「うまくいく」「うまくいかない」を見つける楽しみ

お久しぶりですZerofagiです。
さて今回は試合を見て行く上で「どこがうまくいってるのかいてないのか?」
についてアタリをつけるやり方の話。
普段自分がやっているやり方を紹介してみます。
とはいっても、非常に初歩的な事なので話はいたってシンプル。
観戦するときのなんかの足しにでもなれば幸いでござりまする。


サッカーはあまり得点の入らないスポーツで、同点の時間の比較的長い競技だと思います。
まあそこがサッカーの面白さでもあるんですが、
反面スコアの変動が少ない分パッと見でわかる良し悪しには乏しい。
たとえば野球なんかはその辺が優れていて、塁が埋れば「あ、チャンスだな?」とかスコアボードに点が並んだりと見た目的にも優勢劣勢がわかりやすいところがあります。またその逆も然りで、まったく出塁できなければ「あ、今日はこれは打てないな」とか、スコアボードに0が並ぶのを見るだけでわかるものがある。
そういった意味ではやや「サッカーはわかりにくい」のかもしれませんね。


◎「いいサッカーができてる」とはどういう状態なのか?


良し悪しがわかりにくいサッカーでも、
ちゃんとそのチームにとって「よいパフォーマンスわるいパフォーマンスの差」はあります。
では、いいパフォーマンスとは?俗に「いいサッカーができてる」状態とはどういう状態なのか?
それは、攻撃はしっかり完了するまでやりきる事が出来、守備では深い侵入を許さない状態だと考えています。チームのスタイルによって細かい違いは無数にありますが、おおざっぱに「どうなっとったらええんなら?」と聞かれるとこうなる。こういう理想の状態にどんだけ近づけられるかが大事なことになりますし、そうできないポイントに問題があると思います。
それでは、攻撃・守備の両局面に分けて「問題点はどこか?」アタリをつけるコツの話に入って行きます。


◎ピッチを分割しておさえておこう


では図を使って行きます。自陣は左、敵陣は右にしてあります。
いちおう一般的な言葉の説明も入れておこうと思うのでまずはこれから。


サード


ディフェンシブサード、ミドルサード、アタッキングサードという言葉を耳にしたことあると思いますが、
ピッチを3分割して自軍ゴールから近いほうをディフェンシブサード、敵軍ゴールから近いほうをアタッキングサード、間のエリアをミドルサードと言います。「サード」は「3分の一」みたいな意味でしょうね。ちなみにこれは和製英語だそうです。


個人的には3分割だとちょっとざっくり過ぎる部分もあるかなあと思うことが多いので、自分はいつも4分割で見てます。


フォース


こんな感じ。


◎「攻撃」はなにをもって完了するか?


さてようやく攻撃の話ができるね。
サッカーは得点を競い合うスポーツであり、攻撃の目的はゴールを奪うことです。
そのためには相手のゴールまでボールを運ばなければなりません。

4321


1→2→3→4と奥へ行くほど前進する難易度はあがります。
あ、もちろん1→3とか、2→4とかそういうルートもありえます。
チームのやり方によって基本的なボールの進め方は変わりますからね。



攻撃の目標はゴールを奪うことですから、そのためにはシュートやクロスが必要になってくる。
ですから一連の攻撃がちゃんと出来たかどうかは「シュートやクロスで攻撃を終了したかどうか?」
になります。


シュート・クロスまで到達できたら、そっから先はクオリティやタイミングの話。
なので攻撃の出来をはかるためによくシュート数がクローズアップされますが、大方の目安としては正しい。
しかし、シュートバンバン打ててるけど別に上手くいってるわけではないケースもあり、そういうときはクオリティの部分に問題あったりすると。打ててればオールオッケーってわけでもないので、あくまで「大方の目安」というわけです。サッカーってめんどくせースポーツですなあ(笑)


◎「攻撃」とは「登山」である!?


やま



どんなたとえが一番いいかなあと考えていたんですが、「登山」がいちばんやりやすいかもしらん。
自軍のゴールラインを「ふもと」とすれば、相手のゴールが「頂上」です。
攻撃の目標はゴールを奪うことなのですから、
ふもとから頂上を目指す登山みたいなイメージといったところでしょう。
自軍はこの山をあの手この手で攻略せんと攻めかかりますが、
この山は守られていて侵入者を追い出しにかかります。
それが敵の守備者です。赤=自軍 青=敵軍

しゅびしゃ

コチラはボールを進め、より頂上に近づけクロスやシュートでプレーを終わりたい。
一方相手はそうさせては守備の失敗を意味しますから、させまいと行く手を妨害してくる。
とまあ、当たり前の話なんですが両者はこういうせめぎあいをやっとるわけですな。


◎どこがうまくいってないのか?-攻撃編-


本題の「どこがうまくいってないのか?」の攻撃について見ていきましょう。


攻撃の目的は「ゴールを取る事」、その前段階が「シュートやクロスを放つこと」なので、さらにその前段は「シュート・クロスを打てる状態を作る事」になります。ということは、シュート・クロスが有効な位置まではボールを押し上げなければならない。まあアーリークロスやロングシュートもありますが、あくまで例外的な扱いにしときます。
問題点は、「前進が止まる所、ボールが進めないエリア」にあると考えています。
どこのエリアで行き詰るのか?そこが重要ってわけです。
ちょっと例をだして見ていきます。


