高く飛ぶために膝を折る J2 第17節 岐阜 vs 岡山

ここのところどうも停滞のムードがただよってきたファジアーノ。
今節は最下位の岐阜が相手ということで、折り返しまで上昇の切欠としたい一戦でしたが・・・・
岐阜はもともと相性のよくない相手でもあり、今季は3421の布陣になっているということで苦手なミラーマッチ。
なんとしても勝点3はとらねばならない、しかし条件はあまりよろしくないという試合前の状況でした。
(今回は時間がないので簡易verで失礼)


<スタメン>


vs岐阜(A)


<結果>


vs岐阜(A)スタッツ


◎前後半を振り返って


こちらのシュート9本に対して岐阜は2本だったということで、ほぼ一方的にファジが押し込み岐阜がはね返す展開で終始したこの試合。岐阜は前半から中盤以降の守備意識が強く、しっかりマッチアップさせて点を許さない構えだったのでファジとしてもなかなか攻めあぐねた感が強かったですね。
案外中盤より前、5-2-3の1トップ2シャドーの3の守備がルーズでこちらのボランチへのプレス・プレスバックが緩かったせいか、センターサークル周辺で割りとボールを動かせた分こちらのやりたい攻めがやりやすかった前半だったと思います。
ファジはボランチからの裏や、(13分くらいのkwsnの抜け出し惜しかったorz)サイドではトライアングルのパスでタナソーをマンツーマンで付くWBを剥がしてフリーにという狙いもまずまず利いていたと思います。が、点が取れない・・・・


後半落ちるかと思われた岐阜でしたが、もしかしたら前半はスタミナ対策の寝たふりだったかもしれませんね。
前線の守備力というか運動量が増え、比較的自由だったボランチにも厳しくチェックが来るようになりファジはなかなかシュートまで辿りつけないもどかしい展開。それでもこちらがボールを持ち、岐阜が守る構図は変わりませんでしたが、後半例のタナソーのワンツーからカド100%をとってのクロスとレンのワンタッチパスから荒田が抜け出したシーンの2本。右サイドを荒田が抜け出して角度のないところから放ったシュートの3本くらいがチャンスといえばチャンスと。しっかりと守備を固めた岐阜をむりくりパスでねじ伏せようと最後まで挑みましたが、緑の壁にはね返されスコアレスドロー。ボールを持った時間の割には少ない決定機、少ないシュート数。
差のないJ2とはいえ、微々たる差があればこそ勝点は開くわけで、順位に見合う結果を逃した悔しいドローとなりました。


◎引いて守る相手をパスで崩しきる主義


とまあ、岐阜はペナルティエリアの中に相当人数が守備に回っていて、何度もこちらのパスやクロスをはね返してきたわけですが、この光景は去年も何度か目にした光景でしたね。ちょうど秋口あたりでしょうか。
無責任な観客の立場から言えばどうしても、「最下位に勝点1はないだろ・・・・」ってなっちゃうんですがね、案外監督は手ごたえを得られたのかなぁ?とうかがえたのが試合後のコメント。


●影山雅永監督(岡山):
試合は選手がしっかりと動いてくれた。ボールを奪いに行って、運んで、ゴール前では体を張って、何とかボールをネットにねじ込もうとしてくれた。自分たちの戦い方を勇敢にやってくれた。点が取れなかったのは運、不運もあるし、岐阜のゴール前での粘り強い守備もあった。でも大事なのはそれを続けることで、相手を上回るコンビネーションなどをやっていけば、勝点3は取れると思う



