敵はほんとに愛媛だったのか? J2 第17節 岡山 vs 愛媛

ウッズの失態を田所の得点で救い、連敗回避に成功した福岡戦。
それを受けて臨むは前節ふがいない敗戦を喫し、バルバリッチの雷が落ちまくったという愛媛FC。
そしてディフェンディングチャンピオンとして迎える「PRIDE OF 中四国」の第3戦!
首位で迎えるファジとしては、「中位」同士のこの試合を制して独走態勢に入りたいところでしたね。


<スタメン>

vs愛媛(H)


<結果>

岡山 1-1 愛媛


◎前後半を通じて

前節の失態を取り戻さんとばかりに、試合開始から愛媛は気持ちむき出しの積極性を発揮し、ややオーバーペース気味ではあるものの猛然と攻守にハードワークするスタート。
対するファジはややこの勢いに押され、セカンドボール争い・玉際のところでこちらにおさめられないままフワフワと受ける展開が続く。なんとか落ち着けてこちらのリズムを作りたいな・・・と思っている矢先・・・
こちらの拙いスローインをさらわれ、左サイドで起点を作られ中央のJ2屈指のボランチであるトミッチが正確な落としを村上に送るとダイレクトのミドルがネットにささり失点・・・・。
その後も、相手のプレッシャーを怖れ細かいショートパスを繋ぐ勇気がない。

幸いこの日のチアゴは抜群の存在感を高さで発揮しており、「戦術チアゴ」が久しぶりに効果を発揮したことが救いとなる。ショートパスをつなげないファジは「戦術チアゴ」と、それをフェイクとした右→左のサイドチェンジに活路を見出そうとするも、次第にそれを読まれ沈黙。結局15分過ぎあたりから平常心を取り戻したものの、勇気あるショーパス交換からのインサイド攻略はほとんどなし。またもや及び腰のサッカーに終始してしまった・・・
後半、メンタルを取り戻したファジは疲れの目立ち始めた愛媛の選手間にどんどん入っていき、ようやく「らしさ」を取り戻し押し込む展開。
前半から狙い撃ちの格好になっていた愛媛の左サイドの消耗は激しく、ファジはケンゴを投入しさらに左サイドでの攻勢を強めると、後半25分ミンキュンの抜群のスルーパスに抜け出した田所が左サイドフリーで折り返すと、
チアゴをニアに送りシザースで中に位置どったケンゴが右足で押し込んで同点!
さらに左サイドを蹂躙せんと石原を投入してチャンスをつくるも「岡山劇場」はならず。
運動量の落ちた相手を後半走って振り回すというファジらしさはこの試合でも確認できたものの、
ひ弱なメンタルをまたしても露呈し、たった15分で失った一点を75分かけて追いついただけの試合を演じてしまった印象は拭えなかった。


◎もっと信じようよ。できるよ絶対に


この試合は残念でした・・・


数週間前、ファジは味スタでどんな試合をやっただろうか?それを思わずににはいられない試合でした。
あの東京V戦の後半、彼らはあのヴェルディ相手に勇気持ってボールを持ち繋ぎ結果を出したばっかりじゃないですか。あの後半を見てああやっとそこへチャレンジしてくれたか!と自分は気持ちの高ぶりを抑えられなかったですよほんと。
でも、この試合どうだったか?
前へ前へとつっかかってくる相手に対し、ボールを収められないフワフワした展開から早い時間で失点。問題はその後でしょう。どうしてウチらしいパスワークを出せないのか?どうしてサイドや高さへ依存するのか?どうしてビビって腰が引けちゃう?それがほんとにファジがやりたいサッカーなのか?違うでしょうよ・・・・

確かにこの日のチアゴは素晴らしかったし、それに応えるクワシンも光るところを見せていたのは事実だと思います。しかしそれはあくまで「ファジが出来ること」の一つに過ぎないはずではないでしょうか。
サイドチェンジを軸とした展開もまた同様だと思うんですよ。
あくまで、仙石-千明でしっかりと収めて、というのがファジのベースなはずでそれを実現するには相手がタイトに守ってきたとしても勇気持って「間に入る」・「出す」ということでしょう?
そこから前線がさらに引き出したりするからサイドが空いてくる・・・そうなってはじめてこちらの思うツボに相手を落としこめるはずで。どうしてもとっかかりは「勇気持って」ボールを狭いところでやり取りするところになってくると思うんですよね。
ところが、序盤で思わぬ失点をしたりなんかしらメンタルの均衡を欠いてしまうととたんに消極的になって腰が引けてしまう。それに、相手どうこうとか考える前に自分らがどうやるのか?が先んじてあるべきなんじゃないか?相手次第のサッカーがしたいのか、それとも自分たちのサッカーがしたいのか。

