【観戦のおとも】 守備のときドキドキが増すピンチを見つけよう

すごーく久しぶりですが、今回はサッカーの見かた系の話をしてみたいと思います。



今回の話は守備、ピンチのみつけかたのお話!



サッカーのピンチというと、シュート打たれたらゴールを決められてしまいそう!みたいな場面を思い浮かべますよね。
けど、実はそういうシーンになる前にもサラッと見逃してしまいそうなピンチの種みたいなシーンがあったりします。
サッカーってのはあっという間にシーンが流れますからそういうシーンを見逃してしまうんですよねえ・・・
今回は守備の基本的な話をしながら、「こういうシーンを見つけるとより楽しめるよ!」というポイントについてやっていこうとおもいます。まずここを押さえておくと、「なんでなんだろう?」「相手はどうやってるんだろう?」という風にどんどん考えるのが楽しくなってくるんですよ。そしたらもっとゲームにのめりこめること間違いなし。
もちろん深いサッカーの知識とかはいりません。
戦術とかシステムとかチームがどうとかも全部後回しでOK。
それでは話を進めていきましょう。
まず守備全体の話について。






◎守備は”野戦”と”守城戦”の2つにわけて考えよう





そもそも守備というのは何のためにあるかというと、相手のボールを奪うためであります。
相手のミスを誘ったり、五分五分のルーズボール争いに持ち込んだりして相手が持ってるボールを取り上げていきます。
そのためにはゴールをまもりつつ相手の攻撃を邪魔して攻めてくるのを妨害しないといけません。
ところで、守備時のチームのフォーメーションを守備”陣形”などと呼んだりすることがありますよね。
サッカーもチームとチームの戦いでありますが、守備もひとついくさになぞらえて理解するとわかりやすくなります。
ちょいと図を出してみましょう。




野戦守城戦



自軍のゴールとゴール前とサイドを繋げたエリア・・・これ全部が守るべき城であります。
自軍のゴールマウスはさしづめ天守閣といったところ。お殿様がいるところですね。ここにタマが飛んでこないようにしないといけません。
青色のエリアが敵陣の野戦エリア。黄色のエリアが自陣の野戦エリア。
この野戦エリアではボールを前に運ぼうとしたり、それに対抗して妨害したりが繰り広げられます。
相手は敵陣からこちらの城を目指して攻めてくるわけですが、
まず野戦で相手の攻撃を止めることが大事です。ここでボールを奪えたら守備成功。
しかし、相手が上手いこと立ち回ってこちらの守備をかいくぐってしまうことが多々あります。
そうなったら、陣形を後退させて撤退しつつ城を守るための守城戦にシーンが移っていきます。
このように守備は、
野戦でダメだったら守城戦と2段階あるんだな

と考えるとわかりやすいんじゃないかと。





◎見逃しがちなドキドキポイント




ピンチといえば、やっぱりペナルティエリアの中での攻防が思い浮かびます。
確かに、ゴールの至近距離ですから危険度大なエリアですからね。
城の例えでいけば、ペナルティエリアはもう城内です。
目と鼻の先に天守閣。


PA.jpg


このエリアに敵が侵入してきたら、すわ一大事!
誰もがハラハラドキドキで無事を願うシーンであります。
たぶん誰でもここは緊張感をもって注目するんじゃないかな?と思います。
が、今回の話はココでの攻防ではありません。問題になるのはその外のところ。



バイタルとサイド奥


両サイドの奥、そしてバイタルエリアと呼ばれるゴール前のエリア。
ここ、いわば城に入る正門と横の門だと思っていいです。つまり、もう城の中です。
もし、相手の選手にいい形でこのエリアへの侵入を許したら「はっ!マズいぞ・・・」と構えましょう。
次の展開がどうなるか、うまく防げるかドキドキしながら見つめるのはこの時です。
なぜならこのエリアで相手選手に自由を与えるとシュートやクロスでゴールを狙われる確率が極めて高いからです。



こないだ試合このエリアに何度となく侵入を許していたんですが、ここを取られてしまうピンチ感がスタジアムにはあまりないのかなぁと感じました。それがこの記事を書くきっかけですが、


ここピンチです!守備、失敗してます!


ここで自由を与えるということは、守備がどこかマズいと考えていいと思います。
どうして、このバイタルエリアと左右のサイド奥で相手に自由を与えてしまったのだろう?
どうして相手はこのエリアに侵入できたのだろう?
そう考えていくと実にいろんなことが見えてきます。
相手の攻め方がいいのか?それともこちらの守り方が良くないのか?
こういうシーンになった理由が必ずあるはずなんですよね。





・まとめ


1.守備は敵陣および自陣における野戦の攻防がまずある
2.野戦で相手を止められない場合守城戦に移行する(守備は2段階ある)
3.ペナルティエリアの外に相手選手を通してはいけない門がある
4.門をいい形で活用されるのには理由がある






ということで久々に見かた系の記事を書いてみました。
実際の試合ではほんの一瞬の出来事だったりするんですが、
このエリアの攻防を注意深く見ているとほんとに面白いので一度お試しあれ。






このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0