J2第25節 vs山形戦 レビュー 『起承転結 臥薪嘗胆』

ゲストレビューシリーズいかがだったでしょうか?
おかげさまで7月を何とか乗りきり、仕事の多忙さと出産が重なる難しい一ヶ月をクリアすることができました!
あらためてレビューを寄せてくれたみなさんにはお礼申し上げます。ほんとうにありがとうございました。




さあ、今節からは通常運転にもどって私Zerofagiがレビュー・備忘録を書き記して行きます。
J2は25節を消化しております。ファジアーノはまだPO圏内順位を維持しているものの少しづつ上位と差がつきはじめています。
この試合の前に矢島慎也はリオに旅立っており、一ヶ月は彼なしでの戦いとなります。
その一発目の相手はモンテディオ山形(11位)。
前節は非常にふがいない戦いぶりに終始してしまったファジアーノ。
矢島問題だけでなくメンタル問題にも直面する難局を迎えております。キーワードは『一体感』。
チームとしての方向を再確認するための試合でもありましたね。
自分としては久々にレビューする試合でしたが、ゲームの進行がキレイに起承転結になってる試合で、
みていてわかりやすく面白い試合になりました。







<スタッツ>








25節スコア

25節スタッツ







<順位表>






25節順位1
25節順位2







<フォーメーション>





25節フォメ








<ハイライト>













◎「起」 ・・・前半勝負の山形の前プレ






この試合は、
「起」 前半45分 
「承」 後半の60分まで 
「転」 後半60分から得点まで 
「結」 得点から終了まで
と、
流れがくっきり分かれる非常に見やすいゲームでした。
なので今回のレビューはその起承転結に沿って試合の流れを振り返っていこうと思います。
まずは「起」・・・前半勝負の山形の前プレから。




この試合の前半は終始山形ペースで進行していて、ほとんどチャンスらしいチャンスを作らせてもらえない45分でした。
チャンスどころかよく失点せずにしのげたなあというところで、この前半が0-0だったのは山形としては痛恨だったことでしょう。この試合のコンディションとしては、夏場のゲームで3連戦、しかも最終の試合ということでスタミナの面や疲労の面は必ず考慮しなければならない状況でした。
後半のガス欠の可能性を監督が考慮にいれていないはずはないですが、それでも山形は前半から前プレに来た。
このあたりに「前半のうちに得意の前プレでいい守備から得点を奪い逃げ切りたい」という相手の思惑が読み取れる前半でした。



みらー前プレ




ファジは矢島を長期離脱で欠くはじめての試合。
トゥーロンのときの矢島不在のときは決め手となるような代わりのプランは見てとれずじまいだったわけですがその辺どうなるかが注目の試合でしたね。まあ結論から言えば、矢島不在についてのアレコレをこの試合を素に語るのは難しいと思います。なぜならほとんど山形の時間でウチがボールを主体的に動かすシーン自体が少なかったから
とりわけこの前半は思うように山形の前プレにハメこまれており、またセカンドボール争いでかなり負けたことで、後手を踏んで守備に走り回る格好になってしまいました。




セカンドから早い山形




ファジのビルドを前プレで叩きはいって来た所を潰してセカンド勝負に持ち込む。
そしてそのセカンドをものにしていった山形にペースが転がり込むのはやむをえない所。
中盤の争いを制したら、すばやくサイドか裏へ展開することで、中途半端に腰の浮いたファジの守備陣にゴール方面にもどりながらの守備を強制してくる山形。狙い通りの展開だったんじゃないかと思います。
前回のホームでの対戦時にもやられたディエゴが上手いのとディエゴローザとの呼吸がぴったり合っており、2人だけでもゴールをこじ開けられそうな怖さがありましたねえ。上手いし強い、けどそこそこスピードもあるということでなかなかに強力なコンビでした。
幾度となくチャンスを作られましたが、前半勝負の山形をなんとか0に抑えられたのがこの試合の勝因の一つ。






◎「承」・・・後半勝負のファジの前プレ”返し”







終始山形のみが主役を務めた前半が0-0で終了し、迎えた後半今度はファジが前プレを仕掛けます。
ちょうど前半の立場をそっくりそのまま入れ替えたような展開で、守備で勢いをつけるファジが山形を圧倒しはじめてペースを握ります。だいたい後半の60分くらいまではファジのゲーム。






