじめとするサイドアタックに攻撃の比重が偏る傾向が強くなってきた。
思い返してみれば、徳島戦でかなり味をしめちゃった感もしますね。

それで、岐阜戦。レビューでも触れたとおりサイドチェンジは完全に対策されそれまで通じていた攻撃がストップされてしまった。さぁどうするかな・・・と思って見ていたんですが、
やっぱ中には行かない。行っても合わない。
あの試合何度かレンからブロックの中へタテパスはあったんですよね、でも攻撃として体をなしていなかった。
攻撃面はメンツもガラっと変ってもいるし、そもそも守備より構築に時間がかかるのは仕方のないところではありますが、ここまで「サイドありき」のチームになってしまうとそこを抑えられてしまったときどうするんだ?というところ。いつのまにか「中央」を攻めることよりも計算できるサイドへとチームの意識が流れすぎていた。
結果が出ていたのであんまりクローズアップはされませんでしたが、攻撃面においては昨季の秋冬の水準に戻っていなかったということじゃないかなぁと。

ファジがさらに上に行くために、守備は今の水準で全然おkなわけじゃないですかリーグ2位ですからね。守備だけでいえば自動昇格圏内ですもん。となれば攻撃は?となるんですが、サイドサイドのシンプル一辺倒でもう限界が見えた岐阜戦。サイドチェンジが逃げとまでは言えないけれど、安パイばかり切っていても相手も怖くないわけで。

じゃあもう行くしかないでしょう?中央へ。相手が来い!と構えているような難しいところへ、勇気持って入っていくしかない。でなければ攻撃面におけるバリエーションは手に入らないんじゃないかと。


そのチャレンジを一体どこで出してくれるだろうか?早ければ早いほうがいいんだけれど・・・と思ってみたこの試合ですよ。影山監督のコメントがほんと的確で素晴らしいのではっつけときますが、


●影山雅永監督(岡山):
「前半選手たちがピッチ上で、奪ってもボールが動かせない。ヴェルディの選手を相手に自分たちは動かせるんだろうかという疑心暗鬼があったと思うんですよね。そうなるとポジションもとれなくなってしまうという悪循環になってしまったと思うんですよね、前半は。」


強豪に自分たちのボール回しが通じるのか?まだその確信を得られていなかった。
それゆえにポジショニングも勇気持って出来なかったので、出しどころに困ってしまったのが前半だったと。
確かに、前線の選手は孤立ぎみで起点が作れませんでしたし、ビルドアップにも余裕がない前半でした。
守備はやれた。そこは大丈夫だ。けれど、攻撃ではまだ・・・というチームの空気を感じますね。


「後半になってボールを奪った、すぐにポジションを取るというところで、精神的にやらなきゃいけないというところまでいって、そういうメンタリティになると、ポジションがとれる。周りを見てコントロールもしっかりできる。」


後半選手たちは勇気持って中央やっていこうと変化しました。
いざそうしてやってみれば、思うよりも出来る。出来るから周りも動く。そういうよい循環に入った。
でも、それは何故だったのか?何で前半から後半でこうもアグレッシヴに変化できたのか?

「奪うところはできた。そこからどうボールを動かすかのところを、一番トレーニングしているところじゃないかと。そこに対してできないんじゃもったいない。もっともっとできる。そういう子に関しては、勇気と自信をもって動かそうと。って、僕が話す前に、選手たちがロッカールームに入る時にそういう話をしていましたね」

もーーーこれはめっちゃ嬉しかったですよ。
そうか・・・・あの変化は選手たち自身で出してきたものだったんだと。ヴェルディの選手を相手に回して、攻撃のところでも「勇気」を持ってチャレンジしていこう、しなきゃダメだというところまで選手自身が感じて動けた。


なにこれすごいいいチームになってきてない・・・?


シビアな話ですが、ファジは現状では昇格が難しいと思ってます。
順位的には維持も難しいし、上昇はさらに難しい。
当然他のチームの状態も時間とともに上がってきますから、これからは成長力が勝負と見てます。
守備はご覧のとおりでこのチームから2点もとれるチームはほとんどない。だから負けない。
しかし点が取れないと勝ちきれない試合を積み上げてしまって、負けないけど上がれないチームで終わってしまうこともありえるでしょう。それに競ったときに得失点差の兼ね合いも見過ごせない点です。
もろもろの状況を整理してみれば、やはりもっと得点を!という状況なんですよねファジの現在って。
そういう意味で、この試合彼らがやろうと思ったテーマも素晴らしいし、やってみて出来たその自信。これは勝点3
以上の意味を今後にもたらしてくれるんじゃないか?そう思えた試合でした。
ファジ強くなる。これが出来るならもっともっと強くなる。
次も強豪ですが、継続性を持って戦っていってほしいですね。次勝ったらヤバイね(笑)化けちゃうな。


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  まとめtyaiました【「勇気」と「自信」と J2 第14節 東京V vs 岡山】
  • 8戦無敗が途絶えた岐阜戦。続く相手は昨季アウェイにホームにフルボッコにされた天敵東京V。連戦明けの試合でもあるし、無敗がストップした次の試合でもあるということで非常に難しい試合となるであろうと予想された試合でしたよね。昨季は
  • 2012.05.16 (Wed) 05:52 | まとめwoネタ速neo