でもやっぱり「開幕戦」(3) 2014 J2 第1節 岡山 vs 富山

まだだ!まだおわらんよ!(笑)


ということで3本目では試合の後半を振り返ってみましょうや。
いやーー時間をたっぷり使って気がついたことをゆっくり形に出来るのってやってて楽しいです。
速報性というか試合の「熱が冷めないうちに」なんて思ってはいましたが、これはこれでありだなぁ。
さて余談はさておき、前半はコチラのほうが決定機も多かったですしコチラのゲームとはいかないまでも勝ちを手繰り寄せる可能性ではうわまっていたと思います。ところが後半はこれが一転。
富山のアグレッシブなサッカーにタジタジになり、後半はアチラにゲームを譲ってしまうことになりましたね。


<フォーメーション>


後半vs富山(H)


双方ともに選手交代はなし。


◎富山のアグレッシブな前プレにタジタジファジ


後半開始早々から富山は富山はプレスの早さを一段高め、またプレスバックもクッソ早くなってきました、これによりもともと安定感のなかったファジのビルドアップはさらにフワフワとしたものになりより攻撃面で手を焼くことになってしまいました。さらにこの悪い流れを助長したのが、イージーなパスすらミスしまくるお粗末なプレーの続出。これはみっともなかったですね(涙)
富山は前述のとおり中央からサイドへ誘導し、WBに渡った時点で2vs1の状況を巧みに作ります。
どこへでても常にフタがしてあって、ファジはなかなかスムーズに前へ繋げない。特に横へ逃がすパスをケアする前線の選手のプレスバックは利きまくっており、テンポが全然でんのんよな・・・


このように富山の守備の狙いはばっちりハマっており、ペースは徐々に富山に傾きます。
そんなこの後半、ひとつだけよかったなと思ったのが「WBが高い位置を取れない・ボランチがタテパスを打ち込めない問題」の一つの打開策として、WB田所からのナナメのタテパス+シャドーのポストでの大きなワンツーが見られたのはよかった。誰もタテにボールを付けらないなら、浮きがちなWBでというアイデアですがしっかりと連動してましたし、精度・呼吸もまずまず。富山のSBがしっかり付いていたので抜け出せはしませんでしたが、なにもファジとて無策ではないという印象を持ちました。とはいえ状況は悪い。さらに富山のJ2トップクラスに肩を並べはじめた前線のスター候補が輝きを放ち始めます・・・・


◎荷物をまとめて即刻清水へ帰りなさい-白崎怖すぎワロタ


覚醒した苔口、最年少ハットトリック記録を持つ中島、そして将来を嘱望されるトップ下白崎。
富山の前線は今季かなりレベルの高い選手が揃いましたが、
後半の前半ついに猛威を振るい始めたのが白崎。いやぁぁぁこのまま寝ててほしかった・・


落ちる白崎


前半の終わりくらいからポジションを落とし中盤でのつなぎに加わるプレーを見せ始めていた白崎ですが、
後半に入ってはその傾向を強め、こちらのボランチの背後や横脇あたりで巧みに浮いてはボールを受け始めることに成功します。トップ下のチームはこれがいやなんだよね・・・・
ボランチのフィルターが外れてしまえばもう最終ラインですからね・・・・


これにより前を向いた白崎を起点に、どんどん攻勢を強めることが出来た富山でした。
そもそも富山の中盤の枚数に対して、局面局面で人数が足りるわけがないのでこちらは工夫をしなければ中盤で押されるはずなのですが、この白崎が落ちてくるプレーは「ちょっと、それマジやめて・・・」
だいたいね、前向いたらほとんどドリブルをストップすることは不可能って時点で反則ですし、75分には40mくらい単騎でドリブルで持ち込み、最後体を投げ出してきたDFすら読みきっていなしてシュート・・・も僅かに外ってのありましたね。いいから、即刻清水に帰ってくれ!と思わずにいられないタレントっぷりという・・
守備面ではバチッバチッとハマりファジはアップアップ、その上トップ下の白崎が攻撃を牽引し徐々に得点のニオイをかもし出してきた富山が後半の主導権を握ります。攻守ともに富山が上回り、とても危険な時間帯でしたね。
勝負どころということで、65分までガマンし影さんが動きます。


◎3142へ、影さんの我慢の限界・裏目った押谷→荒田


ちょっと監督のコメントを引用して、かかる白崎問題に対する影さんの考えを読んでみましょう。


Q:「力を出させてあげられなかった」というのはどのような点でしょうか。
●影山雅永監督(岡山):
「並びがまったく違うんですよね。後半押し込まれた時間、しのがなければ難しいかなという思いで、選手に指示を出した部分があったんですが、そこは僕のエゴだったか、そのままでいれば彼らはもっと出来ていたのか、勝点2をプラスできたのか、という思いがあるので。あそこで我慢していたらトレーニングでやっていたプレーが出せていたんじゃないかという思いです。とくに後半ですね。」
「今日は富山さんもうちの良さを消しにきたと思いますし、僕もそういう時間帯に対策をしたということ」



中盤で浮き、輝き始めたトップ下白崎をケアすべく65分影さんが動き、フォメを変更します。


3142へ


シャドーだった妹尾を一列落とし右のセントラルMFへ。
千明をアンカーへ落とし中盤に3枚そろえるいわゆる3センター。
3421→3142へ変更。昨季から場面によって使われてきた形ですが、主にマッチアップしないことで不安定な守備のテコいれの意味合いが強い変化ですね。特に4231なんかのチームにはこのような変化を加えて抑えてきた実績があります。これにより、一枚分余裕を持った中盤の守備力が向上し、けっこう白崎の勢いを消しにかかることに成功しました。


