速報! 中国リーグ第17節 ネクスvs冨士ゼロックス広島

時間がないので手短に、しかも後半試合に没頭してたのでほとんど前半の内容ばかりですがツネイシフィールドで行われたネクスの最終戦の一個前、第17節の模様をお伝えします。


<スタメン>


ネクスvsゼロックス


<結果>


ネクス 1-1 冨士ゼロックス広島


◎立場の違いを反映したゲーム展開


冨士ゼロックスは昇格も降格も絡まない順位、それに対しネクスは現在首位とはいえデッツォーラ島根と勝点差3しかないということでここは勝点3を上げ最終戦の直接対決をより優位に進めたいところ。
試合はそんな両者の立場の違いを反映し、ボールを支配し攻め崩していくネクス。しっかりと守備をして失点を防ぎ一発のカウンターに活路を見出すゼロックスという構図で展開していきます。


◎ゼロックスの守備戦術にハマるネクス


ゼロックスのフォメは442。2トップは前から決して行かずに我慢して4-4のブロックの前にしっかりとポジションをとります。44に2枚守備なんで、10枚すべてが守備に戻るという鉄壁の構えでもってネクスを迎え撃つ。
ネクスとしては、サイド・インサイドをうまく使いブロックをこじ開けて行きたい所でしたが、中央を締めてサイドへ誘導するゼロックスの守備にハマり試合は守備でリズムをつかんだゼロックスペースで転がる。


インサイド×


ゼロックスがインサイドを締めてくるので、ネクスはタテパスが通せず自然とブロックの外へ外へという展開に。
この日のシャドーは幡野と藤岡だったけど、ここにもし飯田がいれば後方からボールを引き出すのがうまいのでインサイドもいけた可能性があったんだけれどね・・・まあこの日は欠場。仕方ないところ。
ボランチの寄特・宮田は細かいショートパスでゲームを作っていくというよりも守備力に見所のあるタイプで、そのあたりの選手の特性も事態を難しくしたかも知らん。


WB狙い


ゼロックスの狙いはWBのところ。
中央へのタテがない→ブロック迂回→WBへと流れたところで、SBとSHでサンドして刈り取る。前半だけでも3回はこの形でボールを奪われていて明らかに狙われていた。
さあこうなると困った。インサイドはつなげない、サイドは狙われてる。うーん・・・・
といううまくいかない感じのネクスに対し、守備でリズムをつかんだゼロックスはこちらのショートパスのミスをかっさらっては大きく蹴りだしカウンターと、守備力をうまく攻撃力に転換できていた。
この日のネクスは中盤の底と最終ライン間あたりの潰し、コボレ拾いに物足りなさがあり穴でした。
前半、ゼロックスのカウンターからペナ内で西原が倒しPK・・・・
しかしこれは守護神松原がビッグセーブで抑える!!!


◎牧内さんの一手で好転する前半終盤


相変わらずうまくいかない展開を見て、牧内さんが動く!
前半のこり10分くらい(だったかな?)で、選手の交代ではなくポジションの入れ替えによってテコ入れをはかる。


前半のポジチェン


幡野をシャドー→ボランチ
カトケン(ユース)を右WB→シャドー
寄特をボランチ→右WB

とチェンジ。ちょうど3人がそれぞれくるっと立ち位置を変えたかっこうに。
これが当たり!幡野が一列降りたことで中盤の細かい繋ぎや、ブロック間でうけるリズムが生まれ次第に繋ぎがスムーズになる。それと同時に、ほんらいインサイドでのプレーが得意なカトケンもシャドーに入ったことでプレーが良くなり、繋ぎの良化に一役買うことに。
そして、良いリズムをつかんだままこのまま終わるのかな?と思われた45分。
右WBにはいっていた寄特の美しい浮玉のシュートがゴールに突き刺さり、それと同時に前半終了!!
これなんてブザービーター?(笑)
サッカーではあまりお目にかかれない珍しい形でなんとかリードを保って後半へ。


◎4231へのフォメチェンジとやっぱ中盤底の守備が・・


HTでのメンバー交代があり、
カトケン、寄特がアウト。交代してヨンデ、翼がイン。
明日も試合があるという連戦なのでこのあたりのことを考慮しての交代か。
驚きだったのはフォメ。なんと4バックの4231!


ネクス4231


新中をトップにおいてその下に藤岡。
翼は右SHで、SBはよしたつ(ユース)。ヨンデはそのままCBに入り、左SBに坂本がズレる。
このフォメチェンジの意図はちょっとわかりませんでしたが、正直うまく行っている感触はなかったですね。
ネクスの姿勢としては、もう一点とりに行く姿勢で決して消極的ではありませんでした。
しかしながら、この試合は直優勝か否かを繋がる試合であり、ある意味この試合のために戦ってきたようなものでもあるくらい重要な試合。その点を考えると、はたしてここで普段やっていないことをやってみる必要があったのかどうか・・・・まあこれも失点を喫しドローになってしまったからこそなんですがね。


失点はやはりこちらのショートパスがミスになりターンオーバー。ショートカウンターからズドン!という形で、どうしてもこの日はセカンドの反応やそもそもの潰しのところの物足りなさが目に付いた試合でした。それからマイボでの展開の際のミスからのカウンターを食らいすぎたね・・・
もうすこし無難にやればよかったんじゃないか?とやはり思ってしまう、ある意味もったいないドローでした。


◎とにもかくにも最終戦、直接対決で決めよう!


次の試合、デッツがシティを5-0の大差で勝ちこれで勝点差は僅かに1!
明日、今日と同じ会場のツネイシフィールドAにて中国リーグの王者をかけてデッツォーラと争うことになりました。勝点上1リードなので、引き分けか勝ちでネクス優勝。負ければデッツ優勝となり、非常に分かりやすい!
試合ちょろっとみましたけどね、デッツは強ぇええよ!?まじで・・・


ある意味、ネクスが初の中国王者になるためにふさわしいラスボスがこのデッツォーラ島根でしょう。
明日はトップが本城で13:00から試合で、こちらもPO圏内生き残りをかけて決戦ですが、
もし北九州までいけないという方はネクスのほうに足を運んではいかがでしょうか?


中国リーグ18節 デッツォーラ島根vsネクスファジ 

試合開始時間 12時50分

会場 ツネイシフィールド(A)(みろくの里の奥)



明日はしっかり勝って優勝しよう!


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 2

えだまめ  2013, 09. 21 [Sat] 17:57

No title

相手のセンターバックもサイドにボールを出させていくという戦術だったと言ってました。
相手のバイタルでボールを受けることと、ダイアナゴルで相手のバックラインの裏を狙うことができなければ正直厳しいですね。

Edit | Reply | 

ZeroFagi  2013, 09. 24 [Tue] 18:40

No title

>えだまめさん


教えていただいてほんとありがとうございます!
カンスタのように俯角があるわけじゃないので見にくかったんですが、そういう環境でもちゃんとサッカー見るいい修行になりました。
試合はおっしゃるとおり、バイタルで受けれないのでほぼ新中のSB裏へ抜けるダイアゴナルしか起点が作れないという流れでしたね。

Edit | Reply |