激闘ボケ再び J2 第21節 富山 vs 岡山

なんだかんだいってもう21節ですよ。
ドロドローではじまった2013シーズンもこれで折り返し。
前節ガンバ相手に今季最高の試合をしたファジアーノ。ここはなんとか勝って弾みをつけて後半に入りたい。
ところが・・・・いい試合のあとには悪い試合。いつもの激闘ボケが顔を出すのでした。
今節は内容的に目を引くところもなく、試合自体も退屈そのものなのでサクッと振り返りたいと思います。


<スタメン>


vs富山(A)


<結果>


vs富山(A)スタッツ


◎前後半を振り返って


富山は31411という変わったフォーメーションで今季をスタートさせたんですが、ここのところケガ人が相次いでいてこの試合では従来の3421の布陣。ということはこれはマッチアップゲームそのもので、ファジのマッチアップゲームの弱さは際立ってますし、この試合の前半はその影響がモロにでていて安間監督とすれば「しめしめ」といった展開でしたね


前半、ファジボールになって攻撃に切り替わると富山の守備はスッと帰陣し、マークを外さないように体勢を整えて構えます。当然こちらの前線あるいはサイド、どこへボールが出ても必ずマークが付いていてフリーになれませんから、ファジは浮いた選手を使ってボールを前に運ぶことがほぼ出来ませんでした。
ごくたまにサイドでポッカリ空いた選手が出来ることもありましたが、富山のマークはしっかりとこちらを掴んでおり、前半シュート2本という数字が示すとおりほとんどシュートすら打てない状態でしたね。
逆に富山はファジがgdgdの攻めを展開してスキを見せているところを、スペースにボールを流して効率よくカウンターを繰り出していく。いわば良い守備が良い攻撃を引き出す理想的なサイクルで前半を戦うことができた。
特に、2シャドーのソ・ヨンドク・朝日のコンビはうまくギャップを突いてボールを持ち、巧みに攻撃を演出できてましたね。惜しむらくはここで点を取れなかったことでしょう。


後半にはいって10分、この日かなり良い動きを見せていた朝日が2枚目のイエローで退場。
これにより試合はほぼファジが支配し、富山がカウンターで一発を狙う展開になります。
富山は5-3-1のブロックを引いて、最終ラインは5枚、バイタルを3枚で封鎖し、キープ力に優れるソ・ヨンドクを1トップにおいてガマンしてガマンしてカウンターの構え。
圧倒的にボールを抑えたファジアーノでしたが、いつものゴール前まで押し込んで左へ右へ揺さぶる攻撃を展開するんですが、点のニオイがまったくしない凡庸な攻めに終始してしまいました。


CBやボランチも攻撃に参加していて枚数的な厚みはあるのに、
誰一人としてマークを外せない動き出しの質の低さや、
いちいち足元で収めて考えてからプレーを決めるプレーの遅さが目立つ目立つ。
ほとんど富山の守備を慌てさせられるようなシーンはなく、攻めのお粗末感だけがのこった後半でした。
結果、この試合もスコアレスドロー。
これで12試合引き分けとなりましたが、シーズン中盤にこの程度の攻撃で本当にいいの?という印象は拭い去れませんね。あれだけ引いた相手を崩しきれるようにならなければなりませんし、流れ関係なく得点が取れるようなオプションも必要でしょう。ともあれこれで9位が確定。まだ焦る時間じゃない。
サポが背伸びしたって意味がないので、いまのファジの実力に見合う結果を期待したいなと思う折り返し地点でありました。


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 4

yoshi  2013, 07. 01 [Mon] 22:35

またまたお久しぶりです

私も昨日、スカパーの録画を見ました。
なんと言うか、前線の動き出しが本当に見られませんでしたねぇ。
特に前半の右サイドは酷かった。
妹尾が前を埋めて田中の走り込むスペースを消してしまって、後藤からの縦ポンばっかり。。。
マジに前半は10対11の戦いだった。

後半は11対10の戦いになったのに、前にへばり付くだけで動きが。。。
田所だけが斜めに走ってみたりするもののパスも出ない?出せない?

私の個人的な感覚だと左は田所と石原
右は田中と関戸の組み合わせが前への力を感じることができるんだけど。。。

なぜかSコーチがゲームに出だしてから連携が悪くなったと感じてしまうのだけど(泣)

後半戦、どう戦ってくれるのか。。。
戦えない選手は出さないで欲しいなぁ(笑)

Edit | Reply | 

tko  2013, 07. 02 [Tue] 00:03

No title

こんばんわ。富山戦しょぼかったですねぇ。

やっぱ、シュート撃つ選手が少なすぎるのかな。

 アラちゃん … 自分でボール運ぶタイプではないので、裏の飛び出しにとにかく気をつければOK。
 石原 … 最近体はキレていて、ドリブルには目をみはるものがあるが、シュートが減った。
 両WB … シュート撃たなくもないけど、攻めの基本はサイド。ゴールラインギリギリまでクロス上げないから、ライン際だけ守ってればOK。
 両ボランチ … シュート撃つことはまずない。パスの受け側をマークしておけば、フリーにしておいてOK。

てな感じで、攻めのパターンが単調かなと。
「○○じゃないと△△しない」というのが多い気がする。
なので、我ら素人のスカウティングでも、ゼロ封できそうな気がします。

「個」の伸び悩みが見える気がしてます。
まずはチームにもっとエゴイズムがほしい。キレイなパスはいらない。「オレが決めるんだ」というスピリットと、泥臭いゴールがほしい。
富山戦でいうと関戸とか、結構自分でゴリゴリ行ってた気がします。ああいうのがチーム全体にほしい。

「J2で6位以内を狙える」チームにはなったと思います。「J1で戦えるチーム」になるために何をするのか、期待です。

Edit | Reply | 

Zerofagi  2013, 07. 04 [Thu] 20:38

No title

>yoshiさん

どうもお久しぶりです。
一人少なくなるとラッキーなはずがかえってむずかしくなるパターンでしたねえ・・・
ああいう引いた相手を崩すにはやっぱワンタッチ・ツータッチが必要と思うんですが、それもなかなか出ずと。選手から気迫みたいなものも伝わらなかったですし、やっちゃいけない試合でしたね。

Edit | Reply | 

Zerofagi  2013, 07. 04 [Thu] 20:41

No title

>tkoさん

どうもこんばんは。
チームにエゴイストが欲しいというのはほんと同感です!いい言葉ですね。
おそらくはカゲさんの志向でこのようにパスパスのチームになってるんだと思いますが、やっぱパス・ドリブル・シュートとプレーのバランスは必要だと思います。
対応があらかじめ分かる相手ほど読める相手もないですしね。

Edit | Reply |