ところで、後半10分でオッシー→荒田への交代が行われましたがおそらくこれはオッシーの時間制限によるものだったんじゃないか?と思います。もともとキャンプで出遅れ気味で、スタメンはちょっとキツイかも?だったオッシーでしたし、5,60分なら-ということでの起用だったのかなあと。で、同じく裏抜けならば天下一品荒ちゃん投入で前線の怖さを維持したいと。・・・・ところがこれは裏目にでました(汗)
押し込まれる展開が多かったので、マークを背負いながらボールを受けスペースやフリーマンに流し攻撃の流れを作る仕事が求められるシーンの連続でしたが、ことごとく荒田は潰されてしまう・・・
あとで片山が投入され、ロングスローで大いにカンスタを沸かせてくれましたが、どっちかといえば荒田よりまずこっちが先だったかと。まあ結果論に過ぎませんが、流れを読み違えてしまった感が強い交代でした。


◎正常化した右サイド-75分石原投入


のこり15分、安間監督はセントラルの左右を同時交代させます。
それと同時に影山監督も、ついに石原崇兆を起用。足が止まってくるということもあり、再び勝負どころを迎えます。


たかよし


右のWBに石原をいれ、しょーまをアンカーへ。千明を一列上げて左のセントラル。
しょーまはこのチームで多分WBにしてもアンカーにしてもほとんどやってなかったんじゃないかな?と思います。
右WBとしてのプレーも正直パッとしなかったですし、本人としても悔しいでしょうがでもしゃーないよと思うんだよね。やはり彼が最も輝くポジションはこの2つでは全然ないと。急場しのぎでのコンバートによく耐えてくれたと思いますし、そこそこやってくれるあたりにさすが鎌田翔雅!ポリバレントじゃなぁあああと感じました。


石原の右は個人的には一刻も早く見たかった起用で、前にも言ったとおり影さんは彼にスタメンさせたかったハズだと考えています。早速投入直後から快足を飛ばしてSBと左セントラルの2枚を相手取って右サイドを押し込み始めましたし、やつがいればタテに仕掛けられ、局面を引っ張ることが出来る。この仕事が出来るのは石原・タナソー(ちょろっとミム)くらいですからね。(この試合に登録されたメンバーでは石原のみじゃしなあ)
フタをされて停滞するサイドがタテ方向にボールを運べるなら、中の人間とてサイドで作った時間を生かしていたずらも出来るだろうと。つくづく惜しかった・・・前半にこれをみたかったんだよ(泣)
だって右WBの大外を回ってしょーまが上がってくるからね。なんかとってもスッキリするんだものそのほうが。


◎いいことさがしのコーナー


さて、長々とやってまいりましたがそろそろ締めに入りたいと思います。
ファジラボのほうで監督が「やりたいこと、やってきたことをだそうともしてなかった」のがこの試合であり、採点するなら採点不可かなあというのが個人的な感想です。まあなんじゃそら(笑)なんですが、やりたいことがなんもできてないなら「これが今年のサッカーかー」もないわけでね。次節その辺が見れればいいなと。
再び監督のコメントですが、


●影山雅永監督(岡山):
「人がボールに対してどんどん絡んでいくことが、その人数を多くすることが、勝点2をプラスすることに必要なんですね」



というのがありますが、影さんが3バックをはじめてから目指してるサッカーは変わってない。ブレてるわけではないと。そういうところは確認できますし、練習なんかでもその辺の意識を強く持ったトレーニングが続いているんじゃないかなと思います。昨季はその完成がシーズン終わりにやっとでしたが、今年はどのくらいのタイミングでどの程度の高さまで出来るかで勝点が決まると思います。それを見る楽しみが再確認できた開幕でした。


そして新加入の選手。
しょーまは右CBでどのくらいのものを見せてくれるか。ポリバレントな能力は見せてくれましたし、彼のおかげでできることは間違いなく増えるでしょう。開幕は忘れて次に大いに期待したいです。
そしてめっけもんだったのが、なんといってもヘーイヘイヘイ容平!!
高さ・スピード・技術と総合的にレベルの高い選手で、しかも献身性も高く守備もしつこい。ウチにもってこいの選手じゃないですか!!正直、J2レベルに埋没しないタレントが前線には必要とおもっていたんですが、オッシー・荒田・しんたろ(まだ清水慎太郎がいるんだぜ?)そして林と、
いやー申し分ないです。揃ってます。あとはやるだけ。
そしてルーキーの片山、まだまだ荒削りで途中から入ってゲームの流れに乗り切れてない感じは相当しましたが、フィジカルの強さ・高さ、そして思ったよりもやわらかいプレー。おまけにロングスローもアリと、こちらも想像よりもよい選手で面白い選手だなと感じさせてくれました。
守備陣も昨季のバタバタは失せ、元々あったリーグ1,2の守備力の再建は十分可能性あるなと思いましたね。
結果的にはうーむ、ドローか・・・・「17ドロー・・・ウッ頭が・・・」みたいな感じもあるんじゃけどね。
例年に比べプラス材料の多いものであったかなと思います。さあ次は千葉。フクアリで勝って、「これが2014のファジ!」という試合を見せてほしいですね。


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0