2017 ファジアーノ岡山戦力診断(2)

せんりょく






◎鍵を握りそうな左WB(左CBも)






左WB




<OUT>
酒井→新潟(復帰)
秋吉→


<IN>
パクヒョンジン←長崎




実は今年の補強で最も期待したポイントがこの左サイド(WB・CB)だったんですね。
というのも昨年は竹田・片山でタテのコンビを組むことが多く、タダシがケガをしてからは三村・片山というコンバートコンビで綱渡りのような守備でなんとかだましだましやってきた印象でした。端的に言えば、本職不在過ぎるポジションがこの2つだったんですよね。えーちゃんの左WBは確かに前半かなりスコアに貢献しました。アシストもバンバンついてすごくいい調子だったんですが、後半は守備のもろさを狙われて積極的に攻撃を受けるポジションになってしまいました。もともと攻撃で稼げるので弱点には目をつぶることができていた左サイドでしたが、攻められたら攻撃できませんから収支はずっとマイナスなんですよ。選手はがんばっていましたが弱点にしかなっていなかった苦しい台所事情がありました。そういうわけで左サイドにはスペシャリストがほしいと思っていたところで、前述の喜山であり、このパクヒョンジン獲得であると。まあちょっと胸をなでおろした感じですね笑
パクヒョンジンは左足のキックにスーパーな精度をもつレフティであり、直接FKでゴールも狙えるプレイスキッカーでもあります。シンプルなクロスの精度が高くないファジアーノのサイドアタックですから、点であわせて一点みたいな形がなかなか作れない問題がありましたが、そのあたり彼の左足に期待したいところであります。
またPOで完全にロングフィードが戦術兵器となっていたミムの再ブレイクも期待したいところ。
もともとシュートがうまく、フィードもいいということでキック関連のスキルは高い選手ですが、なんといってもタテですね彼は。
キック精度のヒョンジンと、タテ突破のミム、バックアップとしてのえーちゃん、このような感じで左サイドは回っていくのではないか?と考えています。






◎安定の右WB(片山選手はどこへ行く?問題)






<OUT>
なし


<IN>
なし





なし。
なし。


ということで今回まったくなんもなかったのがこの右WBのポジションであります。
加地・タナソーにサワがいてというのはいつもの顔ぶれでありますが、
いまちまたでひそかに囁かれている「片山選手の主戦場はどこだ?」問題について、自分は右WBがメインFW・シャドーが次点になるのでは?と見ています。
というのも、先述のとおり左サイドのスペシャルは補強しているので、えーちゃんをわざわざ左に回す必要性が低いこと。
それから、前線の選手も層が厚く技術レベルが相当に高くなってきているので主役を務められるかどうかはわかりません。しかし、えーちゃんの身体能力の高さはサイドで抜きん出たものがありますし、なんといってもロングスローがありますからサイドにはおいておきたい。そうなると右WBが主戦場になってくるんじゃないかなぁと。この問題は開幕してみてどうなるか?非常に予想するのが面白いのでぜひみなさんも考えてみてはいかがでしょうか?






◎ハイレベルなシャドーのポジション争い






シャドー





<OUT>
押谷→名古屋
岡本→山口


<IN>
石毛←清水
大竹←湘南




チームトップスコアラーのオッシーが移籍したシャドーですが、石毛・大竹というJ1クラスの補強に成功しました。
これまでシャドーの選手になかなか創造性やスキルの高い選手を獲得できなかったファジですが、ウチにもこんな”うまい”選手が来てくれるようになったか・・・・と思わずにはいられない補強でありました。
石毛についてはほとんどプレーを見たことがないんですが、トップ下、FW、右SBができる選手とか。清水サポーターの評判を聞く限りでは伸び悩んでいるのさえなければ普通に戦力ということなので、相当はポテンシャルの持ち主なのでしょう。
一方、大竹洋平はプレー動画を見る限り、一昔前の”香川真司”みたいだなと思いましたね。中盤の高い位置で開いてくるスペースを読む力が高く、トラップが巧みで流れるようにドリブルが開始できるタッチにセンスを感じます。こういう選手はね、獲れないんだよなかなか笑
新加入の二人はどちらかと言うとトップ下っぽい感じなのかな?と思いますが、オッシーがやっていたセカンドストライカー的な役回りとしては俺の豊川雄太今年こそ期待にこたえるはずの藤本の2枚。
十分に穴は埋まると思いますし、赤嶺の完全移籍があるんだからオッシーをこえるスコアを期待したいところです。
・・・・それにしてもここで大介ってのが昨年までの規定路線なんだよなあ。
たぶん守備面での貢献度の高さは絶対に評価の対象になるので(このチームの守備の要はシャドーなので)、そのあたりで理解度の高い大介はどうなるだろう?このあたりも楽しみにしたいですね。





◎【再掲】見れば納得、君も入ろう赤嶺教






FW_20170202230014332.jpg





大駒の放出が相次ぐ中で赤嶺真吾、完全移籍加入!の知らせに大きく安堵した人もきっと多かったことだろうと思います。正直もっともいなくなったら困る選手は赤嶺だとおもっていただけに、完全移籍でまた頼りにできると思うと本当に心穏やかになるねまじで・・・。いまさら説明の必要はありませんが、このポジションの大黒柱は赤嶺真吾。強靭なフィジカルでのボールキープは対戦相手のCBからしたら脅威そのもの。昨年は激務の影響もありスコアにはなかなか結びつかなかった赤嶺ですが、今年はさらに彼をバックアップする体制が強化されていると思うので彼自身の得点の伸びも期待したいですね。
赤嶺を軸として、次点は藤本・片山あたりがバックアップを務めることになるんじゃないか?と思います。
ヨシキは体の強さとスピードという際立った特徴があります。一方えーちゃんは2015シーズンで飛躍的に向上したキープ力があり、ボールを受け取って時間を作るタスクに関しては問題なくこなしてくるはず。
ファジユースからの昇格となた石川はいきなりえげつないメンツとの競争になりますが、少しでも差を縮めてベンチ入り、出場を狙いたいところ。チームによってはJFLの得点トップランカーは普通にありえた逸材なので、こらからプロの連中の中でもまれてどんな特徴を伸ばしていくか楽しみな存在です。




ということで、ざっと各ポジション見てきました。
今年のメンツであれば十分自動昇格を狙えると言って恥ずかしくないと思いますし、もういいかげんそういう時よ岡山は。
メンバーがかわって長澤ファジのヴァージョンもかわってくるでしょうから、どんなサッカーを見せてくれるか楽しみですね!




ファジについてのご質問があれば、素人考えに過ぎませんができるだけ出来る範囲でお答えします。
よろしければ質問くださいませ。質問はコチラから→ask.fm/ZeroFagi


↓よければポチっとおねがいします(めっちゃ励みになります!)
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0