J2 第1節 vsレノファ山口 プレビュー的なやつ

さあ、いよいよ今週末。J2が開幕しますね!!
今年は特別な試合のみプレビュー・レビューして行こうと思います。
さっそくその一試合目となるのがこの”セルフダービー”vsレノファ山口の開幕戦であります。



◎対戦相手レノファ山口について



さっそく今節の対戦相手となるレノファ山口の情報ですが・・・・・
ぜんぜんなんもわかりません・・・・・・・
というのも、TMをいくつかやっているんですが情報は公開されておらずどんなメンバーでやってるとか、フォーメーションはどうだとか、そういう中身が推測できるような情報がないんですよ・・・・・・
まあでもJ3を制したサッカーをごっそり変えてしまうことはないだろうとは考えられるので、
昨年ベースのサッカーにはなってくるんじゃないかとは思いますが自分もたった1試合しか見たことなくて(しかもその試合は本調子とはいえない出来)イメージもそんなに残ってないという。
なので、あくまで聞く所によれば~な話ですが、

・レノファは4231とか433のフォメを持ってる
・ボールを繋いでくるサッカーをしている
・強豪には少し引いた構えも取ることがある
・キーマンはボランチ



というところが昨年のレノファを見ての感想だそうです。
これを材料にみどころなんかを考えてみたいとおもいます。



◎予想フォーメーション


プレ山口


ファジアーノは3421と3142の2つ選択肢あるんだけれど、3421の方でいくのでは?と予想。
レノファは433もあるようだけれど多分より習熟しているのは4231のほうじゃないかとおもうのでそちらで。
レノファが繋いでくることを見越して中盤のマークをあわせるために3142というチョイスもアリ。
中盤を経由するビルドが持ち味ならば、そこを封鎖してやればボールは大きい展開かサイドに流れる。
いずれにしても4バックのチームのSBはカバーしきれないので、レノファのSBが前向いて何が出来るのか?は注意したい。アウェイだし、開幕だし、ちょっと手堅すぎるくらいの入り方で十分おkじゃないでしょうか。



◎開幕戦特有の難しさも忘れずに



岩政くらいのキャリアになれば平気みたいだけど、ほとんどの選手にとってやはり開幕戦の緊張感は特別
どんな試合でも入り方終わり方大事ですが、開幕はなおさらです。
聞けば選手はワンプレー普段どおりの動きが出せると落ち着いて試合に入っていけるそうなので、その辺注意して見たい所。しかし、今回はアウェイということでこの面では幾分ハードルは下がってくるんじゃないかと予想しています。ホームの開幕戦といえば、ダービーマッチにも引けをとらないシーズン中のビッグマッチでお客さんが入ります。たくさんのお客さんが入るとどういう雰囲気になるかはファジサポはカンスタ・Cスタで体験済みですよね。重い。難しい。そういった重りは今回はないし、ある種「まあアウェイだから」というエクスキューズも。そのくらいでいいんじゃないかと思います。


逆にレノファの気持ちの問題はこの逆になるわけで、どのようにゲームに入れてくるかお手並み拝見です。
ただの開幕戦ではない。
J2昇格後はじめての。
記念すべき。
延々と語り継がれる。
たった一度しかない。
そういうパターンのやつ。
ファジサポもかなり維新にいきそうですし、かなりお客さんはいるんじゃないでしょうか?
”J2マエストロ”反町康治の松本もJ2の開幕戦は終始浮き足立っていました。
さてレノファはどうなるか。ここは見所になってくると思います。



◎TMを見ての現時点でのファジへの評価と期待



2月に行われたTMvsカターレ富山を政田で見たときの印象と、その後ファジラボで伝えられた情報を元に、
開幕を迎える現時点でのファジアーノに対する評価をザックリと言えば・・・


・攻撃 ■■■■□□□□□□
・守備 ■■■■■■■■□□



攻撃4、守備8(10段階評価)くらいの感じだと思います。
守備については、
フォーメーションやら守り方によって左右されますが、ベースとなる守備力はしっかりあるのでこの評価。
一方攻撃の方は、
昨年あまり形を作れなかったところから要所要所に補強があってベースアップした分1つUPしての4程度。
あんまりバカスカ得点がとれるようなそんなニオイはまだしません。ここから上げていかないといけません。
サッカーって面白いもので攻撃力あるチームだからうまく点がとれるわけでもなく、守備力高いのに点がとれるチームがあったりもします。そういう意味で今年も「まず点はやらない」そこはしっかりと堅持していかなければなりません。そのうち相手が隙を見せてきたら、しっかりとうち抜いていく。
そういう構えがまずは大事になってくると思います。今年はその辺意識してるはず。
スタートダッシュにあまりこだわらなくても昇格の道は消えないのがJ2です。
まー折り返し時点であまりにも後ろにいたらなんぼにもおえんですけど、
さすがにそれは予想しづらい。守備いいので落ち切る所まではなかなか。
大事なのは焦れずに地力を蓄えていくこと。それには時間がかかってくるでしょう。
ですので、うまく力が出せない、出したい力が蓄えられてない時の戦い方をリアルにやり倒してほしい。


今年は補強もかなりのものでした。
これまで川又堅碁や金民均、石原崇兆なんかのプレーで感じることの出来た、
純粋な”個の力”のみで局面を打開してしまうシーンがきっと増えてくるんじゃなかろうか?と考えています。
現に富山戦では場面場面でタレントの違いをありありと感じることが多かった。
このセンターライン、なかなかのものです。
きっとそういった相手を上回る個の力がチームを助けることになるでしょう。新加入選手たちのプレーをはやくじっくり見せてもらいたいですね!いやーーーー楽しみなってきたああああ!
では山口へ行ってきます。



ファジについてのご質問があれば、素人考えに過ぎませんができるだけ出来る範囲でお答えします。
よろしければ質問くださいませ。質問はコチラから→ask.fm/ZeroFagi


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0