ファジのスタンダード J2 第18節 栃木 vs 岡山

ホームで大歓声を受けながらも前半15分までのゆるい動きから失点し、結局ドロー決着となった愛媛戦。
それを受けての今節の対戦相手は、"宿敵"栃木SC。
9位と10位の直接対決でもあり、ここのところ勝ちから遠ざかっているだけにモノにしたい一戦でした。
あちらはあちらで前節ダービーで敗北していたこともあるし、中位から上位をうかがう上でこの一戦にかけるものは小さくなかったはず。


<スタメン>

vs栃木(A)


<結果>

栃木 0-1 岡山


◎前後半を通じて


前節の愛媛戦で気迫に欠ける立ち上がりから失点してしまったファジでしたが、今節ではその過ちを繰り返さないぞ!という姿勢が見える積極的な立ち上がりを見せてくれました。
だいたい10分くらいまでは、愛媛戦と同様にボールの落ち着かないガチャガチャした展開ではありましたが、ファジはチアゴへ蹴り込んでいく「戦術チアゴ」、あるいはサイドからの展開を狙うと、チームとしての狙いが明確だった点は大きかったですね。
対する栃木は機動力のあるトップ2枚をサイドへ送ってそこで起点を作ってという狙いが見えるも、
4-4-2のヨコ並びの2TOPを最も大好物とするファジの守備にほとんど完封されてしまい、流れからチャンスらしいチャンスは掴めずでした。
しかしながら、前半のうちにセットプレイから2度ビッグチャンスを作られるも、どちらもはずしてくれて非常にラッキーでした・・・あれ決まってたらちょっと嫌だったわぁ・・・
まあ前節ポストに嫌われて勝てなかった分、神様が帳尻あわしてくれたんだろうと思えばいい・・かな?(笑)
前半22分、ケンゴのポストプレイがらみのゴチャつきの中から栃木が繋ぎをミス。
それを拾った石原がミドルシュートがキレイに左隅に決まり先制!待望の今季初得点!!
前半を1-0で折り返すことに成功したファジですが、この日の前半はひじょーーに良かったと思います。
後半に入ると、栃木が攻勢に出て前に人数をかけてきた分、こちらも枚数を後ろに裂かねばならない状況が多くなり、やや押し込まれる時間帯が長くなってしまいました。
しかしながら、やはり平面での攻撃に大しては抜群の相性のよさを発揮するファジの守備。
平面ではダメということで、長身FWにロングボールを当てる攻めへと栃木がチェンジすると、蹴る栃木・跳ね返すファジと、空中をボールが行きかうような大味な展開へ。
時折相手のサイドを付いてカウンターを放つもこちらはこちらで決めきれず・・・うーむ。
そのまま、試合終了で4試合ぶりの白星。
結局リードを引いて守って粘り勝つという今季見せてきた「いつものファジアーノ」を取り戻した、そういう勝利だったように思います。


◎前半に見る"巧みなファジアーノ"


いやね、この日の前半はここ数試合の中ではかなり良かったと思うんですよ。
守備は上記のとおりセットプレイで2度危ないシーンがあったのを除けば、流れで栃木が作ったチャンスはほとんどなかったですよね。こちらが前線からボールを追いかけコースを限定している事と、相手が起点にしたいトップ2枚に対してこちらのCB2枚がぴしっとマークしているので、スペースにボールが出ない限り仕事らしい仕事させない守備が出来ていたなと思います。多分栃木はかなりウチを苦手としてるんじゃないかな?と。
去年から流れでいいチャンスを作られた印象ないんですよねー栃木。

で、本題はこの日のファジの巧みなゲームプランですよ!

自分もまさかそんな狙いを持って前半を戦っていたとは分からず、試合後の千明のコメを見て分かったんですが、ちょっと貼り付けときましょ!


●千明聖典選手(岡山):
前のスペースを使いながら前に力をかけることが狙いとしてあったので、それに関しては全体的に統一できた。だから、前半はある程度支配できたのかもしれない。相手が後ろをケアし始めたので、その開いたスペースでボールを動かせた。それは最初からやった部分(前に力をかける部分)が効いた結果だったと思う。



これなんですが、注目したいのは、前半ロングボールを入れて行くことを意図的に狙っていたということ。
チアゴのここ数試合での存在感は去年のいいときにだいぶ近づいてきていると思いますし、実際けっこうボールを落とせていると思います。
点にこそなっちゃいませんが、利いてると思うんだよねチアゴ。
しかしかつてのファジといえば「戦術チアゴ」一辺倒になりがちでそれではリズムがどうしても出ずらいし、なによりチアゴの出来次第な部分が大きかったっちゅうことでしたよね。
で、この試合もちろんチアゴの落としからそのままチャンス作れるならそれでよし、と。
そこで獲れなくとも、この攻撃をしばらく展開することで副産物が生まれてくる。
それが、「相手が後ろをケアし始めたので、その空いたスペースでボールを動かせた」と。
ロングボールを意識した相手は前へ押上げることに躊躇が生まれてくるし、自然と選手間の距離が開いてくるので、ファジは大胆にボールを動かすことが出来るようになった、と。

