(これが)おーかやまです!おかやまです!(1) J2 第29節 岡山 vs 東京V

この試合から始まる、J2名物「真夏の連戦シリース」第一弾。
連勝で勢いを増し7位まで順位を上げてきた東京Vが今節の相手。
ファジは熊本戦のドローで一応連敗は回避したものの、引き分け数の多さが物語る勝ちきれなさがまたも顔を出しここ6試合結果が付いてこないどん底状態にありました。
この試合から新加入のミンキュンとい清水慎太郎がベンチに入り、
這い上がる切欠はここしかない、これで変わらないなら恐らくずっと変われないだろう
個人的にはそのくらい強い思いをもっていた試合でしたが、やってくれました!


<スタメン>


vs東京V(H)


<結果>


vs東京V(H)stats


◎守備3バック、攻撃4バックの変則的なヴェルディ


一応スタートのポジションでいけば、3421のファジに対しヴェルディは352ということになるんですがね。
三浦ヤスのヴェルディは他所と違う少し変則的なフォーメーションの運用を行う興味深いチームでした。
ちょっと攻守のフォメにおけるヴェルディの変化を見てみましょう、あ、ついでにマッチアップも。
まずはヴェルディの攻撃時から。


緑の攻撃とまっちうp


注目したいのは左のCBに入っている石神
彼は攻撃時では完全にSBとして使われていて、ヴェルディボールのときは最終ラインから離れてサイドを上がってきます。本来であればWB1枚でやりくりする3バックのサイドアタックですが、石神がSBに変化するので一個前の小池と常に2枚で左サイドを攻撃するのがこのヴェルディの特徴でした。
ウチで言えば常に龍仁朗が上がりっぱなしのような状態といえば分かりやすいかな。
対面するのはこちらの右サイド、サワと石原コンビなんですけどこのコンビは右サイドもっとも守備力ある組み合わせなんですよね。サワはサイドの選手にしてはかなりフィジカル強い選手で競り合いに負けないし、石原には抜群のスピードを生かした守備範囲の広さがある。そして両者とも守備意識が高いと。
試合でもそのあたりの持ち味は存分に出してくれたと思います。


またマッチアップで注目なのはやはり浮いているところ。
ヴェルディが2トップなのでタダシが一枚あまり、トップ下を置く分安田が余ります(愛媛と同じだね)。ファジがオッシーの1トップなので、最終ラインはCB2枚ですからヴェルディのCBが一枚余ると。
安田のところを強調しましたが、ファジの守備が最もてこずるのはマークが決まらず浮いてしまう選手が出てしまう事なので、このヴェルディのフォメでいけばやはりトップ下の安田をどうケアするか?がポイントでしたね。


では、一方の守備のフォーメーションを見てみましょう。


緑の守備とまっちうp


ヴェルディは守備時は3バック(5バック化)して、523の3ラインになるんですが、黄色のところ。
中央へ人を配していて、その外に出たボールをトップなりトップ下なりがチェックにこないので、このエリアに出たボールはまずフリーで持ち上がることが出来ていました。
この前線からの守備が弱かった分、2列目のボランチの守備力が試される格好でしたが西はともかく高校生の高木しかも本職はFWということでそこでの明暗はクッキリでた試合だったと思います。


◎走る走る&走るファジアーノ!


ナイトゲームで風があり若干すごしやすかったーいうても真夏じゃけえな・・・。
持久力とそれを忠実に発揮する勤勉さはこのチームの宝であり生命線とはいえ、
よくもまあ走るわこのチーム・・・2012の湘南越えたんじゃね?ってくらいでして。
前述の通りヴェルディで注意したいのは変則4バックでの左サイドと浮いてるトップ下のところでしたが、もはやこの守備にそういう後ろの心配はまったく必要なかったですね。だって前でほとんど解決してるんだもの。
ファジアーノの出足の鋭い、連続したプレスが前半からヴェルディの前進をことごとくストップ。ヴェルディは、DFラインやサイドから前への展開がほとんど出せない状態でした。
こうなると前が向けないんだよねファジの寄せが早いしマッチアップしてるから。
繋ぎがダメならロングボールをスシボンバーへ・・っても、タダシあるいは近藤がほぼ空中戦完勝しておりそこもノーチャンス。前半だけで9本対1本と大きく水をあけたように守備に関してはほとんどパーフェクトに近いといってよい出来でしたね。
またこの守備のよさはうまく攻撃に転化されており、鋭いカウンターにつなげられていたのは大きな収穫でした。


◎徐々に持ち味を発揮しだした島田譲


前半とくに目を引いたのがこの試合でスタメンを取り戻した島田譲。
これまではボランチ同士のコンビネーションのところがイマイチだったり、持ち味のゴールに直結するダイレクトプレーがいまだ発揮されていなかった譲でしたが、この試合では随所に持ち味を発揮。
彼にとって名刺代わりの試合といえるはじめての試合になったんではないでしょうか。

特筆したいのは2点、
FWの裏抜けを演出する低い位置からのロングキックと、
サイドやペナに後ろから走りこんで攻撃に絡むところ。
前半10分のシーン。

あおやまか!


ヴェルディのカウンター気味な攻撃をはね返し、ボールを収めフタをしにきた西をいなすとヘッドアップ。
こういった低い位置でも一番にFWを見てダイレクトなプレーを選択できるのが持ち味
2CBと併走するように裏へ走っていたオッシーへというシーンでした。
なんとなく思い出しませんか?東アジア杯での青山-柿谷の得点。
島田を見て青山に似てるといった人けっこういましたが、そういう持ち味は似てると思います。
逆にオッシーのほうを考えて見ると、譲が前を向いたので「譲からボールは出てくるな」と判断して裏抜けしてるわけですからね。点にはなりませんでしたが連携面での向上を感じ取れるシーンですね。


続いて17分のシーン。


高木置き去り


左サイドのFK、素早しリスタートで田所-桑田コンビで突破。(このコンビはホント息があってきたね)
kwsnが前を向きます。それを見ていた島田が、ボランチの高木を置き去りにしてフリーラン。
ペナに侵入してクロスあげるもひっかっかってというシーンでした。
このように、背後から飛び込んでペナやサイドでいい仕事をするシーンが目立った前半でしたね。
正直高木のカバーが緩すぎたのでこのまま受け取るわけにはいきませんが、レンにはない迫力ある前線への飛び出しが出来るということは十分伝わったシーンだったと思います。


ボランチの飛び出し、CBの攻撃参加と今季最も積極性が発揮された試合でありました。
しかし、前半のうちに1点とれたのはほんとうに大きかった。
いかに持久力自慢のファジといえどもガソリンは無尽蔵ではない。
前半の飛ばし気味に攻守を戦った分、その分エネルギーは消費しますから、
投資したスタミナは点に変えて回収しなければ徒労に終わることは多々あります
そういう意味では、42分のサワの得点のもつ意味は大変大きかったですね。
攻めの形も作れていて、守備はほぼ満点。
いい時間帯に決め切れなければいやな感じが・・・・はサッカーあるあるですが、払拭する1点でした。


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 2

みかんこ  2013, 08. 19 [Mon] 23:07

No title

完勝!!(笑)見に行けなかったうちらは負け組です・・はい。
札幌遠征までにはまた、プレーオフ圏内まで肉薄してほしいです。

Edit | Reply | 

ZeroFagi  2013, 08. 23 [Fri] 19:07

No title

>みかんこさん


札幌は今のファジでも要警戒の相手ですね、前にデカいのいるし・・・
7位ですからこっからが本当の勝負。おもしろくなってきましたよ!

Edit | Reply |