『今』をしっかりと見つめてみよう J2 第3節 岡山 vs 群馬

開幕ダッシュで遅れをとったファジアーノ。


「とにかく勝ちを!なんでもいいから!」


なかなかに調子の上がらぬ鬼門の3月とはいえ、やはり勝ちが待ち遠しい気持ちはどうにもできないものですね。
まだかまだかと待ちわびた今季初勝利はまたもお預け。
前節少し前進したかと思わせた2014ファジは、この試合でなすすべなく空転し敗北。
試合内容も歯車が噛み合わず、心配になるほどと・・・・


こういう試合の後は気持ちの整理が難しい。
試合後もサポの間ではポジとネガが混然となった大騒ぎでしたが、それも仕方のないところかもしれません。
自分としてはポジティヴに切り替えていくファジサポさんも大好きですし、つい悔しさが高じて行き過ぎたヤジやグチに走ってしまうネガティヴなファジサポさんの気持ちもわかるような気がします。
プロはなんといっても結果が問われるものでもありますから。
長いシーズンに必ずこのような敗戦や時期はあるものですし、試合は続いていきます。
グッとこらえて前を向き盛りたてていくにせよ、不貞腐れて悶々と次を待つにせよ、

「とりあえず2014ファジの『今』ってどうなん?」

ってところを考えておくのは決して無益なことではないと思います。
あらためてファジの現状や立場を踏まえ、苦しい状況とはいえそれでもやるぞ!となるためにいっちょここで現状のファジの気になるところなどを腰をすえて洗いざらいやってみて、構えなおしたいなと思うのです。
ということで、今節については結果などなどにとどめ、次の記事にて『今』をしっかりと見つめてみようと思います。


<結果>


vs群馬(H)stats


<スタメン>


vs群馬(H)


◎なにもかもが空回りしてしまった試合


ざっと流れだけ。ファジはこの試合前半から前プレを敢行・・・ところがこれは相手にさしてプレッシャーとならないなんちゃってプレスでした。最後まで行ききらず途中で緩めるプレスだったことと、相手の最終ラインからのビルドアップとの頭数合わせも不完全で、ポコポコフタがあく・・・。
ボールを繋ぐことを実戦で試したい群馬にとってはほどほどによい練習台となったことでしょう。
一方攻撃面では、ボランチ封鎖から窮屈な展開を強いられ中央のルートはほぼ不通。
では頼みのサイド、右は経験値の浅い石原がイマイチ。左は龍仁朗-オッシーのラインから糸口を見いだせそうでありましたが点にはならず。最前線の荒田の裏抜けはひとつも成功しないままでノーチャンス。また押し込まれてからの収めがまったくできず、仕事らしい仕事もできずにハーフタイムに交代。結局決定機らしい決定機もなく後半へ。


後半アタマから荒田→久保。彼らしい体を張ったプレーで徐々に起点を作り始めますが、開始早々に左サイドを破られ失点。続けざまに右サイドからカウンターを食らい2点ビハインド。現状ではゲーム終了に限りなく近い2失点。


この2点は重かった・・・・・
点をとらなきゃと気ばかりはやるファジは前線と後ろが分断状態になるバラバラな姿へ・・
容平をいれ、左WBにクッキーをいれクッキーのクロスからよーへいが今季初そしてJ初ゴールを取るもここまで。
パワープレイに工夫はなく、ほぼ難なくはね返され植田を上げての力技も効果は得られず。
夕方からのゲームとはいえ、晴天でありながら6000弱に留まった観客動員。そしてこの敗戦。
なにやらよくないことばかりが立て続いているかのような重い空気が残る試合でした。


さあ、ということで次の記事から丁寧にファジの『今』を追っていきましょう!


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0