注目したいのは、この岐阜戦の試合のような攻撃が「自分たちの戦い方」であり、「相手を上回るコンビネーション」が現状ものたりないのだ、というところ。


あれだけ引いて守った相手から流れの中から点を取ることは、リーグのレベルや、競技者の年代を越えて難しいのがサッカーの常。セオリーでいけば、引いた分手薄になるバイタルあたりからのミドルや、身長の高い選手へのロングボール、あるいはセットプレイなど、守っていても守りきれない攻撃に活路を見出して点をもぎとる。
しかし、ガマンできる時間一杯パス、コンビネーションで崩して点を取ることにトライしているあたりこの試合の先に影山監督の目指すサッカーがあるんだろうなぁと。
・・・っても、セットプレーに迫力ないから崇文いこうぜ!とか、もっとどんどんミドル打とうよ!!っておもっちゃうんですけどねえ・・・・でも、もしかしたらこういう失敗をまだまだつまなければならない時期なのかもしれませんね。いい位置にはいるので目先の勝点が気になってしゃーないですが、もうちょい辛抱強く見守っていくしかないな!と思う次第です。


◎帰ってきた2人!おかえり近藤!妹尾!


およそ1年2ヶ月ぶりに近藤徹志が帰ってきた!!!
警告の累積によりこの試合出られない植田に変わって、左CBでフル出場!
また頼もしい男が帰ってきてくれましたね。
試合に出られない時間がすごく長かったので、順調に試合に入って満足いくプレーをさせてあげてくれ><
って祈りながら見つめてましたが・・・・ほんとに休んでたのかよというあの安定感!
空中戦での強さ、左サイドでの攻撃参加、パスワーク、どれもそつなくこなしてみせ上々の滑り出しじゃないか!
CB陣はなにかと手薄になりがちなポジションですし、この出来なら次もあるでしょう。植田とまた熾烈なポジション競争して成長していってほしいですね。
おかえりなさい!


そして出ました復帰男!妹尾隆佑も帰ってきた!
驚きの電撃復帰からすぐさま出番とは・・・・やっぱたいしたもんですよ。
試合終了間近の限られた時間でしたが、もう2度と見れないと思ってた選手が見られるなんてね・・・
正直なんていっていいのかよくわからんですよ。
ってか試合ですぐ使えるレベルまでよく戻してきたなと驚くばかりです。
体のキレや試合勘なんかはまだまだでしょうが、彼にしか出来ない仕事は今のファジアーノにも残されている。
まずは練習から競争に勝ってスタメンを取っていってほしいです。
おかえりなさい!


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 4

iek  2013, 06. 04 [Tue] 00:15

試合はかなりほろ苦い結果となりましたが、影山さんが試合後「よし!」といった感じでコーチ陣と握手していたのが気になっていました。
復活した選手が十分やれたという手応えなのかな?って思ってましたが…これから色々と楽しみです。

Edit | Reply | 

tko  2013, 06. 05 [Wed] 21:32

No title

こんばんわ。

岐阜戦、大きな見せ場もなく、いつの間にか終わっていた印象です。
昇格のためには、下位チームとの対戦では「横綱相撲」で勝っていただきたいところなんですがね。

近藤良かったですよね。なんか落ち着いてた感ありです。もうちょっと見たい。

実は最近、龍ちゃんのDFに疑問を抱いてまして。
熊本戦の時に思ったのですが、龍ちゃんはドリブルで迫ってくる相手にお付き合いして、ラインをズルズル下げてるように見えます。
「もうペナルティエリアじゃん!!そんなファールできないところでDFすんな!!」と言いたくなります。
DFについてのリスク管理が少し不安ですね。
龍ちゃんの後ろに1人フォローで入って抜かれてもケアできるようにし、龍ちゃんは高い位置からガンガンDFする。そういうの見たいです。

Edit | Reply | 

Zerofagi  2013, 06. 13 [Thu] 03:49

No title

>iekさん

どうもー。影さんはだいぶ手ごたえを感じているような感じでしたね。
松本戦でもそういうところが見受けられたし、もうちょいのガマンなのかなと思ってます。

Edit | Reply | 

Zerofagi  2013, 06. 13 [Thu] 03:51

No title

>tkoさん

こんばんは。うちのDF陣はやっぱドリブルの対応がちょっと消極的すぎるきらいがありますね。
カバーがいるので行ってもいいはずなのに控えてズルズルってシーンがちょい多いなと思います。ドリブラー苦手なのはわかるんですが、いけるとこは行ってほしいですよね。

Edit | Reply |