未だ答えは出ず、しかし歩みは前へ J2 第37節 岡山 vs 愛媛

ずいぶん長く更新があいてしまいまして、お久しぶりです。
快勝した千葉戦からは2週間、その間にアウェイ長崎戦・天皇杯柏戦とミラーゲームの連戦つづきのファジ。
そして今節迎える対戦相手の愛媛も3421と。
あたかもファジにとって苦手なミラーゲームを強いられているかのようなそんな試合の並びになっておりましたね。シーズンも大詰め。勝点の計算に忙しい時期になってきました。


<スタメン>


vs愛媛(H)


<結果>


vs愛媛(H)stats


◎ミラーゲームで浮き彫りになる両者の差


ミラーゲーム3連戦、愛媛戦もやはり堅い試合運びになりましたね。
愛媛はトップにボールを当ててそこ落としを2シャドーやサイドがフォローして攻撃していくスタイルのようで、1トップの河原にいいボールが入り、またいい落としが出来たときには連動性のある攻撃を披露。
これに対しファジは、前線からの守備とオッシー・しんたろのFW陣のスペースへのアクセスでもって攻撃を仕掛ける。やはり、ミンキュン・しんたろの2枚がフィジカル的にも強く収まるので攻撃に安定感が出てきたのがここ最近の試合です。そういえば、スタメンもだいぶ固定メンバーになってきましたね。


さて両者3421なわけですが、
やはり一日の長というかファジのほうがやはり3バックは上手という印象を持った試合でした。
というのも、愛媛はバックラインからのビルドアップに安定感がなくCB→トップのパスコースを遮断されると攻撃が組み立てられない難しさがあったんですね。攻撃時に愛媛は、左CBの浦田を高い位置に置きSBのような位置に送るのですが(この攻め方ある程度定石化してきたね)、そこでこちらのしんたろのプレスを回避できたときはサイドでうまく起点を作れるけれど、その前段階でミスが出たりと不安定。
ファジのほうは後方から繋ぎ、サイド・タテパス・サイドチェンジなどを狙っていく攻撃をもう長いことやっていますのでここのクオリティの差は顕著だったかなと思います。
とはいってもミスって危ないシーンがあったのでお互い様かもしれませんが(笑)
ファジとしてはいい形でボールが取れ、カウンターに転じられるチャンスの多い試合だっただけに流れで得点したかったところでした。


◎ミラーゲームを勝つために必要なこと


前半はファジがオッシーの素晴らしい無回転FKが愛媛ゴールを破り先制。
愛媛も負けじと加藤がFKを直接決め同点。


以前放送かなんかで言ったかもしれません、個人的に思っていることですが、
ファジがミラーゲームをモノにするのに必要なことは3つある。
1.セットプレイ
2.流れ無関係の攻撃
3.相手のミス

この3つがミラーゲームでは重要であると考えています。

1,3は説明要らないと思いますので、「2.流れ無関係の攻撃」について。これは例えばミドルシュートとか、作って崩しきってシュートという攻撃以外の攻撃。最近で言えば、長崎戦の千明の先制点はミドルが敵に当たり角度が変わってゴールしたラッキーなゴールでしたが、あれなんかまさにこれ。
ファジはセットプレイの得点が極端に少なく、ミドルシュートをあまり打ちません。
そりゃゴールは取れないわな・・・ってなもんでここまで苦労してきたわけですが、ここへ来てかなり改善が見られてきました。セットプレイについては近藤のゴール連発があったようにCKからだいぶ取れるようになってきましたし、松本戦なんてセットプレイで勝ったといっていいと思います。
島田・千明のボランチコンビになってからは割と遠目でもミドルを打っていく傾向がでてきていますし、もっともっと打っていい。レンなんて2人に負けないくらいドンドン打って欲しいと思います。プラスアルファないならずっとベンチなんだから。そのくらい譲はやっぱいいからね。


◎未だ答えは出ず、しかし歩みは前へ


試合は前半リードして終わったファジが後半はやや構えしっかりとした守備からカウンターで何度もチャンスを演出・・・・けれど、追加点が取れずFKで追いつかれまたドローかよ・・・という試合でしたね。
自分はさほどショックを受けませんでしたが、カンスタメインのドローになった直後の静けさはあまり見かけないもので落胆の色の濃い風景でした。
まあたらればは尽きませんがね、カウンターであれほどミスってはドローもやむなしですわな。
こちらがリードして相手が出てくる、千葉戦なんかと同じシチュエーションではっきりいってウハウハ状態なはずなんですよ試合運び的には。けれどもそこで決めきれずみすみす勝点を失ってしまうのはまだまだそういうチームではないってことだと思うしかない。上記のようにミラーゲームの内容は少しづつですが改善されつつある。まだそれがゲームにはっきり出て、ひいては順位に反映されるところまでは至っていない。
現状はそんな感じなのかなと考えております。


リーグ戦ものこすところ後わずかになってきました。
このドローの「またかよ・・・」感や、どんどんPOの門が閉まっていく感じなどいろいろ思うところはありますが、結局チームが成長していてその実力が(まぐれだったとしても)なければ振り落とされる勝点競争です。
ならば、最後の試合まで成長を願い、それを見届けて来期につなげるだけだと思う次第であります。
ひさびさの更新でとりとめもない話になりましたが、今節はこんなところで。


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0