岡山の2017年はきっと2016年並みにヤバイぞ?

あけましておめでとうございます。
今年もゼロファジブログをどうぞよろしくお願いいたします。




さてさて、新年一発目の更新となりますがせっかくの正月です。
ここはひとつ景気のいい話をして来るレギュラーシーズンにブリをつけたいと思いますよ。
結論から言おう。ファジの2017は2016並にヤバイぞ?と!





昨年末に実に興味深いニュースがありましたので、今回はこのニュースを読み解きながらお話を進めていきます。
それは衝撃的なニュースでした。
これ聞いたときはマジで「はああああああああああ???(歓喜)」って感じでしたよ。


「2016シーズンのファジアーノ岡山のクラブ経営状況、赤字見込みから一転黒字見込みへ」



これこれ、ヤバすぎるよこのニュース。このヤバさをみんなと共有してえんだおれは。
12月29日の山陽新聞に掲載された木村社長のインタビューのなかで明らかにされた今年のファジアーノの経営のステータスですが、再三にわたりアナウンスされていた赤字見込みを一気に覆す黒字見込み。なんでも大口スポンサーと契約できたことなどが要因だとか。さらっと読み飛ばしてしまいそうですが、これはとんでもないニュースです。
これについて解説していきましょう。




まず、お話しておかないといけないのがクラブライセンス制度の赤字3アウトチェンジルールについてです。
これは自分が勝手にそうよんでいるんですが、クラブライセンス制度の中の財務分野のルールの中に、



・3期連続の当期純損失(赤字)を計上していないこと
・債務超過でないこと



というのがあるんですが、この2つは絶対に守らないといけないルールになっております。
これが守れない場合はライセンスの剥奪、つまりJリーグにいられなくなってしまうのです。
そういう縛りを設けることで、各クラブの経営の安定化をはかっているのがこのクラブライセンスのルールということなんですね。
注目なのはこの一つ目、赤字・赤字・赤字と3年続くとはいさようなら、になっちゃうルール。アウト(赤字)三つでゲームセットなんですね。
で、こっから大事なんですがクラブ側からすると2年連続で赤字を計上してしまうと「もう後がない」んですよ。3年目は何がなんでも黒字化をはからないといけない。高給取りはリストラし、経費を徹底的に切り詰めて非常事態で臨まないといけないシーズンになってしまう。もうカッツカツもええところ。余裕なんて一切なし。赤でたらもうレッドカードですから、Jリーグから退場されられてしまいますからね。
で、だが。そんな状態でまともにシーズンを戦えるでしょうか?
無論そんなシーズンは撤退戦になります。極力被害を抑えてこれ以上事態が悪化しないようにしなくてはならない。
そんなんで上を目指すとか、めっちゃ儲かって黒字化できますとか、ちょっとムリゲーなんですよ。
なので赤字が許されるのは一年限りになってくるんです。
もっと言えばクラブとして赤字覚悟で大勝負をかけやすいのは黒字を計上したあとの年ということです。
ファジアーノ岡山にとって、赤字覚悟で大勝負に打って出るシーズンは2016シーズンであったんですね。
だから、岩政・矢島・豊川に赤嶺、それにジンギュやノリなど豪華すぎる夏の補強でお金をバンバン使って勝負に出たわけです。
結果は御存じのとおり・・・・あと一歩で昇格を逃したシーズンになってしまいました。



通常であれば・・・・・
2016シーズンは赤字を計上するのが明確でしたから、2017年は黒字化に務めねばなりません。
2017年も赤字ならばどのみち2018年も逃げ戦しか出来ません。先ほど説明したとおりです。
なので今年の戦力確保については2016ほどの大盤振る舞いは出来まい、と見ておりましたよあたしゃ。
黒字化しておかないといけないシーズンですから有力選手の保持や獲得は難しい、自然そう考えるほかないのです。
しかし・・・・



「2016シーズンのファジアーノ岡山のクラブ経営状況、赤字見込みから一転黒字見込みへ」




( ゚д゚)ポカーン …




(゚Д゚)ハァ?






クラブとして赤字覚悟で大勝負をかけやすいのは黒字を計上したあとの年







PO決勝敗戦後、ロッカールームで来年も勝負に出ると木村社長が言ったとか。
2017年はセーブする年ではなく、
再び大勝負に打って出られる年になっちまったんですよ!




J1未経験クラブとしてはおそらく最高額近いくらい、J1経験クラブと比べてもそんなに引けをとらない強化費をもった岡山が、
ふたたび今年もJ1昇格にむけてお金をドンドンかけられる状況が生まれてしまった!ということなんですよ・・・・
ええい、めんどくさい。
諸君、今年の岡山もお金持ちだぞ!(J2では)


去年かけたお金と同じかそれ以上、昇格に向けた強化費として注ぎ込めるんです。
ほらほら、赤嶺完全でとったっしょ?彼は高給ですよ?でもサラリー払えるんですよ。
確かに岩政、矢島はいなくなるけれど、大竹レベルの選手をとれた。
そして忘れていけないのは、今年ネクス関連費用0だぞ?ということです。
何億か知らないけどそれくらいの経費が浮くだろうと推測されます。
もう昨年J1を逃したことにとらわれとる場合じゃない。やばくない?岡山さあ笑



PO決勝進出で出遅れている、うん確かに。
矢島いねえ、岩政いねえ、中林いねえ、うん確かに。
でも、獲ってこれる。
やべーな!ってやつが岡山に呼べる。
金もステイタスも知名度も、もう、ある。
楽しいオフシーズンになってきたじゃありませんか皆さん!
強化部のお年玉に期待しましょう。





↓よければポチっとおねがいします(めっちゃ励みになります!)
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村







このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0