これまでのファジと荒田の離脱を受けて

先日、我らがエース荒田の怪我による離脱が発表されましたね。
横浜戦での様子から心配の声があがっていましたが、まさか3ヶ月の長期離脱となろうとは...
水戸戦のレビューはお休みして、今日はこの話題についてやっていこうと思います。
(この記事はケータイに保存したメモを元に書いたものですんでいつもとちょっと違うけどご了承くださいませ)


◎13ドローにみるファジの立ち位置


先日の水戸戦で24節まで終了し、我らがファジは7勝13分4敗 勝点34で9位につけている。
ここまで戦って来てやはり目を引くのが13ドローという引き分けの多さ。これをどう受け止めるべきだろうか?
このドローの内容もさまざまで、強敵相手に勇戦し上手く立ち回った試合もあれば、下位のチームを攻め落とせずみすみす勝点2を落としたものもあった。強いところにも勝負できる反面弱いところにハッキリとした差を見せつけるところまでは至っていない。


これはつまり、ファジは今とっても「中位のチーム」なんだということなのだろう。
かつてはJ2の山のふもとをうろうろ彷徨っていたけれども、今はようやく中腹あたりでキャンプをはれる程度には登ってきたというところか。事実この2シーズンは序盤をのぞき大半を一桁順位で過ごしており、周囲の評価もボトムズ時代のそれとは異なる。ここからの上り坂は現場もサポも未体験ゾーン。
あらためて「中位からブレイクスルーしていくことの難しさ」を再確認しておくには良い時期なのかもしれない。


◎2013ファジのこれまでの印象・課題


今季これまでのファジの印象を簡潔に述べると、キレイなサッカーが出来なければ勝負できないチームという印象。前線の選手が変わったことで出来ることがかなり減った感は強く、代わりに加入した選手の活躍も全体的に見ればまずまずと、穴を埋めてあまりあるほどとはいかなかった。
少しだけ掘り下げると、前線のパワフルさが落ちてより技術的に確かなことをやらなければよい攻撃が出来ないイメージ。攻撃がうまくいかない時、なんとか出来る選手がおらず次善の策を欠くチームなのかなと思う。相手もこちらの良さは当然消してくるので、こちらがキレイなサッカーを展開できないとその次善の策がない分攻撃が停滞し慢性的な得点力欠乏症に陥る。けれども持ち前の守備はリーグで屈指なので、負けない。
負けないけど勝てない。こんなところだろうか。


序盤からドローを重ねたものの一時は6位以内をキープできたのは、やはりこのチームが影山監督のもと継続性をもってチームを成熟させてきた部分と、その賜物である堅守が一番の理由だろう。
リーグ戦を重ねるうちにズルズルと順位を落としている要因はやはり得点力。
「守備はいいのだからここへ攻撃力を加えたい」というのは、ここ2シーズンのファジの一番の課題である。現状守備7攻撃3くらいのところを、なるべく高いレベルでバランスをとりたい。
春から夏にかけて少しづつではあるが、チームは攻撃の手ごたえをつかみつつあったと思う。
まだまだ形になってはいないものの可能性を感じさせるチャレンジも散見され、コンビネーションの良化は確かだった。この分なら秋ぐらいには・・・と期待感を持たせる所までは来ていた。


◎荒田の長期離脱、変わらぬ影山サッカー


ところがここで荒田がケガで長期離脱・・・
チーム内得点王で、前半のMVPともいえるエースの離脱は多くのファジサポにショックを与えるには十分すぎる知らせだった。まさしく攻撃の軸ともいえる選手を失ったファジ。・・・これは試練だ。
荒田離脱以前のチームの様子を観察するに、最終的には1トップ2シャドーにタテパスを当て、そこで変化をつけて最終ラインを突破していく攻撃を模索した痕跡が見て取れていた。そのインサイドアタックの中心にいたのが荒田。むこう3ヶ月その中心選手が不在になるということでなんらかの修正を加えねばならないのは明らかだろう。
ようやく中盤やシャドーとの連携も形になりつつあったのに、なんということだ・・・


実は3バックに変わってからのこの3シーズン。
影山監督はずっと同じ到達点を目指し続けている印象をもっている。

毎シーズン前線の選手の顔ぶれが変わるために連携を1から高めなおさなければならないせいか、守備ほどに継続性を感じにくいのだけれど明らかに影さんにはたどり着きたいサッカー、やりたいサッカーがある。
恐らくイリアンとkwsnを獲得した時点からある程度方向性は頭にあったのだろう。
その青写真を現実のものとするため、毎シーズン攻撃に関してはほぼ1から苦労しつつトライし続けてきたのがここ3年のファジアーノだと思う。


◎荒田に代わるのは誰か?


さて、いわば影山サッカーの軸とも言えるFWを欠くこととなり、どういった方向性で今後のリーグ戦を戦い抜いていくのか?これこそいま最も注目すべきトピックではないだろうか。


荒田に代わるのは誰か?


