新布陣 3142を学ぼう! feat.トルコイデス@ファジ (2)

それでは続きを行ってみましょう。
「攻撃→守備に切り替わったときどのような問題が3142では起こっていたか?」について。
いわゆるネガティブトランジション(ネガトラ)時における問題点から。



◎ネガトラ時の3142の問題点はどこ?


Q2.ネガトラのときの守備での問題点は?


A.相手のカウンター時に先ほど言及したアンカー脇を起点にされCBが釣り出されて裏のスペースを取られるといったこともあると思います。他にもこれと似ているんですが、ウチの攻撃時にアンカーの選手がサイドの選手のサポートに行くことがあります。するとそのときCB前に大きなスペースが残されてしまい相手のカウンター時にそこを起点にされて...と。最終ラインを高く保ってそのスペースを消すことも出来るのですが、ウチのCBはそこまでモビリティが高くないのでそこを逆に突かれ裏のスペースを使われることもあるだろうなと思います。


攻撃のときにアンカーがサイドに出て行くことがあると。
アンカーれふと


”するとそのときCB前に大きなスペースが残されてしまい・・・”
大草原

”相手のカウンター時にそこを起点にされて...と”
キテンのやつ

”最終ラインを高く保ってそのスペースを消すことも出来るのですが、ウチのCBはそこまでモビリティが高くない”
リスク高い


押し上げた分、最終ラインとゴールまでの裏のスペースは広くなります。
もし潰しきれずに相手FWがとまらない場合、相手とこちらのCBのかけっこ勝負になってしまうと分が悪い・・・・
なぜならモビリティ(機動力)がウチのCB陣はあまり優れていないから。(クッキーくらいじゃまいかこういうの向くのは)

ということで、これはひとつの例ですが、この3142の守備の注意点のまとめがこちら。
こんな感じで3-1-4-2はセット時にしろトランジション時にしろ、相手にスペースを与えやすく、そこを使われてピンチを招きやすいのかなと思います。

単純に3421のときよりも攻撃に人数をかけがちな印象があるので、そこのところの攻守のバランスのさじ加減が大事になりそう。
あんまり攻撃に意識いきすぎてリスクを管理できてないと、見るも無残な切られ方でカウンターくらいそうなイメージですなあ。



◎3142のメリットはどこか?


主に守備面に置いてなかなか難しそうだということがわかりました。
では逆にメリットはどこにあるのか?


Q3.3142のメリットはどこにありますか?


A.まず、中央が厚くなります。これによって中盤で主導権を握りやすくなると思いますし、攻撃時のこぼれ球も拾いやすくなると思います。(選手のポジショニング次第ですが)また、クロスなどに対して飛び込む中の人数を増やすことができると思います。これは今シーズン赤嶺や豊川を獲得したことを考えても大きな利点になると思います。

他にはFWが2トップになったということで、1トップ+2シャドーのときと比べてFWのタスクがはっきりし仕事をしやすくなると思います。今までシャドーはタスク過多で選手が自身の能力を最大限に出せていないように見受けられたので、これも利点だと思います。あと、攻撃時にスペースをつくりやすくなるのではないかと思います。これは先ほど述べたタスク整理にも関わってくるのですが、今までウチはシャドーがサイド奥に抜けることで中央にスペースを生み出すといったことがほとんど出来ていませんでした。しかし、タスク整理が行われることでインサイドハーフの選手がそういったことを出来るようになると思います。

あとこれは3-1-4-2システムそのもののメリットではないのですが、ウチの選手の編成上3-4-3よりも3-1-4-2の方がより適性がある選手が多いような気がします。これもメリットの一つだと思います。



◎Zerofagi的3142についておもうこと


今回は昨季じっくりと3142を観察していたトルコイデス@ファジくんに質問をぶつけ回答してもらいました。
あらためてありがとうトルキー。非常にタメになる意見で勉強になりました。

せっかくのフォメ話なのになんもしゃべらんのはあれなので・・・
最後に自分はどのように思っているのかを付け加えてしめたいと思います。


まず守備についてですが、トルキーの指摘どうり普通に構えていても欠陥が2つある守備だなと思っています。
その2箇所は言及されていたアンカー脇のスペース3バックの脇の2つ。
3421のときですらダブルボランチ脇はかなり攻略のとっかかりにされていて、うまいチーム・よい選手ほどそこを突いてきました。3センターの守備の連携がイマイチの状態であれば、はなからダブルボランチで2枚確保されていたこれまでより不安定になる可能性はあるなと思っています。そしてこの記事では言及する機会なかったですが、3バック脇も3バックの宿命的な弱点です。

こういった狙われやすいスペースが、守備がセットされた状態でもモロだしになっているので3142の守備ムズい!と。相手はそういうスペースを活用するために「受け手」を送り込みますが、出し手が出せなければパスは成立しませんから、2トップと2インサイドハーフによるフィルターがどのくらいパスを遮断できるのか?はキーになってくるように思います。
それと同時に左右のスライド、陣形のコンパクトさは言うに及ばずです。
弱点はモロだしになってるけど、使えなくしてやればないのと同じですからね(理論上はな!)笑
余談になりますがこういうちょっと変わったフォメを見ると、つくづく「442ってバランスええんやな・・・しかも攻守に渡って」と気づかされますね・・・やはりスタンダード中のスタンダード。それだけの理由があるのだなと思った次第です。


一方攻撃の方では、ロングボールでも活路が見出しやすくなったのはポジティブな材料といえそうです。
ハイボールのターゲットもいるし、セカンド拾う枚数も増えたので(セカンドボールはポジショニングと密度が重要)力技のメドが立ちそうなのはいいな、と思います。個人的に楽しみなのは、サイドチェンジを今年はもう少しうまく使うのでは?というところです。
昨季はサイドの攻略がショボすぎてCKとか少なすぎという数字になってましたが、サイドチェンジ、うんサイドでしっかりクロスを上げ切るところを大いに期待したい。とりあえず上げとけではなくて、しっかり中で駆け引きできるくらいの時間で上げ切りたい。
今年はファーでもズドンと決め切れそうですし、アタマでもっと稼いでほしいと思っています。


ファジについてのご質問があれば、素人考えに過ぎませんができるだけ出来る範囲でお答えします。
よろしければ質問くださいませ。質問はコチラから→ask.fm/ZeroFagi


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0