何度見たってため息 J2 第1節 岡山 vs 長崎 (2)

いやーちょいと間をおきましたが悔しいね!
負け試合とかだと2年前の東京V戦とか、去年だと水戸戦・松本戦の惨敗とか、けっこう悔しかったですが・・・
ドローでこんなに悔しい理由は、期待値が上がっているってことと、去年と同じように前半をムダにしちゃったということでしょうか。


正直試合を振り返る気持ちになかなかならず、内容もまとまりない感じになりそうなので、開幕戦の中からみえたことで話しやすい話題をいくつかピックアップしてpart2とさせていただこうと思います。


◎ボランチから引き出す攻撃力を-ゲームメイカー千明


この試合千明のポジションがこれまでより高く、より攻撃に参加しようという意図を強く感じましたね。よりゲームメイカー的な役割を担う、そんなイメージ。これまでであれば、後ろでバランサー的な役割を着々とこなすイメージでしたが、開幕戦ではバイタルでミドルシュートを打つシーンがあったり、サイドに飛び出してクロスというシーンがあったりと、従来よりもやはり攻撃的な印象。
背番号が10に変わったということで、今季は自身がチームを引っ張っていくような発言も見え始めました。
このボランチの攻撃力は昨年から抱えるファジの大きな課題でもあります。
仙石・千明のダブルボランチは、ある種トップ下的な直接点に絡むような仕事を苦手としており、その点が攻撃の薄さに一役買うことになっていたと考えています。神戸から大屋を借りてきてみたり、大屋と同傾向をもつ島田を獲得したりと、なんとかこのボランチから攻撃力を引き出さんとしていることは伝わってくるんですがね。
結局、ボランチにおいてトップ下的な攻撃力を最もよく出せていたのはシャドーの関戸というジレンマ。
この問題に、千明あるいはレンの成長、意識改革でどれほど回答して行けるのか?大いに注目すべきポイントだと思います。


◎荒田とケンゴの違い


今季おそらく軸となる荒田という選手。
はじめてしっかりプレーを見ましたが、いやほんと裏取るの上手すぎでしょ
ファジのFWの選手でああいう抜け方が出来る選手はすくなくともこの3年見たことない。
噂にたがわぬ実力をもっているな、と確認できて安心しました。
ついつい、昨季のいいイメージがある分ケンゴと比較しちゃいますが、ある意味ケンゴと荒田は同じFWでありながら別のタイプの選手であると思っています。その辺を整理せずにごっちゃにしてしまうと、荒田の良さがわからなくなるので、ちょっとここで整理しておきますと、

まずFWには2種類あって、
1.オンザボールで勝負できる選手
2.オフザボールで勝負する選手
とざっくりこうとらえていいと思います。

オンザボールってのは、ボールが自分ところに来た状態。
たとえばロングボールが飛んできてガツっと競ってってのが得意・強い選手はオンザボールで勝負できる選手。
逆にオフザボールで勝負する選手というのは、
ボールが来ない状態(オフザボール)で相手のマークと駆け引き勝負を仕掛け、そこに勝利していい形でボールを受けるのが得意な選手という感じです。

ケンゴという選手はこうしてみれば、(オフザボールも悪くないけど)オンザボールでの強さであったり無理っぽいボールでも強引に納めてしまう強さがありました。
逆に荒田はケンゴのような強さはない代わりに、上記のとおりこれまでのFWにはない「裏抜け」の技術がある。
こういう違いがあるので、ケンゴ的な要素を荒田に求めるのではなく、荒田のよさをどうチームに浸透させるか?というのは今季ファジの目玉の一つになるでしょう。


荒田は確かな「裏抜け」スキルを有している。
ということは、それを最大限生かすのに絶対必要になるのは、
荒田の動きを読んで、欲しい時に欲しい場所に欲しいボールを出せるパサーに他なりません。
荒田はボールの来ないうちに勝負に勝って、裏抜け出したときはドフリーという状況を作れる。
そこへボールが来るのか?来ないのか?誰が荒田とのベストユニットになるのか?この辺めっちゃ楽しみ。


◎年々進化するカウンター


内容的にこれが今年のファジ!という要素を拾うのが難しい開幕戦でしたが、個人的にはカウンターのクオリティがキャンプを経てまたレベルアップしてるなぁ!と感じました。
失点シーンの直前のタダシを起点としたカウンターですが、
自陣からタダシ→オッシー→千明→荒田→タダシとすべてワンタッチでつないで、
タダシ→オッシーのラストパスが合わず・・・・というシーン。
一連のカウンターのスイッチが入った瞬間からの各選手のボールを引き出す動き出し、落とす場所、すべての動きが非常にスムーズで洗練されている印象を受けました。
影山さんの口調を借りると「次々と選手が沸いてくるような」カウンターになっていたなぁと思うんですよね。
これまでだと、カウンターにケンゴか石原というタテに早い選手が絡んでというケースが多く、タテにボールを運べる選手がキーになっていましたが、この上記のカウンターにそういう選手は絡んでおらずこの辺もいい!
2年前はまともなカウンターも打てないほどでしたが、昨年は中盤以降カウンターでいくつも点を決めていましたし、今年開幕でこのような流れるカウンター。このあたりほんとに成長を感じます。今年はカウンターから決めきってしまうシーンが増えそうだと思います。



悔しいドローでありましたが、インタビューを読むとある意味この試合は度外視すべきなのかなぁという気もしなくはない。こちらの良さ、練習してきたことがあまり出ているようには思えなかったですから、次節北Q戦ではしっかりとそのあたり発揮して、「これぞ2013のファジ!」という試合を見たいですね!


<告知>


3月9日(土)22:30から第9回ゼロファジ放送 北Q戦プレビュー放送をやります!

第1節の情報を元に、
こんな試合になるんじゃないか?なってほしいな~みたいなお話をやっていきたいと思います。
よろしければご参加くださいませ!番組URL→http://goo.gl/rcAF3

↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0