ファジの夏よ来い 第20節 岡山vs湘南

まあ審判については、水戸戦でかなり怒ったのでもうやめときましょう。
そろそろ現状こういう程度なんだという認識を持って見るべきだなと再確認した次第です。


またしても連勝とはいかなかったかぁという気持ちも正直ありますが、ホームでこのところ残念な気持ちで家路に着くことが続きましたんでね。内心負けなかった・・ほっとした、それがホンネです。


<スタメン>
GK 真子
DF 後藤、ストヤノフ、植田
MF 金、千明、小林、澤口、石原、臼井
FW チアゴ

<結果>
岡山 1-1 湘南


<経過>
前20 ストヤノフFK→チアゴへ
前25 湘南右サイドからのFK、その後しばらくFK/CKが続く
前30 湘南左サイドCKからヘッドで繋げヘッドで狙うもわずかにそれる
前43 湘南バイタルあたりからミドルシュートもそれる
後14 経サイドへのサイドチェンジから小林がクロス→久木田へ
後20 CKをはじき返すもその後のシュートのこぼれを押し込まれ失点
後30 CKのこぼれを白谷→植田ヘッドもセーブ、その後波状攻撃で惜しいチャンスが4度ほど続く
後36 左サイドのスローインから小林クロス→久木田ゴーール!!
後40 左サイド小林クロス→PA内でボレーもそれる


前半は、お互いに攻守の切り替えが早く、お互いにブロックを敷いてがっちり守る渋い試合内容でしたね。
パスが回せるようならパスで動かして行き、それがだめでも浮き球を積極的にチアゴにあわせ、そこから打開すると。ようやく水戸戦から苦しんでいたブロックのゾーンディフェンスを攻略する手立てが表現されだしましたね!そうそう、勝てるんだからどんどんチアゴに集めて良いんですよ。
「チアゴ頼み」はチアゴがいるときにはむしろ積極的にやってくべきだと自分は思います。むしろいないときに無策ならチアゴ頼みもまずいでしょうが、J2ではトップレベルのポストプレイヤーがいるんだから頼って問題はない。今日改めてビックリしましたが、ワンタッチプレーうますぎですよチアゴ・・・。
前半はお互いがガッチリ守りあうような展開でしたが、25-30分過ぎあたりのセットプレイの連続したシーン、ここでよくぞ失点しなかったと思います。膠着した展開でしたし、相手は不調とはいえ一枚上手のチームですしね、ここで点をやると後半ラクをさせてしまうことも考えられただけに良く踏ん張りました。

そして、後半。
湘南は攻撃時に3-4-3と、FWを3バックにぴったりつけて裏を狙いにきました。後半から仕掛けてきましたね。
ところが今日の湘南はパスミスが目立ち、ロングボールの精度も低かったため後半に入ってもそうそうあわてるシーンはなかったと思います。
やはりこのあたりに不調の原因があるんでしょうかね、強豪にしては迫力に欠けたかな。
逆に3-4-3で前線に一枚上がった分、カウンター時に使えるスペースが増えファジとしては悪くない展開に見えたんですが・・・CKの後のプレーで失点。やりたくなかった先制点をまたしても与えてしまった。うーむ。

得点後、湘南は4-4-2に戻して再びかっちり守る体勢を取り直してきましたが特に混乱もなくこなしてきました、このあたりさすがと言わざるを得ない柔軟さですね。ファジもここまでじゃなくとももう少し変化のつけられるチームになってほしいものだと思いました。

しかしその後、ぱったり足の止まった湘南に走力に勝るファジが襲い掛かり、明らかにファジの時間を作り出すと・・・・久木田2戦連発のゴール!!
左サイドの深い位置から、小林からの素晴らしいクロスになんとか触って追いつきました、いやーようやった!
その後も再三チャンスを演出するもそのままタイムアップ、結果ドロー。
連勝はまたしてもなりませんでしたが、ホーム連敗をストップ。愛媛戦からのいい流れを断ち切らずに済んだのは大きいのではないでしょうか。


今日の試合いろいろとポジティブな内容を含んだ試合でしたね~。
今日の個人的なマンオブザマッチは千明ですね!
長短のパスにミスなし、ボール保持時にイージーなミスなし、相手の出足をくじいて遅らせるチェック、ミンキュンを前線に送り出して要所をきっちり押さえるプレイ、随所に光って頼もしかった。彼が持ったときのほっとする感じは一体どこからくるんでしょうか。ほんとにいい選手だなと再び思いました。
そして植田。
つくづくこいつポテンシャルすげーな・・とあきれるほどに高さに強いですね。
ハイボールはほぼ勝ち、イリアン・ユースケそろったこの試合でセットプレイでのターゲットマンとしての存在感も十分、とんでもないポカもとくにはなくそつなくこなしていました。前半の思い切りのいいロングシュートよかったですね。高さ・威力は十分でコースさえよければといういいシュートでした。
そして、ゴールを決めたクッキー、石原のシャドーコンビ。
前節もそうでしたが、後半にスピードのある2人がピッチにいることが、「脱チアゴ頼み」の大きな答えとなりそうな手ごたえのある試合が続いていますよね。少し前の試合では、動き方にどこかぎこちなさがあってチームにハマっていない感のあるクッキーでしたが、今節ではそういったもやもや感もだいぶ解消され見事ゴールを上げてくれました。そして、石原はやっぱはえー・・・・。今日実は一番うれしかったシーンは彼の右サイド1対1のシーンでして・・・。ブチ抜いたんですよね彼。そんでクロスまで上げれた。いやほんとそれなんだよ、見たいのは。亡き母君に捧げるプロ初ゴール期待してるよ、できればカンスタで見たいな!でも、次節決めてくれてもいいよ><

気になる点も触れておくと、今日は後藤、どうしちゃったんでしょうねぇ・・疲れかな。
パスミスが目立ち、中には致命的なミスとなりかける種類のものもあり守備はそこそこでしたが、ビルドの部分ではさっぱりでしたね。澤口のポジショニングも良くなかったですが。
それから失点のシーンにも関連しますが、真子はキャッチは苦手なんでしょかねぇ。
クロスのほとんどをパンチングで対応するので、セカンドを拾えないシーンなんかでは相手の攻めを断ち切れずにズルズルと攻められるシーンてあるじゃないですか。ああいうところを、バシッとキャッチ一発で落ち着かせてくれると非常に助かるのになぁと思うのですが。


ともあれ、愛媛戦での勝利で一応の建て直しのきっかけとできましたね。
ブロック対策、脱チアゴの布陣と課題に対する回答も徐々に実をつけだしてきた、悪くない流れだ。
若い選手の多いチームですし、もともと夏には強いチームでもあります。今年の日程のハードさからいって回復力に勝る若いチームに利があるのは明らかでしょう。こっからこっから流れ加速さしていくよ!
ファジの夏よ来い!!!


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0