あくまでも勝点3のために J2 第23節 岡山 vs 横浜FC

前節強敵の神戸を1-0で破り長らく続いていた勝ちナシをストップできたファジアーノ。
3連戦の最後に迎えたのは、今季初勝利をあげた相手の横浜FC。
こちらも前節の勝利を受け勢いは上がっているものの、相手は連勝中ということもあり、なかなか気の抜けない相手だったといっていいでしょう。後半戦の第2節目ということで、さらに弾みをつけるために勝点3が欲しい。
例によって1万overの大入りになったゲームだけに、ゴールを取って勝つそういうシーンを見せつけたいゲームでもありましたね。


<スタメン>


vs横浜(H)


<結果>


vs横浜スタッツ


◎光る前線の守備でペースを掴む横浜FC


前半ファジの2本に対して横浜が6本とほぼ横浜ペースですすんだのですが、
その流れを引き寄せたのは横浜の前線の守備でした。
運動量豊富な上に攻守の切り替えが非常に早く、セカンドボールをボコボコ拾っていく横浜。
ファジは低い位置でマイボールするんですが、相手の寄せが早く丁寧に繋いで展開していくことがなかなかできませんでした。となればやはりロングボールで大きく展開し、荒田の早い動き出しでスペースで収めさせる攻撃が頼り。なんですが、さすがに相手もそれは百も承知。
荒田のところはシャットアウトされており、ファジは一度攻められるとなかなか体勢を整えてビルドアップしていく展開がなかなか作れない苦しい前半でしたね。


◎横浜のファジ対策、ボランチ-2シャドーの封鎖


とはいってもまったく攻められないわけじゃない。ファジが最終ラインからビルドアップして、遅攻に入るシーンも何度となくありました。しかし、これはほとんど上手く行かずここ数試合で見せていた1トップ2シャドーがバイタル周辺で攻撃に絡んで崩しきるようなシーンはありませんでしたよね。
ん、というか攻撃の始点が低すぎました。
それはやはり横浜前線の守備が良かったからなんですが、ちょいとそのあたりを見てみましょう。
前半7分のシーンから。


ボランチーシャドー封鎖


ファジは攻撃時、ボランチがタテ関係になり4-1-5のような形になります。
このシーンでは左サイドにスライドした形になっていますが、赤線で繋いだ最終ラインの4枚、前線の5枚の2ラインが出来ていますよね。ちょうどこれにはさまれる形で真ん中にいるボランチ(このシーンでは島田)が主に攻撃の指揮者となって左右・中央と展開していきます。
横浜は4-4-2あるいは4-3-3のような形で守っていて左サイドのSHはちょっと前目に守っていました。
注目したいのは島田のところ、1トップとトップ下で挟まれておりケアされてます。
ここには通させないぞ!ってわけですね。
それにあわせるように、横浜のダブルボランチはこちらの2シャドーにマンマークで見張ってます。
となると・・・ファジはタテパスが出せない。
タテパスが出てこないならばどうやって前にボールを運ぶのか?


相手が4バックなのでミラーマッチじゃない。ということはサイドで起点を作れば・・・というところですが、
この日のダブルボランチは千明・島田で両方左利きなので、どうしても左から右へのサイドチェンジは出づらいメンツだったんですよね。(前半左→右は1本のみ)
右→左はけっこう出せていて起点を作ることはある程度できてましたが、右サイドはほとんど沈黙状態でタナソーが空気と化してました。


インサイドは締められて、サイドチェンジもそこまで効いてない。
おまけに相手の前線の守備はエネルギッシュだったので、なかなか高いところへいい形で持ち込めないファジ。
結果的には最終ラインから大きなボールで展開していくシーンが増え、可能性の高い攻撃が主体的に繰り出せなかったことが横浜にペースを渡した一因にもなってしまったなぁと。


◎やっかいな横浜の連動性、龍仁朗の退場


横浜は後ろが松下前が佐藤と攻撃時にダブルボランチがタテ関係になりますが、佐藤のデコイランなんかでこちらのボランチを釣ってサイドへ連れて行ったり、空けたスペースに両SHやトップ下が入ったり、1トップの大久保が降りてきたスペースに飛び出したりと、連動性の高い攻撃を仕掛けてきてなかなかボールの取りどころがありませんでした。
トップ下を置くチームにはいつもてこずる傾向のあるファジでしたが、この日の前半の横浜はその典型的なパターンだったと思います。
前線の守備が緩かったこともあり、横浜のビルドアップの障害になってませんでしたし、松下から右SBの野上へのロングフィードでいいシーンを作られたりとのびのびプレーさせすぎでしたね。
また後方でもマーク仕切れなくて最終ラインとボランチのヨコや裏でドフリーで受けられて前を向かれるシーンもあったりと、むあああ厄介だな!という前半でした。
おそらく守備が噛み合ってないということを影山監督も懸念したはずで、後半は久々に3142に変更して後方からのビルドアップ力の向上と、守備でのマークの修正をやってくるんじゃないか?
・・・・というところで、龍仁朗が二枚目のイエローで退場!!