ルート


ボールは最終ラインからボランチにわたり、ボランチは前を向いてプレーできる状態にあるとします。
エリア的に言えば、2→2の移動になりますがここの「登山」は成功していますよね。前進できているわけですから。さて、次狙いたいエリアは3か4になる。

ルート2


ボランチからシャドーへ「前進」したかったけど、守備者に読まれていてやむなく右のCBへ預けた・・・
というのにしてみました。
「あ!こんなんよーみるわ!!」って人も多いと思います(汗)
エリア的に2→3と渡ろうとしたけれど妨害にあって「前進」が阻止された格好になっていますね。
ボールは後退しました。
無論、ゲームの中ではこういうシーンは無数にあるのでこのような妨害にあい後退したとしても直ちに「悪!失敗!」とするのは早計。なにぶん相手のあることですからね、そうそう好き勝手はさせてくれません。
しかしながら、ゲームの長い時間を前進を阻まれて頂上に近づかせてもらえないのは明らかに問題です。
そういう問題はこのように「前進」できなくなる場所にあるのでは?とアタリをつけてみる。
いまや日本代表選手となった川又堅碁というFWという得がたき選手と1シーズン戦いましたが、
なんぼケンゴクラスのFWがいて、頂上付近でゴールをうかがっていたとしても、
そこまでボールが前進してこなければなんの輝きも放てません。
しっかりとした組み立ての上で、シュートやクロスはありますから。


ちょっとまとめておきます。


・攻撃の目標はゴールを奪うこと
・1→2→3→4という具合にふもとから頂上を目指すのが攻撃
・攻撃はシュート・クロスによって完了する
・登山できなくなるエリア、ボールの止まるエリアに問題点がある



さて、次は守備ですがこれまでの話を踏まえればもっと簡単な話です。攻撃の裏が守備ですからね。



◎守備はなにをもって完了するか?


攻撃の完了はシュート・クロスでした。
では一方守備の完了は何か?


それは相手からボールを取り返して、相手の攻撃を終了させることです。
キレーにボールをカットしてもいいし、タッチラインでプレーが切れてマイボにするでもいい。あるいは、相手のミスを誘って回収するでもいい。とにかく、相手からボールを取り返すことに尽きる。
ターンオーバーという言葉を耳にすることもあると思いますが、あれは「攻撃のターンが終わる(オーバー)」ことを指します。
相手の「登山」を妨害して、ボールを奪い返しこちらの「登山」するターンにすることが守備の目標です。


◎どこがうまくいってないのか?-守備編-


今度は相手の登山の番ですから、こちらは守備者として山を守らないといけない。
相手の登山は厳しくチェックして、前進のステップは妨害しなければなりません。
ファジは基本ブロック作ってからのマンマークなので、守備では相手とマッチアップすることが大事になってきます。ところが、最近4バックのチームとやるときに顕著なのがこんなケース。これを例にとってみます。


ギャップ


相手は4バックで、いまCBからサイドに開いたSBにボールが渡ります。
ここにシャドーが付かなければならないんですが、距離的にハンデがありまず付ききれない。
エリア的に言えば、3→2と前進するステップですが、ここに有効な妨害ができていないのでこのあと右SBは優位な形でさらなる2→1をうかがうことができます。


一番わかりやすいケースを選んでみましたが、
このように相手の登山をストップできずに前進を許してしまうところに問題点があるのでは?とアタリをつけてます。守備が上手くいっていれば、相手の前進がとまりますからこちらの頂上に容易に近づけなくなります。
そういう状態を作れているかどうかが大事なポイントになる。


ということで、まとめると


・守備の目的は(被ゴール以外で)ボールを奪い返すこと
・4→3→2→1と相手をふもとから高い位置への侵入を許さないのが守備
・相手の前進を妨害できない所には問題点がある



というところでしょうか。これまでの話をひとことで言えば、
ボールの進める高さによって、良し悪しははかれるんじゃね?ってな感じかな。



今回はかなりざっくりとした話で、なんでもかんでもこう当てはまるわけではありません。
敵味方の力関係でゲームは変わりますし、強い相手にはなかなか頂上付近まで登らせてもらえないことも別に普通だったり。
あるいは、チームスタイル的にドン引きでわざと自陣に敵を引き込んだほうがうまくいくチームとか、スタイルによっても変わる。
ですがまあ、いまのファジアーノを見て行く上ではこの見方は当てはまるのではないかな?と思います。
「今日はうまくいってるな」「今日はここがうまくいってなさそう」とか、なんかしらの判断の助けとなり、より楽しんでもらえそうであれば幸いでございます。録画とか見れる方は試合で試して見るのもオススメ。
じゃあまたブログかキャスでお会いしましょう。



ファジについてのご質問があれば、素人考えに過ぎませんができるだけ出来る範囲でお答えします。
よろしければ質問くださいませ。質問はコチラから→ask.fm/ZeroFagi


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0