なでしこついに決勝へ!

すげえええええ


女子W杯ドイツ大会、準々決勝で開催国ドイツから初勝利をもぎ取った勢いそのままに、今度はスウェーデンに3-1の完勝とも言える内容。いやはや、朝から興奮しっぱなしで大変でした。
グループリーグ3戦目のイングランド戦では、もはやさまざまなカテゴリで代名詞となりつつある「日本のパスサッカー」ではなく、中盤での競り合いを避ける意図を感じる放り込み戦術で挑みました。
しかし、それがうまく行かずに散々な内容で負けたのですが、かえってここ2戦ではそれが良いほうへ転じるきっかけとなったように思いますね。やはり日本は日本らしく。みずからの武器を信じて戦ったこの2戦、大変すばらしいです。なんというか、どうだ!見たか!って感じで誇らしいことこの上ない!


特にこのスウェーデン戦では、澤のイージーミスから失点するも早々に追いつき(宮間、あいかわらずはんぱない精度・・・)、その後はほとんど一方的とも言える格の違いを見せ付けた内容だったと思います。
相手が安易なロングパス主体で精度あるボールが前線に収まったら苦労しそうな感じはありましたが、ほぼ完璧に支配した中盤から前の精力的な守り、そしてコンディションの差からくるパスの精度差もあり、前半途中から完全にスウェーデンはなすすべがなかったですね。


そして決勝はこちらもまだ一度も勝った事のないアメリカ。
国際大会での成績しかり、競技人口の多さしかり、まるで男子におけるブラジルのようなサッカー王国といっても過言ではない相手。めちゃめちゃ強いですよね。
フル代表のしかもW杯の決勝で、はじめて打ち負かすサッカー王国。なんてドラマチックな・・・。


日本が世界一になる。
野球ならまだしも、サッカーでそんなシーンが訪れようとは・・・ほんとうに信じられない思いです。
勇気を持って、そして最高の舞台を楽しんできてほしい。
勝とうが負けようが、もうすでに彼女たちは立派な英雄ですからね。


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0