ちょっと贔屓目過ぎるかもしれないけれど、自分はファジはほんとに6位以内にいけるだけの技量と体力をすでに備えていると考えてるんです。現に東京Vに勝ち、千葉にホームで分け、福岡にも負けてないじゃないかと。
ところが、心ですよ心。
ファジアーノはもう弱小なんかじゃないってことどんだけ選手が信じられてるんだろうか。
このことだけなんですよ。

「おまえらなら絶対出来るって!負けてもいいじゃないか。そこ逃げずにやりきろーぜ!」
ってほんと叫びたかったくらいだよ・・・GATE10で参戦してたら絶対そう叫んでると思う。

ファジは後半に体力勝負で押し切って追いついた。しかし、これに満足は到底出来ないですよ。
なぜならその程度のことは昨年でもできたことだからです。今年は違うでしょう?もっと上に行くのが目標じゃないか、と。自分は心技体しっかりそろったファジが見たい。それだけです本当に。絶対結果はついてくるはず。
「オレたちは弱くない。俺たちは出来るんだ」、一刻も早くそういうサッカーへ行こうよ。
夏場は雉の季節であり、それは手塚監督時代もしかしたらもっと前から地道に地道にファジが積み上げてきた実績であり拠り所であり、プライドでもある部分でしょう。
この季節に彼らが自信を確信に変える夏になることを願っています。
いつもより感情的な内容になって申し訳ないです、もうちょい細かいことも取り上げたかったんですがなにより「気持ち」だとおもったので。さあトモニタタカっていきましょうね。ここからが正念場です。






オレオレオレ、オレオレオレオラ、どんな敵がここへ来ようとも、怖れるな俺たちがいるぜ。


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 4

tko  2012, 06. 05 [Tue] 02:17

No title

こんにちわ。
なんとか「プラ中無敗記録」だけは確保できた、そういう試合でしたね。
ゼロファジさんのおっしゃる通り、今回は「心」で負けてましたね。

J's Goalにあった田所のコメント

「相手がどう来るのかを見てしまうことがここ何試合か続いていて」

そーじゃねーだろ、って感じです。
ファジのサッカーは「相手に合わせてどうこう」ではなく「自分達のサッカーをやってどうこう」というサッカーのはず。
相手を見てやり方を変えるようなサッカーではないはずなんですけどね。。。

とにかく非常にフラストレーションのたまる試合でした。
 前からプレス!!
 もっと詰めて!!
 シュートシュート!!
はぁ~~何回叫んだことか。今回はかなり喉が枯れました。。。

なんとか次節に期待しましょう。

Edit | Reply | 

りりお  2012, 06. 05 [Tue] 13:01

同じ引き分けでも…

先日の福岡戦とはえらい違いですよね
先制されて追いつくってとこは同じなのにネ

残念ながら現地参戦は出来ませんでしたが、スカパーの録画を見てあまりにも拙い失点に目を覆うばかり
その後の立て直しもうまくいかず…

どーしちゃったの!?
いままでも前半から攻め込まれることはあったけど、ちゃんと守れてたじゃん
それがファジの生命線だったじゃん

胸張ろうよ!おろおろする必要全くないよ!
そう言わずには居れない試合でしたね(ノД`)

アンデルソンが今期はほぼ絶望的という発表もありました
岡崎や坂本まで怪我(゚o゚;
何かのインタビューで仙石が、必ず苦しい時期が来る そんなとき頑張れる選手でありたい みたいなことを言ってましたが、これからがそういう時期なのかもしれません

結果がどうなろうと決して見放さないサポがいる
それを胸に、自信を持って戦い抜いてほしい

そう願うばかりです

Edit | Reply | 

ZeroFagi  2012, 06. 06 [Wed] 23:00

No title

>tkoさん

どうもこんばんは~。
大きな壁なのかなーという気がしています。メンタルについては。
自分たちが挑戦して、リスク負った結果で得られるものを掴まないと、自信に化けてくれないんじゃないかなぁ?という気がしてます。
ともかく、夏までにもうすこし上げていってほしいですね。

Edit | Reply | 

ZeroFagi  2012, 06. 06 [Wed] 23:03

No title

>りりおさん

どうも、いらっしゃいませ~。
ケガ人はまじで痛いですね・・・・夏場でコンディション面から考えて総力戦になってくるでしょうから、坂本にしろ岡崎にしろ一刻も早い復帰を祈っています。
レンはここががんばりどころみたいなこともいってましたがまさしくですね。
ここがある意味今シーズンを左右する時期だと思ってます。
なんとか上昇して秋口にこぎつけたいですね。

Edit | Reply | 

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  まとめtyaiました【敵はほんとに愛媛だったのか? J2 第17節 岡山 vs 愛媛】
  • ウッズの失態を田所の得点で救い、連敗回避に成功した福岡戦。それを受けて臨むは前節ふがいない敗戦を喫し、バルバリッチの雷が落ちまくったという愛媛FC。そしてディフェンディングチャンピオンとして迎える「PRIDE OF 中四国」の第3戦!首位で迎えるファジとしては、...
  • 2012.06.08 (Fri) 06:14 | まとめwoネタ速neo