一番手に考えられるのはやはり押谷か。
神戸戦で見せたような芸当は彼らしい意外性のある一発でなんとも魅力的だし、他のFWと比べると技術の高さはさすがに一枚上手という印象。しかし、本人も認めているようにポストプレーは得意としておらず、その点においては適役とは言いがたい。彼を使うのであれば荒田とは違うアプローチも求められてくるように思う。


荒田不在がはっきりとした最初の試合、つまり先日の水戸戦で初のスタメンを勝ち取ったミムはどうか?
石原とは違うタイプのスピードスターで、初速の早さは爆発的なものを持つアタッカー。
いい形で前を向ければドリブルで仕掛けられるというファジの選手の中では稀有なタレントである。
ところが、こちらも実戦において効果的なポストプレーを披露したシーンは記憶にない。
正直未知数な部分の多い選手でもある。


個人的にはクッキーを見てみたい。
松本から復帰した今季、途中交代での起用が主でポジションもサイドやシャドーが多かったけれども、もともと2年前の秋にはチアゴに代わって堂々と1トップをこなしており、中盤からボールを引き出す役をモノにしつつあった。
あの時点では受けたボールをフリックしたりして変化をつけて好機を演出するレベルにはなかったが、昨年今年とウチがやりたい攻撃のイメージは多少ゲームから読み取れる内容であったし、今季は彼もチームの中から間近で見て自分がFWならば・・・という想定もしていたことだろう。
スピードは十分だし、上背が他のFWより高いことはすくなからずアドバンテージになるはずだ。


◎移籍期間間近!新戦力はどうなるのか?


もうすぐ夏のウインドーが開き、移籍のニュースが飛び交う時期となる。
ファジはエースを欠いており、その穴を埋めるべくFWを獲得するというのは大いにありえる話だ。
チームの懐事情はわからないのでなんともいえないが、昨年も「今年はないだろう・・・」と思っていたら驚きの大屋レンタル移籍があったことを思えばやはり動くのではないか?
もし、獲得するのであれば非常に重要なポイントになってくるのがどんなタイプの選手をとるのか?ということ。ファジは夏の移籍についてここ2年失敗しているので、もし移籍があるのであれば今度こそ成果の上がる移籍を実現してほしい。


忘れてはならないのはキャンプから始まって半年を費やしても、得点を生むほどのコンビネーションは構築できなかったという点。もう夏だ、これからではあまりに時間がなさ過ぎる。
となれば、ある程度コンビネーション以外の部分でも活躍が望める選手がいい。
するとやっぱ長身の選手がいいのかな?となってくる。
今年はサイドからの攻撃が大きく成長し、両サイドからクロスが上がるようになったけれども、中に長身選手が誰もおらずというシーンが多い。それに加え、ビルドアップが上手く行かず大きく蹴り出すシーンが多い割にはほとんどボールを失う結果となり、まさに次善の策がない。
キレイな繋ぎがダメなときは蹴る、蹴る=ボールを捨てるの公式が成立しすぎている。
これを幾分でも攻撃として成り立たせるにはロングボールをマイボにつなげてくれる選手がやっぱり欲しい。
やはり高さは捨てがたい。特にJ2では。今年一番痛感している部分である。


実際どのように転ぶかはふたを開けてのお楽しみとなるが、影山監督がFWに誰を選びなにを託すのか?この点を特に注目して夏を戦って行きたいと思う。ここが中位のステージなんだと肝に銘じながら。


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 2

tko  2013, 07. 18 [Thu] 22:31

No title

こんばんわ。

私も個人的にはクッキー推しです。
スピード、上背、そして何より4月の神戸戦のようなドラマティックさ。
2011年最終節で、徳島から1点奪ったのもクッキーでしたし。「何か」を期待できる選手だと思います。

アラちゃんて身長178cmしかないんですよね。だから彼を中心としたポストプレーには、実は疑問を感じています。
彼の裏への飛び出しに、ビシッとボールを出せるパサーがいれば、もっと得点は伸びてたのかなと。
とりあえず、しっかり治療していただきたいですね。

移籍は、上背のある選手もほしいですが、私は「前線でボールキープできる選手」がほしいです。
攻撃にもっと人数をかけるために、上がりの時間を稼げる選手が。

でもそれ以前に、今のファジは「前線での決断が遅い」と感じています。
パス受けて、「えーっと」と考えながら体制整えてるうちに、DFに詰められてるように見えます。
もっとダイレクトプレーをバシバシやってくれたら、相手DFは付いて来れず、得点も生まれると思うんですよ。
各選手が、判断の速度を少しでも早くする、それを継続することで、新たに選手獲得しなくても、充分勝てると思うんですけどねぇ。

Edit | Reply | 

Zerofagi  2013, 07. 28 [Sun] 20:04

No title

>tkoさん

どうも、こんばんは。
判断の遅さはほんとに課題ですよね・・・なかなか向上してこない。
FW陣にケガ人が増えてきたのでクッキーにももうちょいチャンスが回ってくるんじゃないかな?とは思ってます。おそらく補強もあるだろうから、それまでにアピールを続けてほしいですね!

Edit | Reply |