0からはじめるファジアーノ

サッカー好きの生粋岡山人が、0から地元サポーターとして応援していきます。試合の考察中心の分析系ブログ。

阿部海大選手の獲得でファジの未来が変わるかも?という話

2018年01月16日 17:44  ファジアーノ岡山  

今年初めての更新!



みなさま今年もどうか当ブログをよろしくお願いいたします。



今年で8年目となるゼロファジブログですが、昨年に引き続き月に2本をめどにコラムめいたものを書き綴って行こうと思います。
また試合のレビューについてですが、今年はちょっと試したいこともありますので去年よりかは多くやりたい!
と思っておりますので、シーズンはいりましたらそちらもお楽しみにしていただけたらと思います。
さて、今年一発目のネタは、ゴールデンルーキー阿部海大選手についてのお話から!






◎ゴールデンルーキー 阿部海大選手





カイト
(写真:@fyusoccer)


阿部 海大(あべかいと)

■生年月日 : 1999年9月18日
■ポジション : DF
■身長/体重 : 182cm/71kg
■出身地 : 大分県
■チーム歴 : きつきFC - スマイス・セレソン - 東福岡高校

■主な戦績
 2016年 全国高校選手権優秀選手
 2017年 全国高校総体優秀選手
 2017年 U-18日本代表、日本高校選抜



スキンヘッドに180cmを越える長身。フィジカルの強さ、ジャンプの高さ、足元の技術。
ファジアーノ岡山のルーキー史上最高のタレントといっても差し支えない選手が今年からファジでプロのキャリアをスタートします。現U-18代表であり、世代を代表するCBという評価をうけており、高卒新人では最高クラスの人材。
普通ならJ1の強豪がまずもっていってしまうレベルの選手です。
そんな選手がなんと岡山をスタートに選んでくれたんですよね・・・!






◎みんな”どんな選手が岡山を選んでいるのか?”を見ている






移籍とか契約のお話というのは内幕を知らない自分のようないちサポーターには全く見えない世界ですから、どういう経緯とかどういうやり取りがあるとか全然わからないんですよね。だから、外から見ている身としては岡山を選んでくれてウチへ入団してくれた選手の顔ぶれを見て岡山の交渉力を推測するしかないんじゃないかなあと思うんですよ。有名な選手が取れた時なんかは、「岡山もこのレベルの選手が選んでくれる地位まで来たんだな」と確認できるっていう感じで。
で、おそらく他の選手から見ても「あ、岡山って○○選手が選ぶレベルまで上がってきてるんだな」というのを、岡山に行った選手の顔ぶれを見て判断しているところもあるんじゃないかなぁ?というのが素人ながら実感するところです。



ファジアーノ岡山はトップチームの強化において毎年右肩上がりの成長を遂げてきました。
2009年にJリーグに参入したときなんかはまさに一番ビリの地位でしたから(J3もなかったし)いい選手を押さえるのに苦労していました。そこからしばらくして2011年にはJリーグベストイレブンを取ったこともある元ブルガリア代表のストヤノフ選手が加入。2013、2014年あたりではJ2下位のクラブで際立った活躍をした選手を引き抜けるレベルに到達。
そして、戦力の充実という意味ではピークを迎えた2016年。
岩政、加地の元日本代表の二人に、J2屈指のGK中林、前線に赤嶺と豊川、中盤に五輪の10番矢島と。
数年前では全く考えられないほどの豪華な顔ぶれがそろうことになりました。
それぞれの段階において、「○○選手が岡山を選んだ」というのは移籍市場において大きな宣伝にもなったであろうと。
とりわけ、岩政、加地の元日本代表選手の獲得はそういう意味でも影響があったのではないか?と思います。
そういう意味で、選手獲得って結局”獲得実績”がモノを言うんじゃないの?と思うようになりました。
いい選手を獲得したという実績こそがクラブの格を高め、世間に宣伝してくれるんじゃないかなあと。
みんな”どんな選手が岡山を選んでいるのか?”を見ている
トップチームのほうはそれがとてもうまくいっているんじゃないでしょうか。
しかし、高卒年代においてはどうか?







◎阿部選手を獲得した実績が開く未来






これまでも高卒でファジに加入した選手はいました。
どの選手もプロに呼ばれるだけの能力の持ち主で、ファジを離れてもいろんなカテゴリで活躍してくれている選手ばかりです。
しかしながら、これまで加入してくれた選手が世代を代表するレベルであったかというとそこまではさすがにというところ。
前述のとおり阿部選手は世代を代表するCBで、J1の強豪がまずもっていくレベルの選手です。
このレベルの選手がキャリアのスタート地点として選ぶクラブになった。
それを世間に高らかに宣伝する極めて画期的な補強だったのではないか?と。




”そしてみんな阿部選手が岡山を選んだのを見ている”



今後岡山は”阿部クラスが行く岡山”として新人獲得に乗り出していくことになるのでは?とワクワクしています。
競争がありますから毎年勝ち取れるとは限りませんが、これまでよりも有力な新人が来てくれる可能性は間違いなく高くなっていくことだろうと思います。そう考えると、目先の戦力のみならず先々も見越して動かないといけない強化の奥深さを感じますね。
彼の獲得にあたっては水面下で熾烈な争奪戦があったことでしょう。
Jリーグの中でもトップクラスのクラブが獲得に動いていたのではないか?と予想されます。しかし、岡山が獲得!
ここに強化部の静かなる大勝利の証があると言っていいんじゃないでしょうか。
・・・ほんとにすごい!お見事でした!
ということで、阿部海大選手獲得にまつわるお話でした。
次は、阿部選手を応援する楽しみと彼の将来についての記事を書こうと思いますのでそちらも是非!




ゼロファジの質問箱→https://peing.net/zerofagi



トラックバックURL

http://albino1224.jp/tb.php/457-b183eb48

前の記事次の記事