ロック総統へのリプライ (2)

さて、それではポッドキャストの中から総統が岡山について言及した部分をざっと抜き出してそれについて話を進めていきます。
今回特に取り上げたいポイントは2つあって、それは


「ネクスの観客動員数は多いのかどうか?」についてと、
「総統の指摘する理想と現実のギャップ」についてです。


この2点についてしっかりと私見を述べていきたいと思います。
が、その2本立てに入る前に、ウォーミングアップとして総統からみた岡山の印象を列挙しておきますね。


◎ロック総統の岡山のイメージ


・岡山は地方クラブの中で優等生という印象ある
・岡山って”都会”ってイメージない。けど・・・都会だわ
・上場企業もたくさんあり、街のポテンシャルは高い
・スタジアムも駅から徒歩で行ける近さ
・岡山はこれからものびる可能性がある



ポッドキャストの以前の放送でも岡山の木村社長については大変好印象を持っていたようで、岡山の外見についての総統の印象はかなり良かったみたいですな。岡山サポからしても胸を張れるポイントなので、このあたりの指摘は「えっへん、そうじゃろそうじゃろ?」といったところ。ウチの守護神中林(広島より移籍)も岡山の街の印象を聞かれて「・・・・意外と・・・・都会ですね」と答えていました。
岡山に来たことない人はイメージ沸かないかもですが・・・・大都会岡山は、割と都会です笑
いろんな地方クラブもみてきたはずの総統の目にも、
ポテンシャルはなかなかと映ったのは非常に嬉しいポイントでした。
ポッドキャストを聞いていても総統の岡山に対する漠然とした好印象は十分感じ取れましたし、
「ダブルヘッダーで後にやるネクスvsロック戦に1000人はいったらOKだ」と思っていたくだりに現れているのだろうなと自分は感じました。
ということで、人数の話・・本題その1に入っていきましょう。


◎ネクスの観客動員数(475名)は多いのかどうか?


まず状況の確認から、試合が行われた9月20日はダブルヘッダー開催の日でした。
13:00から、ファジアーノ岡山vsザスパクサツ群馬の試合が、
18:00から、ファジアーノ岡山ネクストvsホンダロックSCの試合が行われる運びでした。
その2試合の間隔は15:00にトップの試合が終わるので、約3時間といったところで自分や仲間のように昨年から十分にダブルヘッダーを楽しんで来た層としては特に長い間隔でもないなという感じです。
(まあネクスを楽しめる連中なんてのは不自由とか不便でもへっちゃらで逆に楽しむくらいのメンタリティの人が多いのもある)


トップチームのvs群馬戦の観客動員が6729人で、毎年土地柄観客が落ち込む時期でもありかなり少なめ。
一方ネクスの方は、475人でした。なので、トップのみ見てCスタを後にしたサポが大体6200名。
というのがこの日の状況でした。
では、再び総統のコメントを参照してみます。


・JFL(ネクスの試合)に希望は3000人(来たらいい)
・1000人入ったら総統としてはOK
・6000人(ネクスを見ずに)帰ってしまう現実はショック
・もうちょっとセカンドチームを大事にしてもらえるくらい(サポの)目が肥えてほしいかなと思う


ということで、期待が高かった割には6000人がスタを後にする現実に結構ガッカリしている様子が伝わりました。
逆に、ロック総統が「1000人入るといいなあ」と思っていた事に自分はかなり大きな驚きを覚えましてね。
正直に言えば「総統、岡山買いかぶりすぎじゃわ・・・」というのがホンネです。

ファジアーノ岡山ネクストは今年でJFL2年目のシーズンとなります。
今年のホームゲームの平均観客動員数は316.8人で、最も観客が多かった試合で475人。
・・・・・そうです、このvsホンダロックSC戦がネクスの観客動員数の2015シーズンハイなんですね。
つまりこの試合、普段より入ってるんです。そういう意味では多いと言えます。


