J2第19節 vs金沢戦 備忘録 『いかにも引き分けそうなタイミング』

松本との上位対決を制して2位に浮上したファジアーノ。
今節の相手は、前節北九州と下位対決に敗れたツエーゲン金沢(22位)
3連勝はこれまでもありましたが、4連勝となればクラブ記録。
上位争いの他のチームは勝ち点を伸ばしており、最下位のチームに取りこぼすことは避けたい試合でした。





<スタッツ>




19節スコア

19節スタッツ







<順位表>





19節順位1
19節順位2







<フォーメーション>





19節フォメ







<ハイライト>










◎前後半を通じて




金沢は昨年旋風を巻き起こすことが出来たゾーンディフェンスの再構築がだいぶ進んできた様子で、この試合でもブロック全体がボールを中心とした位置取りができていてファジはなかなかにインサイドにボールを付けることが出来ませんでした。442で守る金沢のタイトな守備に対し、その外をぐるぐる回すか、後ろに下げるか。いずれにせよタテパスを打ち込むことが出来ずに明らかに攻めあぐねてしまった前半。インタビューを読む限りでは、金沢のカウンターを警戒して安易にボールロストしたくなかったために、このような展開になったようです。
インサイドがダメなら大きなサイドチェンジ、つまりアウトサイドということで、左サイドのえーちゃんにボールを放り込んでいく展開が増えたのはある種必然だったかもしれない。それで、しっかりとロングスローやCKが取れていたので、そこでどれか一つでも決めきっていればその後の展開は大分違ったんじゃないかと思わせる展開でしたね。



一方金沢は基本的には長身の水永にロングボールをあててそのコボレからシュート・クロスという攻撃を丹念にやってきます。情報によれば、金沢は敵陣空中戦勝率がリーグ1位ということで理に適った攻撃ではある。
しかも、ファジのCBは中央の岩政以外はタダシにしろサワにしろシノにしろ、180cmを越える選手がいません。
なので、岩政を外せばロングボールに強い金沢は十分計算が成り立つということですな。
前半からこの狙いはかなり成功していて、水永の落しを衛星的な動きでフォローする山崎が拾う形が見られ、シュートにいける場合はそのままシュート。いけない場合は左に流してファジサポにはおなじみの野田のクロスへつなげる、というシーンをたびたび作られることになりました。金沢の攻撃はこのように”ロングボールで落とせること”が軸になっているので、守る方としてはロングボールで落とさせないこと、セカンドを絶対にとることがポイントになってくる格好でしたね。



そういうお互いの状況がありながら、後半開始直後のファーストプレー。
後方からのロングボールを水永が落とし、山崎が蹴りこむという絵に書いたような電柱アタックで金沢が先制。
水永と競ったのは岩政、カバーは竹田でしたが、ともに相手に上回られてワンチャン一発で決めきられてしまいました。試合を通して見るとそんなに決定機が多い試合ではなかっただけにこの失点は痛かった・・・・
失点後は金沢ペースですすみ、依然としてブロックの攻略に四苦八苦するファジアーノ。
しかし、こういうときに生きるのがタレントの力でもあるなあと。
矢島のスルーパスを受けたオッシーがPA内で倒されPK、これを決めて同点。
またしてもセットプレーで追いつくことに成功しました。
この得点のあとはスタミナ面での低下が金沢の守備力に影を落とします。
具体的に言えば、2トップ脇のスペースのケアがやりづらくなってくる金沢に対して、ファジは両脇のCBタダシとサワがボールを持ち出してからフィードする事で後方からのボールの供給が出来るようになります。
依然としてブロック間で受けて~というようなショートパスを使った攻めはほとんど出来ませんでしたが、赤嶺にクオリティのともなったパスが供給されるようになるとやはりチャンスは増えて、ゴールに迫る回数は明らかに増えていくのですが・・・・
突き放すには至らず試合終了。
最下位のチームにドローで勝点1という結果になってしまい、順位をさげることになりました。




ざーっと振り返って見るとやはり前半のセットプレーのところで一つ取れなかった所が分起点だったかなと思いました。
金沢はかなり守備力が改善されており、カウンターの精度が上がってくるとだいぶ去年のパフォーマンスに近づくのかな?と。
そういう意味では、最下位ではあるけど”実質最下位じゃない”実力の金沢とあたってしまった運のなさはあったかなぁと思う所でもあります。とはいってもね、少々ツキがなかろうがかたんとおえんわなあ。ドローは負けに近い。
激闘を制したあとはボケるファジアーノ感を払拭しきることは出来ませんでしたが、まあまあ悪くないサッカーはできていたし相手もだいぶん良化して来ている、そういうタイミングでの試合だったのかなと思いました。




さあ、次は瀬戸大橋ダービー。


何回悔しい思いをさせられてきたか?
順位とかまじでどうでもいいんで、讃岐を沈黙させる試合を期待したい。





【お知らせ】
来週からしばらくゲストレビュアーさんにお願いしてかわるがわるレビューを担当してもらう予定にしております。
少しの間自分はレビューから離れますが更新は続けて行きますので、どうぞゲストレビュアーさんたちの記事をお楽しみに!




ファジについてのご質問があれば、素人考えに過ぎませんができるだけ出来る範囲でお答えします。
よろしければ質問くださいませ。質問はコチラから→ask.fm/ZeroFagi


↓よければポチっとおねがいします(めっちゃ励みになります!)
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0