2017 ファジアーノ岡山戦力診断(1)

さあ今年もシーズンがはじまりました。
前年の悔しい敗退を受け、今年こそは優勝、なんとしても自動昇格そこにこだわらなければならないシーズンであります。
DAZNマネーの影響なのか、非常に活発であったオフシーズンのストーブリーグ。
ファジも大きく動いたオフでありましたが、なかなかによい着地点をみつけらてよかったのではないか?と思っておりますよ。
ということで、シーズン前の戦力診断をして補強の傾向などについて考えてみました。
まずは選手のOUTとINを確認しておきます。



OUT.jpg


IN.jpg




昨年までの主軸であったキャプテン岩政、矢島、ウッズ、オッシーというド主力がチームをさったオフでした。
大駒の放出があったということでやけに危機感をあおるニュースが目立つんですが、ぜんぜん心配ないんじゃないかと思っています。というのも、穴を埋めて余りある補強ができており、損失の補填はできているからです。
ざっとですが、それぞれの選手が務めそうなポジションに割り振って図にまとめてみました。




せんりょく






こんな感じ。
それではそれぞれのポジションについてチェックしていきましょう。






◎ウッズの穴埋めとしては満点回答のGK




GK.jpg



<OUT>
中林→広島  
松原→讃岐


<IN>
櫛引←清水
一森←山口
似鳥←横浜(復帰)



ながらく岡山のゴールマウスを守りJ2トップのセーブ力を誇った守護神中林が広島に移籍。
彼の穴を埋めることはなかなかに難しいハードルでありましたが、リオ五輪代表の櫛引を獲得したことでひとつの回答を見出せそうな気配。また注目なのはJ2のGKでは飛びぬけて足元の技術の高い一森の獲得。彼の補強は層の厚みを増すだけでなく、後方からのビルドアップ力の強化という目論見も透けて見えてくる。
これに加えてJ2での出場もはたした古株椎名が控えており競争は激しい。
身体能力の高いキョンテ、大胆なプレースタイルが売りの似鳥の若手組も突き上げを狙う。





◎3CBはファジ史上最高フィードトリオの可能性





DF.jpg




<OUT>
岩政→東京U
金珍圭→


<IN>
喜山←松本
チャン・ソグォン←城南FC
下口←JFAアカデミー



対人ということだとほぼ無双状態であった岩政が抜けるということで、エアバトルでの勝率の低下相手のポイントゲッターを殺せる率の低下は少し懸念材料であります。しかし、そもそも竹田忠嗣も問題なくストップできる実力をもっていますし、岩政が岡山に来る以前からCBの強度について得に問題があったわけではないですからね。そんなに心配はいらないと思います。
このポジションの目玉はなんといっても喜山康平の岡山帰還に尽きます!
高さもあり機動力もあり、戦術理解が高く、レフティであると・・・・・どう考えても左CBだとJ2でトップクラスの実力者です彼は。断言してもいい。彼とともにJ1へ向かう挑戦ができることに高揚を抑えきれない感じですよまじで・・・・
実はPO準決勝のプレビューを作っているときに「うわ・・・喜山ええなあ・・・喜山ほしいなあ・・・」と何度も何度も思ったんですよね。
でも「こんな活躍してたら獲れるはずがないわな・・・」と思うじゃないですか。しかしまあなんたることか。
ほんとうに楽しみな選手が戻ってきてくれました。
実績を元にスタメンを想像してみると、篠原・竹田・喜山というトリオが一番有力かなと思います。
3人ともCBレベルでは十分なキック精度を持っており、どっからでも球出しできるな?という。
ファジ史上最高レベルのフィードトリオが組めてしまう勢い。
新加入のソグォンもまた実力者で、対人の強さ・ボール狩りスキルの高さを持ちながら、後方からのフィード力にも光るものを見せるということで、後ろからの球出しレベルの強化という意向が感じられる補強になっております。久々の高卒ルーキーとして加入した下口も代表経験もあるスキルフルなCBで経験をつみつつこのレベルに追いつき追い越してほしいところであります。それからCB陣はやっぱケガ人の復帰が大事でしょうね。長く離脱した飛翔・クッキー・近藤が再び競争に戻ってくることで層の厚みが確保されますからね。






◎矢島の移籍でまったく読めないボランチ陣





ボランチ





<OUT>
矢島→浦和(復帰)
島田→長崎


<IN>
武田←神奈川大
塚川←流経大



2015、2016シーズンを代表する選手であった矢島慎也の浦和復帰により、抜きん出た存在のいなくなったボランチはまったくもって予想のつかないポジションとなっているなと感じています。
このポジションはパスを散らしてゲームを組み立てる役運動量豊富で守備のうまい潰し役と大きく2つに分けられると思うんですが、おそらくそれぞれの役を一人づつ起用する流れになるのでは?と予想しています。
伊藤・武田・加藤あたりが前者、ナベ・関戸・塚川あたりが後者というところでしょうか。
誰が矢島の(ひいては上田康太の)後を務めるのか?が最大のトピックになってきそうな気配ですが、自分はやはり大介が務めるのでは?と思っています。ほんとうを言うとボランチとシャドーの間くらいの中途半端なポジションが一番向く選手なんじゃないか?と思うんですが、シャドーの傾向を見ると大介向きな流れではなさそうなのでここを主戦場としそうだなあと。
大卒の選手を2名も獲得したわけですが、ともに180cmを超える大型ボランチである点はすばらしい
影山時代からずっと中盤の小型化が続いてきたファジですが、ハイボールや競り合いの面でも、それからセットプレイのことを考えても大きな中盤がいるのは助かります。武田は細身で長身で長短のパスにセンスあるレフティということで横浜にいった扇原みたいなイメージですね。実際のプレーを見てないのでなんともですが、ちょっと気になる存在です。一方、塚川は対人の強さに自信があり、CBもできるというのはすごくありがたいです。
昨季は関戸が完全に復調しボランチのポジションを取りましたが、ナベの巻き返しに期待したい。
あとネクスウォッチャーとしては、純粋ファジ戦士の加藤健人にも爪跡を残してほしいところです。




(2)につづく



ファジについてのご質問があれば、素人考えに過ぎませんができるだけ出来る範囲でお答えします。
よろしければ質問くださいませ。質問はコチラから→ask.fm/ZeroFagi


↓よければポチっとおねがいします(めっちゃ励みになります!)
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 4

-  2017, 02. 02 [Thu] 23:35

飛翔はまた長期離脱なんだけどな

Edit | Reply | 

Zerofagi  2017, 02. 03 [Fri] 01:34

>23:35のひと


早くプレーさせてあげたいですねー

Edit | Reply | 

あ  2017, 02. 03 [Fri] 11:36

TRMでは武田渡邉、武田関戸、関戸渡邉伊藤アンカーの352、加藤石毛の中盤でした

Edit | Reply | 

Zerofagi  2017, 02. 03 [Fri] 22:31

>あさん


おおその組み合わせは面白いですね!3142も試しているというのは好印象です

Edit | Reply |