つまりこれは、タイトなブロックを攻略するために、
1.ロングボールで後ろのスペースを相手に意識させ、選手間をタテに開かせる
2.開いたところで間に入っていき、パス回しを展開する
といった、2段構えのプランだったということなんじゃないかなと思うんですよ。
愛媛戦では出せなかったような難しいところへもけっこうポンポンと出せていたんだよねこの試合。
こういう試みをファジがやったのは見た事なかったわー・・・・!なんか大人のサッカーという感じ。
ただの「タテポン」を脱して、一粒で2度おいしい「戦術チアゴ」になってきとるじゃないか。
すごくいいチャレンジだったなと思いました。


◎ファジのスタンダード


後半、リードしたファジはポゼッションを譲り引き気味に戦いました。いまやリードしたときのファジの常套戦術となってきた感じもありますが、この戦い方についてはファジサポの中でも是非が分かれる大きなポイントとなっているんではないでしょーか?

どうしてもこちらのゴールに近いところで守備する機会が増えますし、なんか「あー攻められてるなぁ」という印象を強く受けますよね。自分も正直これでいいのかなぁ?と毎度思うんですが。
しかし、よくよく考えてみるとね、これでウチがひっくり返された試合とかあったっけ・・・?とも思うんですよ。むしろこうしたほうがファジの守備力の最大値が出せるのかな?とも。

事実として18節で13失点、一試合平均失点はなんと0.72(リーグ2位)
前半リードを奪った試合は3試合ですが、すべて逃げ切っており全勝なんですよね。

守れちゃってるんだよなぁこうしてみると。
もちろん引くこととカウンターはセットですから、その点はまだまだ未熟ですし、
守備にしろカウンターにしろもう少しでいいからラインを高くできればまた違ってくるでしょう。
改善していく部分はもろもろありますが、そろそろ彼らの守備力を信じてこちらもどっしり構えて見てもいいのかもしれんなぁと思う次第です。まぁちょっとヒヤヒヤするけどね・・・(笑)

最後にこの試合の解説を担当されていた幸谷秀巳さん(岡山県出身)の素晴らしいコメントを紹介して締めたいと思います。スカパーの岡山戦の関東での試合をよく解説されている幸谷さんですが、毎度解説が非常に的確なのでこの方の解説を聞くのも楽しみの一つなんですよね~めっちゃ勉強になるコメントしてくれるんで。
(それにしても岡山担当の解説者は恵まれてると思いますわマジで、野村さんも佐藤さんもいいし。)


試合終盤(83分くらいかな)、ファジが引いて一点を守りきるべく懸命に跳ね返していく中でのコメント。


●幸谷秀巳(解説者):
「岡山のほうはここを守り抜くっていうのが、いままでずっとやってきてるサッカーなので、それを自分たちは"苦痛"とおもっていないところが一生懸命プレーできるところなんですよね。これを自分たちのリズムだという風にプレーできるかできないかというのは大きいと思いますね」



↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 2

りりお  2012, 06. 11 [Mon] 01:52

今期のファジスタンダード

派手さはないけど堅実
ファジらしさの出たいい内容でした
さらにアウェーで勝ち点3をお持ち帰り
Goodです(^_^)b

追加点をあげてトドメを刺せるようにならなければと監督や選手も言ってますが、まずは今までわずか13失点の堅い守備に裏打ちされた自信と勇気
僕はこれでいいと思います
これが自分たちのサッカーだ!というのを貫く その結果勝ち点がついてくれば言うことなしです

得点力不足は確かに皆が感じていることかもしれませんが、優勝を狙っているわけではありません 
6位以内を目指すなら今のスタイルでOK
そのなかで得点力がアップすればこれはもうスゴいことに(>_<)

逆に栃木さんはやりたいこと、やらなきゃいけないことが全く出来ず悔しい思いをしたんじゃないでしょうか
ファジはセカンドボールやボールホルダーへの寄せが良かったですからね

そして何より嬉しいのは13番石原今期初ゴールついにキターーーー!(>_<)
密かにいちばん期待してるんですよ
あの速さには憧れます 僕足遅いから
しかもなにげにイニシャルが同じだし
次はホームで決めてくれ!☆

この試合、ひとつだけ不満が…
解説はゼロファジさん言うとおり良かったんですが、実況下手すぎ(-_-#)
選手の名前間違えるし間の取り方変だし
その点カンスタ実況はいい
岡山寄りだしね

次の相手町田は最下位ではありながら内容的にはすごくいい試合をしてます
パスで組み立てるポゼッションサッカー
これファジとはかなりガチな勝負になるんじゃないでしょうか
栃木戦で確かめたファジスタイル
臆することなく次節も貫いてもらいたいです

Edit | Reply | 

ZeroFagi  2012, 06. 13 [Wed] 09:18

No title

>りりおさん

どうも、こんにちは。
自分もりりおさんと同感です。
得点力は急には上がってこないと思うので、手堅くカウンターでモノにできるようになるかどうかがまず大事になってきますよね。
実況についてはほんとそう(笑)
無料の放送ではないのだしクオリティについてちょっとどうなん?と思うような実況もスカパーではけっこうありますよね~。まぁ難しいところなんだろうなぁとは思いますが、視聴者がうーん・・・となる機会も少なくない。

今日の町田戦で、先制しカウンターで一発追加点とって試合を終わらせる。
そんな展開を期待したいです!

Edit | Reply |