2013 ホーム最終戦 セレモニーでの社長・監督あいさつ

残念ながらホーム最終戦は勝利することが出来ませんでした。
やはり徳島戦での敗北によりPO圏内進出の可能性が失われたことは影響大だったかもしれませんね。
毎年最終戦では終わりにセレモニーが催されるのですが、そこでの木村社長・影山監督のあいさつを書き起こして記録しておきます。社長や監督のシーズンに対する考えや来期に向けた意気込みなど必見の内容です!


◎木村社長あいさつ


・木村正明社長:


ホーム最終戦に駆けつけてくださいましたファジアーノ岡山ファン・サポーターの皆様。
本日は誠にありがとうございました。(各方へ向いて礼、場内拍手)
そして、遠方富山よりわざわざ岡山に駆けつけてくださいました、富山サポーターの皆様本当にありがとうございました。(アウェイエリアを向いて礼、富山より拍手)


念願の練習拠点を得た記念すべき2013年となりました。
この聖地カンコースタジアムで皆様と時に喜び時に悲しみ、たくさんのドラマがこの聖地カンコースタジアムで生まれました。ファジアーノ岡山ジュニアユースチームは、ファジアーノ岡山アカデミーとして初の全国大会、アディダスカップに進出することが出来ました。(場内拍手)
ファジアーノ岡山ユースチームは、はじめて3学年そろい、そして念願のアカデミーから5名プロ選手を輩出することとなりました。中国プリンスリーグに向けまだ大事な戦いが残っております。
そしてファジアーノ岡山ネクストは、今週末新潟で大事な試合が控えております。必ずや勝利を持ち帰ってくれると信じております。


トップチームは来年、影山体制5年目を迎えます。
今年の得失点差に現れているように、チームは確実に成長していると思っております。
今年POに進出できなかったことを心からお詫びしたいと思います。来年、大きな目標に向けて一丸となって戦っていきたいとおもいます。今日の悔しさを忘れず、そしてすでに来シーズンは始まっていると思います。
明日からの練習、そしてアウェイ福岡における最終戦全力で戦い。そして下を向いている暇はなく、来シーズンに向けて一歩づつ進んで行きたい。そのように思っております。
どうか皆様、来シーズンもこのスタジアムに足を運んでいただき、選手とともに戦ってください。そして、力をお与えください。私どもは来シーズン2014年、最後まで戦い抜くことを誓います。
今シーズンもほんとうにありがとうございました。
(場内拍手)


◎影山監督あいさつ


・影山雅永監督:


(正面GATE10へ一礼、場内拍手)
2013シーズン、皆さん本当にありがとうございました。
本来であればこの場で来週の福岡戦に向けて、POをかけて戦いますと胸を張って言いたかった所なんですけど、叶いませんでした、力不足です。
先週の徳島戦に負けて試合後にサポーターの皆様のほうにあいさつに行ったときにですね、ほんとに温かい拍手で迎えていただきました。負けたのにもかかわらず。その際に、可能性がなくなってもホームの最終戦そして最後の福岡戦までわれわれ100パーセントを出そうと、そして必ず成長している姿をみなさんに見せて笑って帰れるような試合をしようと。そう誓っていたのですが、それも今日叶いませんでした。まさに力不足だと思っています。申し訳ありません。


今日の、ウォーミングアップが終わって試合に入っていくときにですね、GATE10のサポーターの皆さんが。
ウォーミングアップの際ですね申し訳ありません。
「全力で走る僕らを全力で応援する」と、そういう横断幕がありました。
まさしくそこだと思うんですね、ファジアーノらしさというのは。ヘタクソでもと言ったら、これはプロとしてもっともっと上手にならなければいけないかもしれませんけれども、試合が始まり試合が終わる、その笛の瞬間までひたむきに諦めず走り続ける。そういったチームをもう一度、必ず立て直したいと思います。
来年また!という言葉の前にですね、来週の福岡戦にここにいる選手・スタッフ全員で顔上げて必ず最後まで走りきる全力で走りきる姿を、福岡にいらっしゃってくれる皆様そしてブラウン管で見ていただける皆様にお届けできるように1週間しっかりとトレーニングします。ぜひその福岡戦、見届けていただいて引き続き来年もカンスタに来ていただけることをお待ちしております。
今シーズンよりも必ず成長して順位を上げる。そういったものを来週からのトレーニングそして福岡戦、その戦いを来期の2014シーズンに必ずつなげたいとおもいます。
ほんとにこの1年間、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。





昨年は絶対J1と言う言葉も飛び出た、最終戦セレモニーでしたが、今年は来季における明確な目標設定はなし。
これでいいと思います。身の丈に合わない目標を立てても意味がないですし、まだまだファジアーノには力が足りない。ネクスが来年どこでやるか?そこも重要なポイントになってきますし、またもやファジは大きな転換期を迎えますね。しばらくはガマンを続けるシーズンが続きそうですが、粘り強く見守って生きたいと思います。


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 1

-  2013, 11. 29 [Fri] 17:26

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply |