まだなにも手にしていない。この「秋」を乗りこえろ!

いやーーー久々の更新となってしまいました。
ネクスのCスタラストマッチにお越しくださった皆様ありがとうございました。
お礼が遅くなりたいへん申し訳ありませんでした。




カレンダーは進行し、J2リーグはのこすところ3試合となってきました。
順位のほうを確認してみると、



ずんいん



このような形になってきていまして、上の順位よりも下の順位のほうを気にしなければならない状況になってきておりますな。
以前ファジアーノ岡山がJ1への昇格を見据えてこの秋の終盤戦を戦ったのは2014シーズン、影山体制最後の年でしたが、あの時も荒田の勝ちこしゴールで勝ち取ったアウェイ松本戦での勝利をピークに終盤に失速。ついにPOには届きませんでした。
今年は2年前を上回る成績で秋までやってきたものの、ここに来ての急ブレーキ・・・・
やっぱりそうなのか、やっぱりこの「秋」がヤマなのかという思いを強くしております。




今年のファジが失速する起点となったのはリオ五輪終了後矢島が合流したて試合だった千葉戦から。
ちょっとそこから今に至るまでの戦績を貼り付けておきますが、こんな感じです。





なんしょ



ここ10試合で、2勝3敗5分 勝点11 
1試合平均勝点 1.1
1試合平均得点 1.0点
1試合平均失点 0.9点
  となっています。


ちなみにこの千葉戦までの29節時点での成績を見てみると、
29試合 15勝6敗8分 勝点53
1試合平均勝点 1.8
1試合平均得点 1.4
1試合平均失点 0.9     


となっており、数字上でも得点減が成績に影を落としていることがよくわかります。





矢島不在期間があるというのは今シーズン始まる前から当然に予見されていた最大の難所でありました。
しかし、フタを空けてみればなんと4勝1分と勝ち点荒稼ぎに成功して予想を覆す躍進を遂げます。
このときにグッと広げたリードのおかげでPO圏外との差が広がり、上位グループに喰らいつくことが出来たんですよね。
しかし、その最大の難所をクリアしてやや安全圏に逃げ込んだと思しき時期から成績が下降しはじめてるんですよ。
この感じ・・・・2014シーズンと全く一緒じゃないか!と。




監督も選手も代わっているのに脈々と流れ続ける「いいとこどまり」の体質。
これは一体なんなんだろう?と。
自分には何も成し遂げていないのに成し遂げた錯覚に陥っていた2014の再現のように思えてきます。
ああいうことを何度も何度もくりかえしちゃいけない。断ち切らないと。











いやーなんというかね、結局最後には「気持ち」とか「姿勢」の問題になってくるんかなあ?って思うんです。
加地が「J2優勝」って言ってたのを額面どおり受け取らなかった自分をタイムマシンに乗って蹴りたい。
優勝を本気で目指してやっぱ2位3位、2位3位を目指して456位なんだな、ほんとにさ。
それから岩政が言うように「ここにサッカー人生がかかってることを感じられるかどうか」のところも。
つまるところ、そういう「なにがなんでも勝とうとする姿勢」が結果に出るのかなっていう。
残念ながら今のファジアーノ岡山に昇格する資格全然無いと思う。
ちっともふさわしいサッカーじゃないと思う。この2ヶ月ちょっと。
自動昇格とかもう遠い先のほうに逃げてしまってもう見えないじゃん。




でも、まだ間に合う!
ありがたいことにまだまだChallenge1するチャンスが残ってる!





だから残り3試合とPOの2試合。
ファジアーノのラスボス「秋」をやっつけて欲しい。
選手たちが自信持ってプレーするところが見たい。
人生かかってるような鬼気迫るところが見たい。
最後の最後までしっかりと見届けさせてもらおうと思います。やっと訪れたJ1への挑戦の年だからね!






↓よければポチっとおねがいします(めっちゃ励みになります!)
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村






このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0