おごり (ファジサポ仲間のブログより)

愛媛戦、負けてしまいましたね。
明日休みなのでしっかり落ち着いて記事をうpしようと思います。
今回は自分の知り合いのファジサポ仲間のブログを紹介させていただきます。
非常に共感を覚える記事で、自分もここでもう一度気持ちを引き締めよう!と思いました。
以下、転載です。



”アウェイ愛媛戦、負けてしまいました

試合が0−1で負けただけでなく、サポの態度や気持ちの持ちようでも負けていたと感じるのは気のせいでしょうか?

前節、強豪湘南に3得点して気持ちが乗っていた…というかむしろ調子に乗ってしまいました
だから13試合勝ち無しのチームに負けるはずないってみんな思ってた
確かに昇格圏を目指して絶対に勝ちたいとは思っていたけど…


なんか試合前から楽勝ムードみたいなものがファジサポ全体に漂っていたのは間違いないと思います


それで普通に応援して、負けて帰ってくるだけならいいんですが、その楽勝ムードが悪いほうに転化されて、相手側を見下し誹謗中傷する態度や言動が我らファジサポから出てしまいました


具体的に誰がとか何を言ったとかは重要ではないと思います
きっとそういう見下したような気持ちは多くのファジサポのそれぞれの心に少しずつあって、心ない言動を生み出す雰囲気をファジサポ全体が作り出していたと思うからです


そういう僕も昨日の自分の言動を思い出して愕然としました
入場するときメインスタンド側から入ったのですが、ニンスタはカンスタと違いメイン側はバック側とつながっていません
なので一度出てスタジアムをぐるっと回ってバック側の入場口(カンスタで言うとFゲート)から入りなおしたのですが、案内の不親切さに思わず「平均入場者数がカンスタの半分以下のスタジアムだからこんなもんじゃないの?(笑)」と嘲ってしまいました


情けない
楽勝ムードのファジサポ仲間に「気を引き締めないと負けるよ」と言い続けていた自分自身が最も相手側を見下していたとは…


この日の試合、お互い数少ないチャンスのうち、それを決めきった愛媛が勝利しました
でもファジの選手だって頑張りました
少なくとも相手をナメたり見下したりはしていなかった
やはりファジというチームは素晴らしいチームです


でもサポというのは、愛するチームを誇ること=相手側を誹謗することになってはいけないんだと強く感じました


試合後のコールリーダーの言葉
「今日負けたのは俺たちの後押しが足らなかったからだ」
自分達自身に反省点を見出したところ
それが唯一の救いかなと感じました”


以上転載終わり。



現場で感じたことを真摯につづっておられて、いけなかった自分としては現場の空気感をリアルに感じることが出来ました。この相手にならばと相手を侮る気持ち、なかったとはいえない。
地方の、プロビンチャの、J2のチームなんて、どっこも似たり寄ったりじゃしな。


他人事じゃねーよな。
ケンゴがケガしてたら?ウッズが来なかったら?ウチも今の位置に付けられた?
ちょっとしたボタンのかけ違いで順位なんてあっというまに入れ替わってしまう。
ウチは強くなった。そのことに誇りを持つのとは別に、苦境に立つ相手であってもリスペクトする気持ちを欠かしてはならないなと感じた試合でした。実際見事な気迫でしたよ、愛媛の選手は。


ウチはボトムズで這いずり回って勝点を拾い集めてきたチームです。
下から突き上げてやる!ってな気持ち忘れたくないですね。



↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 4

1126_FG  2012, 09. 25 [Tue] 17:26

No title

その通りですな。スタジアムで出会う人は、みんなJリーグが好き。愛媛サポのツイッターを見ていると、色々不快を感じた人もいるようです。
ファジアーノを必死で応援したいと思います。
ファジが100年続くように!
絶望、歓喜、感謝、反省。まるで人生のよう。
ファジとの出会いを感謝したいと思います。

Edit | Reply | 

Zerofagi  2012, 09. 25 [Tue] 20:05

No title

>1126_FGさん

はじめまして、ようこそいらっしゃいませ!
サッカーファミリーという言葉がありますが、ちょっとうがった見方をすればそれキレー事でしょっていえちゃうところもあると思うんです。

ですが、日本のサポのよいところは、実に日本人らしい「おたがいさま」という感覚を持ってることだと思うんですね。なので、相手がどうであっても相手の背負ってる背景は他人事じゃないって感覚を忘れないようにしたいなと思いました。
それもこれもファジが岡山にあるから。ほんと感謝です。

Edit | Reply | 

tko  2012, 09. 27 [Thu] 02:29

No title

こんばんわ。
なるほど。そんなことがあったんですねぇ。

我々ファジアーノ(クラブ+サポ)の相手というのは、対戦相手ではなく、「自分自身」だと思うのです。
ファジに限らず、サッカーって「自分達のサッカーを出せるかどうか」という点が、勝敗に大きく関わっていると思っています。
だから選手が見つめるべきは、相手チームよりも「自分自身」だと思います。

これはサポにも言えることで、「相手がどう」ではなく「自分達は『ファジアーノのサポーター』として、それにふさわしい行動をとっているのか!?」という点を、常に見つめるべきかと思います。

ファジサポって素敵なんですよ。
カンスタで市長さんやスポンサーさんが挨拶した時、必ず「タカヤ!!」とか「トマ~ト銀行!!」とかコールするじゃないですか。
アレ、私大好きです。
いくつか他のスタジアム行きましたが、あんなんしてるのカンスタだけですよ。
サッカー外のところでも、場を盛り上げようとする心意気、素晴らしいと思います。
どこに行ってもそんなファジサポでありたい、あってほしいです。

ライバルと差をつけるにあたり、「相手を陥れる」のではなく「自分を高める」ことで差をつけていきたいですね。

Edit | Reply | 

1126_FG  2012, 09. 27 [Thu] 19:11

No title

>Zerofagiさん
>tkoさん

私も今のカンスタの雰囲気は、大好きです。
これもゲート10のおかげですよね。

私は、少し離れたバックスタンドで、時々声を上げて選手を鼓舞しています。
ゲート10の雰囲気が、少しでも広がればと思って。
2,3年前と違って確実に声だし、タオル回しの比率は、上がっていますし広がっています。
自分で出来るファジへの応援は、何かを考えたら良いと思います。
ファジへの応援。自分達や選手達への応援。
自分たちのチーム、自分たちの郷土、自分自身を高めて行く努力が必要ですね。
あくまでも、自分たちです!

あー、100年後のファジを早く見たい!ファジアーノの軌跡を見たいです。歴史が欲しい。

マンU等、先輩達のチームが羨ましいです。

お互い、自分の場で頑張っていきましょう。
皆がファジ戦士です!


Edit | Reply |