また過去との比較の話もしておきましょう。
自分は2012シーズンからネクスをみはじめて、中国リーグも地決も経験することが出来、
昨年今年とJFLでのチャレンジを楽しんでいるクチです。
自分が見た中で中国リーグ時代最も観客が多かったのは、岡山の練習場の人工芝で行われた公式戦でざっと150~200名くらい。ちなみに、中国リーグは当然無料です。
それからJFLにあがり、どうなるかな・・・と思っていたら300名・400名くらいの動員で推移していたので、
中国リーグ時代からすれば有料になっているにもかかわらずほぼ倍以上入っている。
ちなみにネクスはチケ代1000円ですが、トップは最も安い席で1400~1600円です。


このあたりはセカンドチームの観客動員について知識のある自分たちと総統との間ではかなり認識の差があります。しかしながら、総統には事前に「ネクスファジの動員はこんなもんです」といった情報はまったく入っていないので、まーNO知識でイメージしたらそんな風に見えるかもなあ・・・という風にもなるのはしゃーないと思う。
このあたりは事前にガイド役買ってでときゃよかったかな・・・とちょい後悔しているポイントだったり。
そうしたら、この数を踏まえての指摘を引き出せたのかもしれないし、そこが聞いてみたいところでもあったので・・・まあしゃーない。


話を戻しましょう。
今季の水準で行けばホンダロック戦は「観客動員的には入っている」試合だったのがお分かりいただけたと思います。ネクスというかセカンドチームの動員ちゅうのはね、本当に難しいのです。しかもダブルヘッダーの良し悪しもある。あくまで現状で思いあたることを列挙していきますと・・・


・トップの宣伝の邪魔にならないように売られるので露出がない(TVもトップの選手がほとんど出演)
・基本トップに興味ある層からしか集客が見込めない
・無関心層からのご新規さんはほとんど見込めない
・トップを応援するので手一杯でネクスまではムリ
・一日中スタジアムで過ごしにくい(子供連れは特に
・あくまでトップに興味があるので、ネクスには興味がない層が多い
etc.....


とまあ挙げたらきりがないくらいに壁は大きくて動員をふやしていく事の難しさはトップの比じゃないというところです。実際の所はどうか?と聞かれればこんなところで、たいしたことができてもいない割にはよくやっているほうだなというのが率直な所です。
個人的にもツイキャスやブログで取り上げられるときには積極的にネクスを取り上げ、自分の放送を聴いてくださるような雉狂者さんたちに少しでもネクスのほうにも足を運んでもらえたら・・・と思ってがんばっちゃいますがまあなかなかです汗





が!
きっと総統が言いたい所はそこじゃないんだろうと思うんだよね。
この試合の動員がシーズンベストでした~だとか、
他所のセカンドチームがウチより入るだの入らないのだのは関係のない話で、
別にネクスに1000人だの3000人だの入るなら入ったほうがいいに決まってるわけですからね。
そのほうが儲かるし、より公式戦らしい緊張感と観客の視線にさらされてプレーさせたほうがメリットもある。
よそはよそ、うちはうち。それはそれこれはこれ。
総統の指摘の中に、「もうちょっとセカンドチームを大事にしてもらえるくらい(サポの)目が肥えてほしいかなと思う」というのがありましたが、

すでにファジアーノにお金を支払ってきている層の中で、ネクスにまで手が伸ばせるくらいの層がどのくらいいるのか?で、ある意味当事者としてのサポーターの積極性や意識の高さが推し量れる


そこは割合の話で総統基準でそういう愛あるサポは7%くらいなんだなというところがガッカリなんだろうと。
ポッドキャストの中でもフォローされてましたが、トップのみで帰った人を責めるつもりはないと明言されてましたけども。岡山ならセカンドチームんとこまでぐっと手が伸びるような熱がもうちょっと・・・あるんじゃないか?・・・・・なのでショックを受けたって話だと自分は理解しています。




さて、次回はポッドキャストを聴いていて一番自分がぐっと来て、「あ、やっぱこの人鋭いな」となった理想と現実の話をしていきます。



ファジについてのご質問があれば、素人考えに過ぎませんができるだけ出来る範囲でお答えします。
よろしければ質問くださいませ。質問はコチラから→ask.fm/ZeroFagi


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0