ギャース!


一人減ってしまってはすべての計画が白紙に戻る。
正直2枚目のイエローは厳しすぎるジャッジだと思いますが、まあ起こってしまったことは仕方ない。
けど、どうする??ATは4バックでしのいで、なんとか前半は0-0で折り返すことは出来た。
けれども残り45分はどのようなプランでどのような結果を狙っていくのか?
自分は、龍仁朗が退場したことで高さが落ちるのでケータを投入して前線を一枚下げるかな?と予想してましたが、その予想はよい意味で裏切られることになりました。


◎あくまで勝点3のために、影山采配を読む


ハーフタイム、影山監督は関戸を下げて石原を投入。
この交代の持つ意味合いは重要でした。
前述の通り守備を固めてガチガチで守るのであれば、後藤の投入が妥当。しかし、引いて守ってしまい前線にスピードを加えなければ広大なスペースを使えるキーマンがいなくなってしまう。
欲しいのはドローではなく勝ちなのだ!それを強く印象付ける石原投入でした。
また驚きだったのが、なんと441の4バックのままで後半45分押し通す策に出たことでしょう!
ちょっと監督のコメントを引用しますね。

Q:ひとり少なくなって、DFライン4枚にした決断の理由と評価。
「前線を1枚減らす、それと3-4-3を3-5-1のような、5-3-1でもいいんですが、そういう形にして後ろをしっかり守るという考え方もあるかもしれませんが、守りながら点を取りたかったものですから、全員で辛抱して奪った後には、何とかチャンスの展望が開ける、そういった後半にしたかってものですから、4枚という決断をしました」

Q:守備については「4人で行ける」、という決断でしょうか?
「行ってくれと(笑)。1枚少なくなったんですが、横浜FCさんが今日、今までやっていない前線の並びにして、なかなかミスマッチでボールの奪いどころがなかったので、逆にはっきりすればいいかなという思いも実はありました。はっきりすればいいな、かもしれないですね(笑)。とくに真ん中2枚、サイドバックに入ったところの絞りも含めて、集中力を最後まで保ってくれたと思います」



前半は相手にギャップを突く攻撃を展開されて人を捕まえづらかったことが修正ポイントでした。
なので、4バックにして誰が誰に付くのかというマークの再設定
しかし亀になって守ってはせいぜい勝点1どまり。それすら保障されてないときてる。
ならば勝ち筋を残した上で、修正点もしっかり決着させるためには・・・・4バックでFW投入だと。
なんとも大胆な采配じゃないか!スゲー・・影さんの勝負師の一面を見た思いだ!
ポジション変更が激しかったので、図を張っておきますね。


・後半開始時

後半1
関戸→石原で石原は右SH。オッシーはシャドーから左SHへ。


後半に入って横浜は主に右SHの武岡の突破力をテコに、大久保・田原のツインタワーへクロスを供給する狙いで攻めてきました。タッチライン際まで開いてこちらのブロックを広げに来るイヤらしいポジショニングを取ってきて、しかもサイドチェンジでいい形で受けるので後半相当手を焼きましたね。
ところが・・・・前半横浜はハードワークして飛ばし気味に来ていた。しかも季節は夏!
後半20分を過ぎたあたりから徐々に横浜の運動量にかげりが見え始め、あちらこちらにスペースが出来る間延びした展開になってきます。


影山監督は、後半27分に、荒田を下げてクッキーを投入。

・後半27分

後半2
荒田→久木田で1トップ同士の交代

そして後半36分。島田に代えて最後の切り札ミムを投入。

・後半36分

後半3
島田→三村で、1トップがミム。クッキーは右SHで、石原がボランチ。

これでスペースに飛び出して相手を置き去りに出来るミムがいて、
その後を駆け上がってくるボランチ・サイドに石原・久木田とカウンター一発体制は完了
最終盤、ミムの爆発的なスピードから何度かチャンスを掴むもののしとめきることまでは出来ずドローとはなりましたが、影山監督の狙いがストンと最後にハマる小気味よさのあるいい試合になりました。


うーむ、13引き分けになってしもうた。
でもこの試合に限ってはここ3シーズンで片手で足りるくらいしか実戦でやってない4バックでやりきったこと。最後落ちてくる相手と広がるスペースを読んで、スピードのあるミムを軸に好機を作れたことは非常に素晴らしい。
ここで4バックがやれたからといって、路線変更ああるわけじゃないですが、あくまで一つのオプションとして実戦で結果を示せたのはチームの幅を考える上でよい材料になったと思います。
悪くない悪くない。夏場の季節、後半に強いファジの強みはもっと効いてくると思います。
走り倒して勝点を拾い、秋には再浮上できるようにしていきたいですね。


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0