城攻めしてみてわかってきたこと(2) J2 第2節 千葉 vs 岡山

さて引き続き後半を振り返っていきましょう。
ハーフタイムを終えて、双方ともに交代はなし。


<フォーメーション>


vs千葉(A)後半


◎あらかた思いどうりの展開


千葉にしてもファジにしてもどちらももともとリーグ上位の守備力を発揮してきたチームですから、スコアが動かない展開は予想しやすかった試合だったと思います。ファジとすれば千葉は格上ですから、そんなにチャンスがバンバン訪れる想像はしにくいところ。前回対戦では3-0でしたが、やはりそれは本来の千葉の守備力を考えると動きすぎた試合でした。千葉が崩れた要員は失点にありました。
やはり先制点が大事、しかも格上相手ならなおさらですね。


逆にもしファジが失点してしまうと、複数得点がバンバン取れてきたチームではないのでドローが精一杯の展開になるだろうと。つまり次の一点が試合を決する可能性が高い。そういう意味では、1点ゲームを狙っていく上で失点しないように進め、叶わずスーパーゴールによって敗れてしまったこの試合はある程度思いどうりに進んだ試合だったのかなと思います。ちなみに失点の山中のスーパーゴールはもうあれはどうしようもないでしょ?(笑)
となれば、あのようなカウンターを許してしまったのがよくなかった・・・となるのですが、
どんなところでどう失ったのだろう?と見てみれば、
左サイドで田所に千明、そこに譲まで絡んだ上でミスパスと。

そうかボランチ二枚でてってるところでミスで失くしたのか・・・
もしかしたら帰陣が間に合いゴールを割らせない守備が出来た可能性もありますが、あれじゃノーチャンス。
ファジはもともとカウンターでの失点が相当少ないチームでありますが、
今後なお一層攻撃時のリスク管理については気を引き締めるよい材料となってくれたらいいですね。
そうでもしないともったいない。


◎マイボール時のフォロー、動き出しの鈍さ


後半になって時間とともにスペースが出来始め、さらに後ろのほうからボールを持てる余裕は増した後半でしたね。疲労度からミスや動き出しが減ってきたこともありますが、この後半やや不満だったのがパスコースを提供するためのフォロー・動き出しの鈍さでした。
せっかく出し手が前を向いてパスを出せる体勢にあるのに、それより前方の選手がそれを感じて動き出してあげることができておらずポンポンとリズムよくボールがなかなか回らないことが多かった。
おそらく今年のファジもボールホルダーに複数の選手が絡んで押上げていくサッカーをやっていくと思うので、まだまだこの辺は改善の余地が大きいなと思います。


◎いいことさがしのコーナー


後半はさほど興味を引かれるところがなかったのではやめにいっちゃいましょう「いいことさがしのコーナー」!
他の人がやっていてこれいいな!と思ったので今後これを締めの定番コーナーにしようと思います(笑)


まずパッ思いつくのが、田所のクロスがまた成長してんじゃないか??ということ。
この試合タドがカド100%から狙いすましてクロスを上げるシーンなんてほとんどなかったと思うんですね。どのクロスに対してもマーカーが付いており、タドにそこを剥がしきるようなプレーはそこまでない。これはしょーまも同じね。注目すべきはマーカーごしでもしっかりといいボールを折り返せるクロスの技術これはスゴい!
これまでは張り付かれていると剥がすか、剥がせないまま上げて体に当てられるシーンがほとんどだったのに、クロスのいタイミングをズラしたり高さを変えたりと変化をつけて上げきってきてる。
なんかまさますサイド職人っぽさを増してきてるねタド・・・


それからチーム全体としては、コンセプトに沿ったサッカーを少しだけど実戦で見せてくれたことはよかったですね。あーやっぱ影さんはブレないで、当初目指してた地点へ今年もいくのだな、と。
これは個人的な推測ですが、3バックやるぞ!ってなった2011シーズンからすでにそれはきまってたんじゃないか?と思います。イリアンとクワシンを獲得したことで決まったのかもしれませんが。
毎年同じ山のてっぺんを目指し、ある程度の高さまでは登って年がかわってまたふもとから開始。
2011シーズンからこっちこと攻撃に関してはそういうトライを続けてきているのが影山ファジだと思うのですよ。
クワシンはあまりファジサポの評価を得られなかった選手でしたが、今年ここにkwsnがいればもっと楽しいのに・・・と思えるサッカーが出来ればファジの攻撃がよくなっている証拠と断言できます。
自分からするとkwsnは岡山には早すぎた・・・と悔しい思いもあるんですが、この試合を見ていて昨年のアウェイ鳥取戦を思い出したんですよね。同じようにトップに当てて落とし、第三の男が最終ラインをブレイクする。
そういう攻撃を見せていたのに周囲はそこまで見えておらず・・・っていうシーンがどうしてもオーバーラップしてくる。しかし、(1)で取り上げた妹尾がフリックして荒田が最終ラインをブレイクというシーンがあったように、前線の選手にそういうイメージが共有されている感触がある、しかもこの序盤戦に。
これは期待を抱かせてくれる材料なのではないかな?とおもいますマジで。


最後に一言、やっぱあいつは素晴らしい戦力だよ。
妹尾隆佑が復帰してくれてほんとにほんとによかったって思わん?(笑)


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0