移籍情報の整理と予想フォーメーション

今シーズンもさほど多くはありませんでしたが選手の異動がありました。
2016は後のないシーズン、いいわけのできぬシーズンとして予告されていたとおり、
戦闘力の向上を感じさせるINになっております。
しかしその一方で、これまで屋台骨を支えてきた選手たちの移籍・引退もあったと。
ということで、今季の選手の出入りについておさらいをしておきましょう。


◎OUT


2016おうt




ま、ばーーっと見ていって止まるのが、千明・染矢の大分トリニータ移籍でしょう。
数多くのファジサポが行き先を気にしていた選手たちですが、大分なら問題ない。
きっと活躍してくれると思います。
J2でないのは少し残念ではありますが、それでもJ3上位であろう大分ならば遠からず。
千明はビルドアップや守備で、ソメはスピードや突破で遺憾なく実力を発揮してくれることでしょう。
飯田涼、ダイムの同級生コンビもそれぞれ相模原・秋田に移籍ということで、
元ファジ勢マシマシでとりおこなわれる2016シーズンのJ3となっております。


そして今季J2で対戦する事になるのが、田所と植田の2人。
それぞれ横浜FCとロアッソ熊本への移籍となりました。
田所は以前にも言及したとおり千明と並んで影山ファジの核となる選手でありました。
昨季からの変革の流れで移籍となったのでしょうが、田所の穴が埋るかどうかは今季の注目ポイントとなりそうな気配。植田についてはポテンシャルを買ってということでしょうが、おそらくラストチャンスでしょう。がんばってほしい。


個人的にはかねてからずっと応援して来た幡野の契約更新ならずが本当に残念・・・・・
まともに考えてJFL以上で十分に実力を発揮できるタレントだけに今後を岡山で見届けられないのが悔しい限りです。いまのところ次のチームが決まったという知らせはありません。あれほどの選手が出れないとかマジどうなのこの国は。


ネクスはセレクションも行われていますが、だいぶトーンダウンした印象が否めません。
クラブとしてどのように方向付けしていくのか、これからさらに注目しなければなりませんね。
いずれにせよ中途半端はただの罪です。
段階は認めますが、きっぱりとした決定を行ってほしいと思います。クラブを信頼します。



◎IN


2016いん


一方新加入のほうではやはり目を引く赤嶺真吾!!頼むよ!!!
ここには載っていませんが、矢島のレンタル延長や岡本の完全移籍加入も補強。
前線のメンバーはタイプもさまざま実績もさまざまなメンツがそろうことになりましたね。
新体制会見では、「継続性こそ補強である」と監督からのコメントがありました。
それにあわせて、「出て行った選手の抜けた穴を埋めるような人数、ポジションが揃う形で新しい選手に入って来てもらった」ということなので、新しく何かを付け加えるというよりは各パーツのグレードアップにつながる補強だったといえるかもしれません。
赤嶺の加入がどうしても注目を集めますが、大卒の済美コンビの藤本・久保の二人も忘れてはいけない存在。
特に藤本は大学でそれなりに実績を残しているFWでもあります。
彼らがどのくらいやれるかどうかは今季のファジの実力を底支えすることになるでしょう。


それから懸念の左サイド
こちらはどうしても秋吉にかかる負担は大きくなるのではないか?と見ています。
現状ファジのスカッドでいけば左が任せられそうなのは三村・秋吉・豊川あたりになりそうな気配。
しかしここは難しいぞ。何故ならWBとして見立てたときミムにしろトヨにしろ”帯に短し”だからです。
どちらも攻撃的な素養に優れたアタッカーであるようで、ミムも元FWだしトヨも学生時代は驚異的な決定率で鳴らした点取り屋でした。(しかも手倉森ジャパンには裏抜けを評価されての入選)
つまり、守備につぶしがそんなに利かないだろうというのが今の所の予想。
WBは5バックで守れば一番外にいるDFですからねただの。
そういった低い位置に置いておいて効果的な人選なわけがない。
WBに問題なくおけるのはやはりSBの素養をかねそろえたサイドの選手です
ということで、左サイドがどのような運用になるのか?はやはり予想される懸案事項ですね一番の。
そこで秋吉がどのような選手であるか?は重要になってくると思います。SB素養のある選手なら問題は起こらないでしょう、ボランチもできるほどと聞いていますので中盤として振舞う事はできるわけですから。



◎今年のベスメンを探せ!


さて、まだキャンプインもしていませんがザックリ想像上のベスメンを組んでこの記事を終わりとします。


20163421.jpg


まーやっぱ左は確認してみんとわからんけどこうするしかないのかなあ今の情報だとね。
監督が言ってたようにメンバーはほとんど変わっていないので「継続性が補強」路線は今年も継続可能という感じになりそう。


20163142.jpg


去年終盤に見せていた3142でいくと、こんな感じになるのかね。
赤嶺が1トップどうなのか?って所もあるし、
2トップですんなりやりやすいようにやらせてやりたいなあという気持ちもなくはない。普通にやりゃランキングさね。
というか今年赤嶺が極端にパフォーマンスを落としほとんど彼自身の責任による失策で低調に終わるケースを除いたならば、彼に15点以上取らせられなかったらチームが悪いと考えないといけないだろう。
そういう意味ではどう生かしてチームに組み込むか?テツさんの手腕に期待したい。



ファジについてのご質問があれば、素人考えに過ぎませんができるだけ出来る範囲でお答えします。
よろしければ質問くださいませ。質問はコチラから→ask.fm/ZeroFagi


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0