中心選手との契約非更新で感じる”さよなら影山ファジ”感

シーズンが終わり、12月になればストーブリーグ。
我らがファジアーノ岡山もその例外ではありません。
今後も更新、非更新、加入、移籍の情報が続くと思いますが、
今年のオフは明らかに例年と違うなと感じさせるものとなっています。
それは、千明・田所・妹尾など岡山のJでの地盤固めに多くの功績のあった選手が来年はいないということです。


◎監督交代、カラーチェンジ、そして馴染みのないサッカー


Jに上がってからのファジアーノは、他所と比べて中心選手の移動の少ないチームだという印象を持っています。
とりわけ自分が見はじめた2011以降はその流れが顕著で、簡単に言えば中心選手を育てながらピークを目指す方針だったのであろうと思います。千明聖典や妹尾隆佑なんてのはまさにその中心も中心。
欠かすことの出来ないピースでしたが、みなさんのご記憶にも新しいところでしょう。
影山ファジは若さを武器に走って走り倒すスタイルでJ2の階段をステップアップ。
J2のボトムズで勝ち点を拾い集めていたころとは違って、
自他ともに認める中位クラスの仲間入りする事ができました。
しかしながら、昨年の監督の交代によりひとつのタームが終了。
サッカーの監督はそれぞれにそれぞれの哲学を持っていますし、それはチームにも反映されるものです。
当然ながら影山監督とは違ったカラーが打ち出されることは予想に難くないことでした。
今年のゲームはかなり見れていないので断言は出来ませんが、明らかにチームは走力・持久力・献身性・泥臭さといったカラーから一歩進んで、よりフレキシブルに事態に対応できるようないわば賢く・大人な要素を追加したいようにうつりました。おそらく、長澤さんの根付かせたいサッカーはそういった要素と切っても切れない関係なのでは?と思っています。ところがこれはファジサポにウケませんでした。
なぜか?ガムシャラに走るスタイルにすでに相当な愛着を抱いている人が多いからです。
無論自分も例外ではありませんでした。
そして、あまりにも勝てなかった。それも別の大きな理由でしょう。



◎中心選手との契約非更新で感じる”さよなら影山ファジ”感


2015シーズンはJに上がって二人目の新しい監督と戦ったシーズンでした。
前任の影山雅永監督が長期政権を続けたのを受けたシーズンということで、長澤新監督がどうするか注視していましたが、シーズン全体を通して見ても影山遺産からだいぶ引っ張り出して戦いぬいたシーズンでもあったと思います。例を挙げれば、3421のフォーメーションの踏襲であったり、守備の建て直し期の塹壕守備への回帰などでしょうか。それらは一度影山時代に経験して積み上げてあった要素だと思います。
そういう意味では2015は多分に影山ファジの残り香があった年だったとも言えるかもしれません。
その影山ファジに少なくない貢献をしてきた千明や田所、妹尾といった中心選手。
彼らとの今回の非更新ということで、
「あーこりゃ来年はいよいよ本格的に長澤ファジのカラーが出てきそうだな」という印象は避けれん。
なかでも千明聖典と田所諒の二人はある意味、影山ファジの象徴のような存在でした。
そういった選手がチームを去る。来季のサッカーが楽しみになる反面、ついにそういうときがきたか・・・と。
いよいよ”さよなら影山ファジ”感の漂うオフになってきたなぁと思うんですよねぇ。
それにしてもさびしい。競争、契約の世界だから仕方ない所はあります。わかっちゃいるけど来年いないのかぁと。
どの選手も次の居場所での活躍を心底祈っています。


◎影山ファジを見る目で長澤ファジを見るまい


現時点では補強のリリースもないので、どうなるのかは見当がつきませんが、上記のとおり長澤ファジは影山ファジとは別物で、違うことをやるために監督が交代されたと、自分はそのように解釈しています。
一個だけ恥を忍んで言えば、自分は今年長澤ファジをみるにあたり影山ファジのものさしをあてがってから考えるクセ抜けてませんでした。もうすでに違う体制なのに、違うものさしではかろうとするのではなく、それまでのものさしでジャッジしてああだこうだという態度でしか見れていなかった。・・・・これってつまりいかに上手くコピーするかどうかを自分から期待しているようなもんだよね?なんともったいないことか。そして、しっかり長澤ファジと向き合って理解しようと出来なかったのが悪いなぁ・・と。
岡山を見て「広島はああなのに岡山はなんじゃーかんじゃー」とか言う人がけっこういるそうです。岡山を見るのに広島を見るメガネでみたがるかわいそうな人たち。岡山のメガネでちゃんと見ればそれはそれなりに楽しいのに。
そういうのと自分も結局似たようなもんじゃねーか・・・と。情けないもんですよ。
まぁもちろん結果が出ていれば別だったでしょうがね。
結果とはすべてをクリアにしてしまうものですから。


ということで、おそらくは来年さらに打ち出されるであろう長澤ファジの進化を見逃さずにすごしたい。
どういうカラーを打ち出して、どんな戦術で、どんな選手たちで戦うのか。
新しいファジアーノがどういう楽しさを伝えてくれるのか?
そこに大いに期待しながら、このオフを楽しみにすごしたいと思っています。
とりあえず、前にエグイの頼むよ強化部(切実)



ファジについてのご質問があれば、素人考えに過ぎませんができるだけ出来る範囲でお答えします。
よろしければ質問くださいませ。質問はコチラから→ask.fm/ZeroFagi


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0