川又堅碁の2012シーズンを振り返る

12月に入り例によって仕事が激務化。更新がなかなかできなくなってきました。
選手振り返りシリーズの最後はこの選手。やっぱ彼を抜きには出来ないでしょう!


◎川又堅碁の2012シーズン


ケンゴ

ケンゴ2012


昨季はJ1新潟でチャンスをもらいながらもポストやバーを叩き、リーグ戦でゴールを決められなかったケンゴ。
今季はファジに加入し、J2でどうか?というところでしたが・・・・


18点で日本人得点王の活躍・・・・!(うちPK0本のおまけつき)


誰だ0又なんて呼んだのは責任者出て来い!ってなもんで、まさに結果を出すことで自己のポテンシャルの高さを証明して見せたシーズンとなりましたね!
シーズン当初はケガの影響で出遅れ、開幕5試合得点を決めることは出来なかったもののJ初ゴールとなった徳島戦での豪快なゴールを皮切りに、獲りも獲ったり18点。それまで西野の9点で止まっていた最高得点記録を倍にする活躍で、まさにファジのエースとして躍進した一年となりました。
またゴールパフォーマンスや試合後のパフォーマンスで盛り上げるあのキャラクター。
どちらかといえば控えめな選手の多い印象のあるファジアーノにあって、
試合の内外でも華を添えてくれた素晴らしい活躍でした!


実は、キャンプ前の紅白戦のとき「いい選手だけど・・・ウチはトップが点を取れる攻撃がうまくないからなぁ・・・うまくいくといいが・・・」と気を揉んでいたんですよね。
昨季は1トップの選手が崩しの段階で繋ぎに入ることが多く、結果フィニッシュにトップが間に合わないためにFWよりもWBやシャドーのほうに得点チャンスが多かったですから。
しかしフタをあけてみれば、なんのこたーない。早くも自身の価値を周囲に示しボールを集めさせた結果、ポンポン決めちゃうことになったね(笑)


改めてケンゴってどんな選手だろう?と考えて見ると、
やはり身体能力がバランスよく高い選手というのが一番個人的にはしっくりきました。
どの選手にも得意不得意はありますし、フィジカル的な要請から出来ること出来ないことは限られます。
例えば今季MVPを獲った佐藤寿人には駆け引きの巧みさがありますが身長はない、というように。
スピードが速い選手、身長が高い選手、駆け引きが上手い選手などなどそれぞれの特徴を武器にしてみんな戦っとるわけですが、そこへいくと川又堅碁というプレイヤーは総合的なバランスがよいタイプなんではないかなぁと。

スピードも抜けて速くはないけど遅くはない。
高さも飛びぬけてはいないが低くはない。
ゴール前の駆け引きも悪くないし、競り合いにはけっこう強い。
なんちゅうか5段階評価で5を取れるものがあるわけではないけれど、4以下がほとんどないって感じでしょうか。
唯一弱点といえそうなのはポストプレーの落としの質が安定しないことくらいじゃないかなぁ。
こうしたケンゴの万能性は大いにファジを助けており、「ケンゴがいるのでこういうことが出来る」というようにチームの攻撃面で引き出しを増やしてくれたなと思います。チアゴや上條ではこうはいかないんだよね。やはりケンゴでないと。


◎ケンゴの去就について思うこと、ケンゴの未来


とまぁこんだけいい選手なんでね・・・・そりゃ残してーですよね・・・
現実的に考えればレンタルで来ている選手でありますしウチに残すのは難しいといわざるを得ないでしょう。
J2の日本人得点王という銘柄ならばJ1チームならフツーに欲しいレベルですし、新潟が保有したいのはもちろんでしょうが、他所のチームが買いたいというのは絶対にあるでしょう。
また彼は来年24と若いですからね。これが30越えてって選手ならまた話は違ってくるでしょうが。
やっぱJ2日本人得点王だからなぁ。うっすら代表入りってのも視野に入ってくる実績ですよこれは。
彼自身がどういう決断をし、どこで来期やるのか?可能性としてはファジで2シーズン目というのは相当低いだろうとは思います。しかし、事実が明らかになるまでは自分も祈ります。来年もウチで見たいもんね!
どういう結果になったとしても素晴らしい18ゴールをありがとうという気持ちは変わりません。
どこでやることになっても今後も応援していくことになる選手ですから。


先ほど述べたとおり、J2得点王だと代表を視野に入れても恥ずかしくない実績ですし、いつかケンゴを代表で見られる日が来ないかなぁ?なんて思っています。彼のこれからに期待したいことは単純にもっともっとプレーの丁寧さを上げて、もっともっと「上手い」選手になってほしいということです。
18点獲ったとはいえ、彼は決して「上手い選手」ではないと思うんですよ。
J2では彼の身体能力が高すぎて相手が抑えられないというシーンは何度もありましたが、ケンゴに引けをとらない身体能力の持ち主はJ1にはたくさんいるだろうし、単純なポテンシャル勝負で勝っていくことはいずれできなくなるのではないか?と危惧してます。一番心配なのは、体で勝つプレーばかりに頼って他の要素が伸びずに、衰えとともに急にパフォーマンスが落ちてしまうこと。
現在は23歳と若さもあり体力的な衰えとは無縁でいられますが、先々長く活躍していくためにも心技体の心技の部分に磨きをかけてほしいなと願っています。クレバーな選手は走れなくなっても、飛べなくなっても価値が下がらない。熊本へ移籍したキタジなんていいお手本ではないでしょうか。
彼にもそういう選手になって、1点でも多くゴールを獲ってほしいと思っています。
とりあえず、最後にこれだけ言っておこうっと。
ケンゴ、今年は本当にありがとう。来年も期待してるよ!



◎お知らせ


例によって仕事が激務化しており、クリスマス終わるくらいまでずーっとズタボロ状態で帰宅する生活になりそうです。なのでなかなか更新が出来ない状態になりますが、休みのタイミングを見計らっていくつか記事をうpしていきますので、本年も最後までお付き合いいただけましたら幸いです。
いつもありがとうございます。よろしくお願いしますm(_ _)m


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 2

tko  2012, 12. 04 [Tue] 23:31

No title

こんばんわ。

いやーケンゴにはお世話になりましたね。ファジの歴史に大きく刻まれる選手になることでしょう。
来年の去就は気になるところですが、ぜひ完全移籍していただいて、共にJ1目指したいですね!!
新潟より岡山の方が、実家の愛媛に近いし、岡山の方がいいって。

Edit | Reply | 

Zerofagi  2012, 12. 24 [Mon] 22:10

No title

>tkoさん

残念ながら新潟復帰となってしまいましたね・・・・;
しかし、彼が今年取ってくれたゴールはほんと忘れられない!
いつか同じピッチで戦えるのを楽しみにしたいです。

Edit | Reply |