ミラー前





前半はミラーゲームの前プレのメリットを享受しまくっていた山形でしたが、攻守交替。
後半はファジがその恩恵を独占しはじめます。
前プレがハマって思うようなボールを前につけることのできない山形からファジがボールを取り上げてカウンターになだれ込むと。
まさに前半山形がやっていたような展開を再現するかのような後半の15分間くらいまでの流れ。
山形は45分で点を取りきれませんでしたが、ウチも勝つならばこういう時間帯に押し込みたかったなぁと・・・・。
好事魔多し。
山形がペースをチャンスをモノに出来ずにファジにペースを取られてしまったのと同じように、
今度はファジが持っていたペースをみすみす手放してしまうことに・・・・






◎「転」・・・ミスの連鎖からペースを失った所に救世主





前半勝負の山形を抑え、後半勝負で勝ちに近づきつつあったファジは非常にイージーなミスを連発・・・・
澤口や篠原、そしてとりわけ関戸健二の再三のミスが重なって自分たちのミスでリズムをおかしくしてしまうというあまりにももったいない「転」がやってきました。後半の始まってしばらく経ったくらいが最もキツい時間帯と良くいいますし、夏場3連戦の最終戦のしかも後半というのもわかる・・・・
わかるけど、そういうミスで横浜FC戦の敗戦は成立したわけだしね。
もうそういうのは許されない順位だし、痛い目も見た。
この試合良かったのは試合後のコメントでナベが「ミスした選手にもフォローの声がよくかかっていた」というところでしょう。
その場面場面において選手が意思統一して戦う、そういう「一体感」を感じさせる時間帯だったかもしれません。
このままやられていたら横浜FC戦から先にすすめなかった。
けれども、なんとかバックアップして凌いでやっとそのときがくる。





ヤターーーーーーー!
決めたぞーーーーー!トヨが決勝点決めたーーーーー!






矢島の厳しい叱責なんかもありましたが、よーーーやっとトヨが、試合を決める決勝点を叩きこんでくれました。
ほんとにねこういうことが出来る選手なんですよ彼は。ほんとうに嬉しい。待ってた。






◎「結」・・・541で試合をクローズ






ここに至るまで流れがあっちへいったりこっちへいったりした試合でしたが、
豊川雄太のゴールで方向性は定まった。
山形は攻めるしかない、ならファジは守るしかない。
ということで、疲労が目立つシャドーを入れ替えスタミナ面をリフレッシュして守備力の減少を食い止めると・・・





541





最後は541の守備的な布陣をしいて逃げ切り体勢をとるファジ。
山形も懸命に食い下がりましたがブロックをくずすことは叶わず試合終了。
ファジアーノはイヤな流れを断ち切り、チームとしてのまとまりを感じさせる勝利!
・・・・いやーーーほんとよかった。とても大きい勝ちだわこりゃあ。




まだまだわからないとはいえ、この試合で勝利できたこと、「取り戻せた一体感」は今後大きく作用してくるんじゃないかと思います。あ、そうそう、この「一体感」について少し話しておきたいんですが、これまで述べてきたようにこの試合は4つのパートに分かれているゲームだったと思うんですよね。どの局面も状況は違うわけですが、この試合に関していえばどのパートを取ってみても「ここは耐える」とか「ここは出ていって奪う」とかチームとしてやりたいことに統一感があったなあと思うんです。なんかみんなと違うことをしようとする選手がいてチグハグとか、そういうシーンがなかったなあと。チームで戦った感がどのパートでも感じられたのでそういうのが「一体感」の正体なんだろうなと思います。
矢島の不在についてはこの試合ではどうこう判断付かないですが、補強もかなり手厚く行っており陣容は強化されています。
次の試合が大事ですね。そこでどんなことを見せてくれるか。新加入選手の活躍も大いに期待したいと思います。



最後にこの試合の、そしてもしかしたらシーズンの救世主にもなるかもしれない選手のコメントを貼って終わりにしたいと思います。




●豊川雄太選手(岡山)
「うれしかったですね。ああいう形でチャンスは来るかなと思っていましたし、チームとしてものすごくでかいと思う。勝点3以上のものは確実にあると思います。(今日の試合を)見ている人は感じたと思うんですけど、一体感があったと思うんですよ。ファジらしさというか、そういうのを取り戻した感がありますし、これができたら絶対に負けないと思いますね。今日は選手一人一人が戦っていた。ベンチから見ていてもそう思ったので、自分もなんとか力になれたと思いました。ただ、1回だったら誰でもできる。続けてやることが重要なので、次の試合もみんなで戦っていくことが重要だと思います。」






ファジについてのご質問があれば、素人考えに過ぎませんができるだけ出来る範囲でお答えします。
よろしければ質問くださいませ。質問はコチラから→ask.fm/ZeroFagi


↓よければポチっとおねがいします(めっちゃ励みになります!)
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村



1.15.20
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0